学校のテストで45点を取った優等生。

この記事は約9分で読めます。

小学3年生、次女nana…
なななんと、学校のカラーテストで、45点という、凄まじい点数を取ったことが判明。

とりあえず、凹みました。

師走。

12月にあのね、まさかこんな目に遭うなんておもわなかったんス。

タイトルでもう予想ついていると思うんですが、我が家の爆弾娘、nanaさま。

「自分の事棚に上げてワアワア騒ぐなよ。」

「遺伝子を一番に引き継いでいる次女さんですね」

「このままママ子2号の人生歩むんだな。悲惨すぎんぞ。」

もう、ママ子、本当に思い悩んで眠れなかったってば。

学校では優等生を演じる爆弾娘nana。

我が家では、本当に傍若無人の爆弾娘、ギャーギャーワーワー。

「おなかすいた!」

「hana(長女)だけずるい!!」

「やだ!疲れた!寝る!!」


こんな子なのに、

家の外に一歩出ると、ものすごーーーく優等生な女子に変身するらしい。

学校の先生から頂いた言葉には、

先生:「nanaさんは、もう優秀すぎて・・・言う事ありませんよ。お友達にもとても優しくて、勉強も教えてあげているんです・・・」

なんて、おいおい、マジかよ、人違いじゃないか??、っつーのもあったりして。

そんな事言われたら、ママ子も安心しきっちゃうっていうか、外で良い子チャンやってるぶん、家で発散してんだろーな、ぐらいに思っていたんだよね。

しかも長女hanaの受検もあったし、nanaの学校の勉強は「そこそこオッケー」とか思ってたのが間違いだった・・・

お友達からの問い合わせで発覚した事件

そんなある日の夜、nanaのクラスのお友達ママさんから連絡が来た。

お友達ママ:「うちの子、連絡帳書いて来なかったのよ~!しっかり者のnanaちゃんに教えて欲しいんだけど、良いかしら?」

少し遅い時間に連絡に気が付いたママ子、nanaが就寝した後なので、ランドセルから連絡帳を取り出す。

ははーん、オーケーオーケー、連絡帳ね、うちのnanaがしっかり者だなんて、お友達ママさんたら~ウフフ♪

なんて、ランドセルの中を見てみると・・・・

学校からのプリントを入れるファイルが、やたら膨らんでる・・・

ん?なんだこれ??

つって・・・

開けてみたら・・・

・・・

・・・

があああああああああああああああん!!!!!!

テストの束だった・・・おびただしいテストの束。

おめー、2学期からのテスト、全部溜め込んだよな?
しかも、ほとんど悪い点数。

100点のテストだけ、ママ子に見せていたらしい。

その中に、45点のテストを発見!!

え??

目を疑う。何かの間違いかと思った。夢だよね??

どどど、どうしよう・・・・

ママ子:「ぎゃあああああああああ!!!!」

大声で叫んでしまった。

パパ男:「なんだなんだ、どうした??」

hana:「ママ、何?ゴキブリか何かいたの??」

慌てて子供部屋に駆け込んでくるパパ男とhana。nanaは、熟睡中らしく、起きてこない。

ママ子:「ゴキブリであって欲しいよ、もう、こんな点数に出会うんだったら、ゴキブリに出会いたかった!!」

半泣き状態で取り乱すママ子。

hanaは勉強を終えて寝ようって時だったのに、
目が覚めてしまったようで、テストを見て呆然としていた・・・

hana:「学校のテストでこんな点数取るなんて・・・nana、本当に大丈夫かな。実は、宿題も全部答え見て丸写ししてたの、見た事あるんだよね。いつもそれやってたから、勉強わからなくなっちゃったんじゃないかな。」

本気で心配している

悪い点数を隠していた娘と、どう向き合うか

んとね、ママ子も、寛容な部分あった。

以前60点のテストを放置していたことも、「きっと復習すれば大丈夫」などとタカをくくっていた…偉そうに、そんな事言って、申し訳なかった。


まさか。
まさかここへ来て、学年上がっちゃって、こんな、45点を取って来るなんて…本当に深刻。

せめて、一般の学力レベルは、あって欲しかった

なんつーのかな。
そんなね、「最高レベル」とか、求めないけどさ。
さすがに…「普通レベル」までは達していて欲しいという、親心。

ママ子:「答え丸写し・・・ああ、具合悪くなってきた・・・hana、ねえ、これ、どうしたらいいの?
たたき起こしてテスト見せて怒るとか、あの子には効かないような気がするんだよ。
ねえ、私、本当にあの子と向き合って行けないよ

子育ての自信なくした・・・
こんなに頑張って来たのに、なんであの子はああなの!!!!
うわああああん」

パパ男:「もう遅いから、明日にしなよ。ね。」

ママ子:「もう、もう、眠れない
けど、hanaは寝て!アンタは受験の事だけ考えて!!」

hana:「ママ・・・そんな事言ったって、
こんな大問題見せられたら眠れないよ。目が冴えたよ・・・」

hanaにとっても、衝撃的な点数、見たこともない点数を見せられたのだ。「まさか、あのnanaが・・」という思いであろう。

ママ子:「とりあえず、一緒に布団に入ろう。一晩ママ子考えるから、落ち着いて対処しないと
この問題をどうすべきか、考えないと・・・」

眠れずに考えた結果

ぶっちゃけ、大声で怒鳴りつける方法は逆効果だ。

ずっと前からあったのだが、nanaには虚言壁がある。
そう、昔のママ子に似ているのだ。

「優等生を演じる」・・・自分がバカなのをひた隠しにして、外面だけ優等生のフリをするっつー、カナシイ事をママ子はやってきたのだ。

まさか、nanaもそんな事をしているんじゃないか・・・しかも、ママ子、学校のテストだけはほぼ100点だったぞ・・・それなのに45点を取るだなんて。

ママ子の昔よりもバカなくせに、優等生のフリをするなんて、ハタから見ても、ものすごくカッコ悪いんだけど。そして、そのぐらいnanaは、歪んでしまっているんだろうか・・

何故そうなってしまったのか。原因はママ子。

《 ママ子に怒られたくないから 》

ママ子は怒ると声もデカいし、
迫力あるし、
本当に恐いんだと思う。
だから、nanaは、ママ子に怒られないように嘘を重ねて来たんだ。

悔しい。ママ子は、ママ子の父親と同じ立場になってしまう。

いや、nanaがこうなってしまった以上、ママ子も、ソフトバイオレンスだった、父親と、同じことをしてしまっていたと、認めざるを得ないよな。

怒ってはだめだ。

怒らずに、
・現実を見せて、
・今、自分がどんな状況にあるのか、
・優等生を演じる必要なんて無いって事

を教えてあげなくてはならない。
ママ子の二の舞になんて、絶対にしちゃだめ。

nanaだって、きっとすごく辛かったんだ。

翌朝、nanaの隠蔽を暴いた

一晩中考えて、朝になった。すっかりママ子は落ち着いた。

少し早めにnanaを起こす。
抱きしめて、いい子イイ子って、頭をなでて、耳元で

ママ子:「nana、あのね、昨日、ママ、nanaのランドセルの中見ちゃったの。それで、テストいっぱいでてきたんだよ」

そう言うと、寝ぼけたnanaが・・少しずつ現実を把握して
ヤバいと感じている様子がスローモーションのように見て取れる。

とにかく優しく。優しくしよう。
ママ子は、努めすぎるほど努めて優しくした。

そうして、子供部屋に連れて来て、テストを見せる。
nanaは、ずっと黙ったままだった。

泣く事もしないで、ずっと黙っていた。

伝われ、親の思い・・・

ママ子:「nanaも、辛かったよね
勉強わからなくて、本当に辛かったよね。
ママと一緒に少しずつ取り戻してみない?
・・・それとも、勉強するの嫌になっちゃったかな。
それはそれで、最低限学校の宿題さえすれば、
ママは、何も言わないよ。nanaが決める事だと思うから。」

nana:「・・・勉強・・・やる・・・100点取れるようにする・・・」

ママ子:「100点だけが目標じゃないんだよ
nanaが自分に嘘ついて、
わからない問題をそのままにしている事が一番ママはツライよ。
将来お医者さんになりたいって言ってたからさ、
勉強せずに大きくなって、
本当にお医者さんになりたいって思った時に、
苦労するかと思ってさ。勉強を応援してきたけど、
nanaの好きなようにしていいんだよ。
ただ、点数誤魔化して、自分で自分の首絞めるような辛い事、
辞めて欲しい
だけなんだよ。」

必死で話す。

結局これも、「ママ子のお説教」となってしまうのではないか。

こんな小さい9歳の子に、「勉強は何ぞや」なんて、
どーでも良い事に決まってる。

わかってくれてないんだろうな。
話していて、少し絶望した

伝わったかどうかは、不明のまま。

それでもnanaは、勉強する、取り戻す。と言い、
結果的に45点を取ったテストをはじめ、
その他のボロボロのテストを解き直しして、
わからない所を明確にする作業を始める事になった。

基本的な問題をネットで探してプリントアウト。

優しい問題から、少しずつ解いていくようにする。

戻ったって良い。とにかく、今のnanaがこれ以上嘘つかなくて良いようにしたい。

果たして、、ママ子の気持ちが伝わったのか。

心を入れ替えて、復習問題に取り組む小3次女。

自分が今、どういう状況にいるのか、
nanaにとって、これが良い事なのかどうか
わからない事だらけなんだけどね。

nanaは、じっくりと復習問題に取り組むことになった。

妹に優しく解き方を教える、長女hana。

長女hanaは、
丁寧にnanaに筆算の方法やその他の問題を優しく教えてくれた。

自分の勉強もあるのに、、、、申し訳ないことだった。
だけど、不思議とママ子が教えるよりも、お姉ちゃんが教えてくれた方が、すんなり、次女nanaの頭に入っていくようであった。

その後、まだテストは返却されていないので、状況が改善されるには、少し時間を要するであろう。

二学期の通信簿は、覚悟して受け取らなければならない。

「もう少し」が何個あるかな。

すっげー怖いけど、

「今で良かった・・・」

っていう思いもある。

結論:真正面から向き合う。

とにかく、悪い点数を持ち帰って来た時は、

子どもの前では、取り乱さない方が良い。

ママ子の場合は、発見が夜中だったから錯乱状態にならずに済んだ。
しかし、昼間だったら、
そうとう意識しておかなければ、子供に悪い叱り方をしてしまう

そして、

親としての思いを、真正面から伝えてみる

・今の状況と、
・この先どうしたら良いのか。

幼い我が子と向き合うのは難しいかもしれないけれど、
真剣に伝えてみる。

こうやってわが子が成長していくんだな、って。
二人目だからかもしれないけど、
冷静に判断できるようになった気がする。

ああ・・・

でも、それにしてもさぁ。
本当にショックな出来事だった。10歳老け込んだわ~。

コメント

  1. チビの母 より:

    こんにちは。
    お久し振りな感じです(*^^)

    nanaちゃん、喜ぶママの顔が見たかったんでしょうね。
    子どもってそういうところありますもんね。
    うちは、チビ姉はそういう素質が1mmもなく、正直と言えば正直なのですが、がんばったらお母さん喜ぶかな♡ということは一度もありません。
    反面、チビはnanaちゃんのように、そういう気持ちに充ち溢れていて困るときもあります。

    早く気がついて良かったのかも知れません。
    きっと、ラッキーだったんですよ(*^_^*)

    • mamako より:

      ・チビの母さま

      お久しぶりです~!

      ありがとうございます。
      ぶっちゃけ、そうとう凹みました・・・自分のカナシイ過去とリンクしてしまって。
      でも、そうですよね。きっと、早く気が付いて良かったんですよね。(泣笑)

      そして、nanaの立て直しと、hanaの受検と、両方でこんがらがって、ママ子がぶっ壊れそうでした。

      なかなかブログを書けなくてすみません。
      チビの母さまに頂いたコメントを読んだら、辛い自分から少しだけ目が覚めました。

      ありがとうございます。

      書きますね。今から(笑)

タイトルとURLをコピーしました