理系が求められる世の中。

この記事は約5分で読めます。

今回も、一年前の記事の移転作業です。

読み返してみると、志望校に対しての成績って、全然近づいてないんだよね。

悲しいほど遠い場所にある志望校。

6年生の夏なのに、めちゃくそに焦るけど、やるしかない。一つ一つやってくしかないんだよな。

 

スポンサーリンク
[レクタングルテキスト]

なんだよ、理系理系って・・

リケジョ、理系男子、スーパーサイエンスハイスクール・・・

 

世の中、理系理系。理系万歳~・・・である。

え?なに?ママ子?

もちろん、100%文系女子である。

オバハンが「女子」とか図々しかったですね。すんません。

中学受験でも、中高一貫校では、高校になると、この「スーパーサイエンスハイスクール」が多いこと・・・

なんだこの世の中。昔っからそうだったっけ?え?

見れば見るほど、読めば読むほど、理系がもてはやされている現実に、ママ子の嫉妬心・「妬み嫉み」が沸々と沸き起こる。

なぬ?文系「イラネ」だと??(←誰もそんな事いってません)

文系には文系の良さあるだろ!文章書くのとか読むのとか!!(←それだけじゃないハズです)

スポンサーリンク
[リンク広告レスポンシブ]

理系ばっかりもてはやされる事に対しての、不条理なイライラ、ムラムラを、パパ男にぶつける。

 

ママ子:「ねえちょっと!!!なんでこの世の中、理系ばっかり必要とされんのよっ!!文系がコケにされて、悔しいじゃないのよ!!!」

 

パパ男:「え・・・だって・・・IT社会だから必要なんだよ。理系って文系の範囲もやればできる人多いじゃん。文系って、理系分野、できないよね・・・」

 

・・・

 

・・・

 

ゴ・・・・ゴ・・・・ゴ・・・

 

※注))誤解させてしまい、申し訳ありません。

世の中の文系の人を完全に敵に回すような言い方していますが、文系の優秀な方々が沢山いらっしゃる中、ここに、大バカな文系出身のママ子がいる事。その目の前の事実をば、うちのパパ男がとっさに伝えただけなのであります。

 

パパ男に、ママ子のバカさ加減を図星にさせられ、ふらふらになる。

そういえば、この間お会いした理系の大学院生は、

「小説を書くのが趣味です」

とか、涼しい理系の顔で言ってたよな・・・

おいおい、理系で小説家ってすごすぎだろ。無敵すぎんだろ。負けた負けた。完全に敗北。

 

そうか・・・あたし、理系の勉強、全然できない。

高校も文系コースに進んだから、本気で物理とか知らないし。

 

なるほど・・・妙に納得させられた。

 

そして、このままでは、このママ子にそっくりなバカ遺伝子を引き継いで生まれて来た娘達が、アブナイ。大ピンチである。

 

大慌てで考える。調べる。

 

我が日本国は、どうしてこれほどまでに「理系人間」を育てようとしているのか。

 

単純に考えて、日本の大学のランキングが上位にいない事が悔しいんじゃないかと。

『技術大国ニッポン』だった過去の栄光。

 

なんか知らないけど、いつのまにか他の国に追い越されている。

 

「東大」が大したことない大学として、優秀な方々は、みんな海外に留学してしまう。

 

この事態に危機感を抱いたのではなかろうか。

スポンサーリンク
[アドセンスレスポンシブ]

 

ママ子、調べた。

 

古い記事だけど、

2002年のBETWEEN→「企業が求める理系学生の資質と大学教育」

 

「国際的に通用する技術者を養成する観点から、日本技術者教育認定機構(JABEE)では、大学で実施されている技術者を養成する4年間の学部教育の専門認定制度を始動させています」

 

と言ってるように、やっぱり海外に通用する、すっげー科学技術者が欲しいのね。

 

「技術大国ニッポン」の称号を取り戻したいのね。最先端いきたいのね。

 

日本は国を挙げて科学技術者、開発者を育てようとしているのね。

 

なるほど・・・

 

っていうか、今思うと、ママ子も理系に進んでたら、もっと色々な考え方できたんじゃないか。論理的に考える事の大切さをひしひしと考えているので。

 

そうすると、やっぱ、志望校理系行ってほしいよな。

恋愛系小説大好きな小学五年生、hanaさん。でも、理数系も何故かイケる。

ママ子の遺伝子に汚染されないうちに、理系女子に「リケジョ」に持って行きたい。親の下心。

いや、でも、文系に誇りを持っているママ子。

文系だって、いい所いっぱいある。

きめ細やかな心の動きを読み取ったり、コミュニケーションに役立つ立ち振る舞いだったり、文章書くライター・ジャーナリストのお仕事も、憧れである。

とにかく、ママ子に汚染されなきゃ理系も文系も、どっちだっていっか!ね!!

自由研究も、文系ばっかだしな

親のママ子が、理系の実験のまとめ方知らないんだもん。本当にバカ親だと子供が苦労するなあ。

 

志望校決めて、しっかりやって行かなくちゃならない、小学五年生二学期。

 

それなのに、学力が志望校へ全然届かない・・小学五年生二学期。

 

文化祭シーズン、とりあえず夢を見に行ってきます。学校見学。

→ 学校説明会に参加→通塾率の多さに唖然~小5hana~

 

モチベーション上げて、気持ちだけでも上に行こう。ほんの少しでも上に。

 

スポンサーリンク
[アドセンスレクタングル]

 

スポンサーリンク
[関連コンテンツ]

 

[ブログ村中学受験本人親]

 

 

コメント

  1. 児童書読んでねママ より:

    私も文系です。
    理系に育てるの憧れますよね-。
    女の子は理系でも化学系が多いとか大昔に聞いたことがあります。
    日ごろなじみのある洗剤や化粧品の会社は女性の研究員とかいそうですもんね。
    一番よく落ちるメイク落としを調べる自由研究とかどうですか?
    ものぐさな私は、某S社の水で落ちる化粧下地を使ってるので
    落とす時のはお湯で流すだけなんですが、どうしてお湯で流せるのか結構不思議に思ってます。

    • mamako より:

      ・児童書読んでねママさま

      児童書読んでねママさまも、文系なんですね!
      文系の皆様に失礼な文章を書いてしまって、本当にすみませんっ!!
      ご立派な方がたくさんいらっしゃるのに、ママ子がバカなばっかりに、モロ主観なブログで申し訳ないです。

      それにしても・・・
      メイク落としを調べる自由研究なんて、ものすごく面白そうですね!!
      ママ子的に、とても興味深いです。
      素敵な自由研究のテーマを教えてくださったのに・・・なんと昨日の午前と午後で、長女と次女の自由研究の実験をやり終えたところなんです(つд⊂)エーン

      残念すぎます・・・でも、貴重なヒントをありがとうございました!

      確かに、化粧品って化学の宝庫ですね。うちの長女も、化学系が好きみたいです。なるほど、薬学部の道も女性多そう。

      子どもは未来があって羨ましいですね。一緒に勉強していると素直に「面白いなあ」って思う事が多いです。学生時代に自分も気が付いていればなあ・・って後悔しきりです(;^_^A

タイトルとURLをコピーしました