日能研リュック、再び・・・

この記事は約4分で読めます。

日能研への憧れを先日お話したんですが、今日は続編。

前ブログの移転作業です。

→ 日能研リュック。

いつも以上にくだらない話なんで、お時間の無い方は、決して読んではいけませんからね。

バカがうつります。

アハ、自分で言っちゃった!


拝啓、日能研さま

うちの界隈はなんなんだ?

先日、次女のnanaとお買い物していると、ママ子の目に、まぶしい「N」の蛍光が目に飛び込んできた。

「N」だぜ・・・日能研・・

くっそー!!忘れた頃に出てくるなあ。日能研リュックめ。せっかく諦めていたところにまた、可愛い女子二人がそのリュックを背負って信号待ちしている。

今日はダブルかよ。日能研リュックをダブルで。目の保養と焦燥感の助長。

楽しそう・・・suicaか・・・電車に乗って行くんだね?日能研に。今から勉強するんだろ?授業は楽しいか?クラス分けとかストレス抱えてるのにその笑顔か?
頭いいんだろうなああ。どんな授業するんだろうなあ。

もやもやもや

当時1年生の次女nanaも、日能研に反応!!

日能研への憧れ。いいの、わかってる。ママ子には手の届かない世界。遠くから眺めているだけで、ママ子、いいのよ・・・

モヤモヤモヤ

日能研への勝手な妄想をあれこれ繰り広げるママ子・・・

ハッと我に返ると、となりでnanaがじぃーーーーーーーーーーーーっと・・・

見てる。すんげー見てる。日能研リュックを!!

nana、まさか、日能研のリュック、知ってるのかな・・・

ママ子だけの心の中の事だと思っていたが、まさかnanaまでも、この日能研のリュックのカッコよさに気が付いたのかな・・・

あえてママ子からは何も言うまい。

何も言うまい。

買い物をひととおり終わらせた後の帰り道、nanaが一言。

nana:「今日、英語の青いバック背負ってた子がいたね。えむ?」

ママ子:(かぶせ気味に)「Nだよっ!エーヌ!!」

nana:「あのリュック、なんだろう。。」

nana・・・アンタ、ママ子に言わせるんだね、この言葉を・・・

ママ子には、声に出すのも烏滸がましい、この塾の名を・・・

ママ子:「に・・・日能研だよ・・・」

厳かな顔で言うママ子に・・・nanaも・・・

nana:「えっ!!!!ニチノウケン!!!!!」

すんごいリアクション。小学校一年生が日能研に対して、印籠を出された顔になってる!!

ママ子:「そうだね・・・nana・・・見たね。。。日能研のリュックを・・・」

nana:「・・・ゴクッ・・・・」

日能研に過激な反応をする貧乏親子。

「行きたい あのリュック欲しい 」などと、口が裂けても言えないといった表情の娘に、またしても申し訳ない気持ちでいっぱいになる・・・

日能研・・・・陰ながら憧れています。

ママ子には決して手の届かないエリートな塾に・・・

いいんです、ママ子達なんて、足元に及ばないで、血の滲む思いで勉強しようと思っていますが、全然太刀打ちできません。完全に敗北ですが、それでも諦めず頑張っています・・・

貧困の連鎖を断ち切るんだ!

ハッキリ言って、この世に「格差社会」って存在することすら、知らなかった。そんなママ子であった。

子どもを産んで、初めてその恐ろしさに、貧困の連鎖があるという事に愕然としたのだ。

貧乏から脱出するには、勉強するしかない。

色々な事を知る事、広い社会を見る事。出会って欲しい。未知の世界に。

お金稼ぐのって大変だなあ・・・

お金持ちって、すげえなあ・・・

いつもそう思っている。

ママ子の親がガンガン稼いでいた事を、能天気に当たり前の事だと思っていた自分を恥じるとともに、知らなかった事を申し訳ないと感じる。

もっと勉強しなくてはならない。

子どもと一緒に、ママ子もね。

子どもに教える。

失敗しても、一生諦めない事を。

決して努力は裏切らない事を。

タイトルとURLをコピーしました