自己紹介

この記事は約5分で読めます。

はじめまして。ママ子と申します。
2018年、中学受検不合格。
バカで貧乏な身分でありながら、娘の夢を、受験勉強を、
全力で応援する、ブログです。

何の取り柄もない貧乏でバカな親・ママ子

いきなり出てきてごめんなさい。
40代、ママ子と申します。
二人の女の子のママをやっています。
高学歴でもなければ、エリートのキャリアウーマンでもありません
普通の大人の皆さんより確実にバカです。バカなうえに、毒親。

ママ子の概観

  • 田舎の三流大出身
  • 酒好き
  • 洋服が好きだがセンスがおかしい
  • おっちょこちょい
  • 最近物忘れが激しい
  • 業務スーパーに週3回通う。
  • 半額シールのついたものを買い込んで冷凍が常。
  • 自ブログでは、炎上防止のため、
    自分の文章に突っ込みを入れる自作自演方式を導入
  • わが子の事は、自分の命よりも大事だが、
    愛し方が重すぎてウザがられる事多々。
  • ドスン的な登場が多め。

趣味は読書。
本はいい。現実逃避できるアイテムだ。
本で「学ぶ」ことはあまりないんだけど、
バカなママ子も本だけは大好きだ。

「無人島に持っていくなら何を持っていきますか?」の質問されたら、お徳用黒大豆の割れせんべい200グラムか、
現実逃避用の長編小説(三浦しをん or 夏目漱石)、
どっちにするか本気で迷うなあ。

家族構成

4人家族。
この家族、基本的にはママ子より、超まとも。
ママ子の発言に振り回され迷惑かけられている可哀想な人たちです。

ママ子

上記の通りのうるさくてバカで食べるのが大好きなおばさん。
ペンネームの「ママ子」は、
『三島由紀夫レター教室』の登場人物「氷ママ子」から拝借している。大好きなキャラクター。

パパ男

バカなママ子をいつも冷静に諭してくれる。
めったに怒らない優しいパパ。
ちょっとアニヲタ。テレビっ子。

ママ子の事を「〇〇チャン」と、
今でもママ子を名前で呼んでくれている。

「下剋上受験」を読んで一念発起。
我が子達に算数を教えてくれる、パパ塾を開講。

長女:hana

現在、中学3年生。(2018年中学受検終了)
ママ子に似ず、優しくて可愛い可愛い、すんげーーー可愛い女の子。
学校での成績は優秀。スポーツも得意。自己主張苦手。

小学四年生の後半に、突如「中学受験したい」と言い出し、
ママ子のバカで廃れた人生に一喝
家族一丸となって、
中学受験を応援しようとしていたのだが・・・続きはブログで。

次女:nana

現在、小学6年生。(2021年中学受検予定)
天使のような赤ちゃん時代の反動か、
はたまた、遺伝の呪いなのか、現在,絶賛反抗期。

勉強嫌い。
甘え上手で内弁慶。
姉御肌。
ママ子にそっくり。

学校での成績は、
先生は「優秀でとっても良い子」と言ってくれているが、

・たまーに恐ろしい点数のテストを隠し持っていたり、
・数日連続で筆箱を忘れて知らんぷりしたり、
・ドリルの答え見ながら書き写す等、
非常に危なっかしい存在。

我が家の爆弾娘。
姉のhanaに影響を受けたんだか、
やっぱり周囲のお友達の影響なのか、熱烈に中学受検を希望する。

以上。

問題勃発!「中学受験をしたいだと?!」

長女hana、
小学校四年生の後半に・・
上記にもありますが、友達に流されたんだか、
言ってみたいだけだったのか、
カッコつけたかったんだかわかりませんが、
長女hanaが、
中学受験をしたいと言い出しました。

「みんな塾に行くんだって」の言葉に、我が家は震撼。

塾のお月謝払えるような裕福な家庭じゃないので、
我が家は自宅学習で中学受験を応援することになりました。

貧乏人の、塾無し中学受検スタート!

塾に行かずに、ではなくて「塾に行けずに」中学受験にチャレンジする事になったのです。

昔は裕福だった、ママ子の少女時代

実はママ子、ちょびっと裕福なご家庭の出身。
親が勝手に塾を決め、自動的に塾に行かされていました。
何十万という大金を窓口で払いながら、
授業についていけず寝る事もしばしば・・・
そんなんだから、高校入試もズタボロ。

滑り止めの滑り止めでようやくひっかかった高校に進学しました。

大学受験の時にサテライト授業で出会った先生のおかげで、
やっとこさ4年制大学に進学できた。

学ぶ楽しさは、「塾」から教わった。

自分で学ぶ楽しさと、
塾の先生の、あの巻き込まれるような熱い授業の楽しさを、
ぜひ、子供達にも味合わせてやりたいと思っているんです。

塾のすばらしさは、よくわかっている。
学校では教えてもらえないことをたくさん教えてもらえたし、
本当に勉強が楽しくなった。

子供達にも、仲間と学ぶ楽しみだとか、上手な先生の授業だとか、受けさせてやりたい。

子供達も通塾を熱望・・・だけど、無理。

子供達ももちろん「塾に行きたい!」と言っています。
それを親としてかなえてあげられない事が、
ママ子にとっては非常に悔しい。

貧乏が、教育に対して、どれだけ不利なものなのか。
貧乏でも、受験に合格させてやりたい!

それで、
「格差社会に負けない中学受験」
と言うブログタイトルにしました。

2018年長女hanaの不合格。

2018年、桜が散りました。奇跡は起こらなかった。

⇒ 奇跡は起こらなかった。

いや、決して奇跡ではない、合格できる実力は、十分ついていた。あともう少し・・・

どんなにそう思っても、不合格は不合格。現実は現実である。

ママ子の方がメンタルのヘルスをやられ、燃え尽き症候群になるも、ひたむきに「リベンジ高校受験」を宣言する長女hanaの頑張りに、少しずつ元気を取り戻し、今に至る。

長女hanaは、高校受験に向けて、現在通塾中。

貧乏人…塾代は、どうするんだ?

「おいおい、塾のお金どうやって工面してるんだ?」って思いますよね??

基本的には、生活費をメチャくそに切り詰めている。

株式投資。塾代を稼ぐために必死。

こっそりと株をスイングさせたりなんかして、
パパ男が投資でギリギリのところで資金稼ぎ。。

何年も前からちょびっとずつ貯めている100万円の資金から、
大学受験までの学費を捻出しようとしている。
それだけではすぐ消えちゃうので、

なるべく生活費を切り詰め、
パパ男のお給料とママ子の微々たるお給料も含め、
賄っていこうという、
おそろしいやり方ッス。

資金が無くなったらじ・えんど・・・

けっこー恐ろしい事やってます。

そんなこんなで、
次女nanaの中学受検、
長女hanaの、リベンジ高校受験を
全力で応援するママ子の、受験ブログです。

タイトルとURLをコピーしました