志望校

模試の結果が絶望的だったときの対処法【崖っぷち】

小6の次女nana。11月の模試の結果は、志望校に届かない、絶望的な結果であった。志望校を変えるべきなのか、努力を続けることは、無駄なのか・・・親として、どうやって受け止めたら良いのか。不合格がチラつく思いと気持ちの切り替え方を、綴っています。

バレンタインもスルー。受験への執念。

バレンタインという女子の最大イベントを、完全スルーし、勉強に励む中2女子hana。ものすごい執念で勉強しているんだけども、ママ子はhanaの体調がすごく心配・・・高校受験まであと一年、どうか、合格させて欲しいって願うしかない、親心です。

保護者は気をつけろ!志望校を暴露し合う小学生。

子供って凄い。志望校を平気で暴露して、マウンティングが始まっちゃう。男子も女子も、志望校を言い合って「ドヤ!」「ドヤ!」って。あーあ、うちのnanaは、本当に受検できるのだろうか…
スポンサーリンク

学園祭シーズン。第一志望、決めちゃう?

志望校の学園祭に行く→モチベーションアップ! やっぱり実際に学校を見に行くことが、我が子にとっての「やる気」につながっていくのね。

「桜蔭に行きたい・・・。」夢のまた夢。いきなり家族会議。

「下剋上受験」に感銘を受けたパパ男がけしかけて、突如 「桜蔭」に行きたいと言い出した次女。我が家は軽く祭りになるけど・・・

実録!志望校の学校説明会。

貧乏でバカ親が、子供の中学受検を応援。ママ子、一人で学校説明会に弾丸ツアー。志望校の先輩に、凄い勢いで迫り、質問攻めしてしまいました!

親子で恋した志望校。

志望校への熱い思いを綴っています。

理系が求められる世の中?リベラルアーツの時代

今まさに、2020年は、リベラルアーツ!理系と文系を分けずに、両方学んで勝つ!みたいになってる. え?どゆこと?勉強する量、増えんの? ママ子の負け犬の遠吠えとともに、理系の良さや、現代社会(企業)に求められる人材について、調べたことを綴っています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました