「ママは100点取らないとすごく怒るんだよね」in 義実家

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

次女nanaが、まだ3年生だったときの話。子どもってコワイ。

義実家では、猫かぶっちゃうママ子。
家でのママ子のドラドラ、オラオラを言いふらす娘。
愛情たっぷりに育てているつもりなんだけど、
感情のコントロールがド下手なママ子は、
やっぱり大きい声出しちゃうこともあった。

義実家では、鬼嫁・鬼母で通っているママ子であります。

親の愚痴を義実家で、学校で言われたときの悔しさと悲しさを綴っております。

スポンサーリンク

序:義実家での恐怖。嫁の立場はツライよ。

義実家に行くと、我が家の娘は饒舌になり、ママ子への愚痴を撒き散らす。

日頃の家でのストレスを外で発散するんだろうか。

我が家の爆弾娘、小3のnanaである。

仕返しなんだろうか。

友人の前や義実家に行くと、必ずママ子の悪口大会になる。

ママ子の毒親っぷりを大々的に暴露するんだ(しかも脚色つけやがって)

・・・

「日頃のエセ教育の虐待行為をやめてやれよ」

「正直な娘さんですね。」

「ストレスを家で発散できないんじゃしょうがないだろ」

ゴ・ゴ・ゴ…否定できないこの現実。

今日は、義実家・学校などで、ママ子がどんなにドイヒーな親かという情報をまき散らす、
次女のお話。すっげー毒親っぷりを脚色たっぷりに、、
ママ子のお話を綴っております。

義父の言葉で凍り付く:「全部知ってるんだからね」

お盆と正月、義実家に行くのがお約束。離れて暮らしているだけ、皆さんよりは訪問の頻度が下がるわけであるが、それでもやっぱり、緊張するよね。

そんな中、思いっきり猫かぶりながら義実家に滞在するママ子に対し

「家と全然違う」

「ママはいつも怒ると怖い」

「てゆーかいつも怒ってばっかり」

「わけわかんなく、急に怒り出す」

と言い放つわが子達。

普段、あんなに可愛がってるのに、この言いざま。
本当に泣けてくる。

愚痴を全部聞いた義父さまは、ママ子に対して

義父さま:「いいんだよ、そんな猫かぶらなくったって。全部知ってるんだからね

と仰った。

ガーン・・

何をどーゆー風に知ってるっていうんだ?
「おじいちゃん」というものは、
孫が可愛くて仕方がないので、全部孫の言う事鵜呑みにすんのね?
オーケー。ママ子、虐待母認定ってことね

義母さま:「かわいそうに。そんなに勉強させるからそろばんの試験落ちるんだ。」

孫に、「かわいそう」「かわいそう」

を連発。
オーケー。
孫を可哀想な目に遭わせる鬼嫁ってか?

学校:お友達に対しても、母親への愚痴、マシンガントーク。

お友達:「nanaちゃんのママって優しそうだよね」

と言われようものなら、

nana:「うちのママ、すっごく怖いよ!ね!ね!ママ!!100点取らないと、すっごーく怒るんだよ!」

などと、友達に拡散。

友達:「そ・・・そうなの?」

完全にクラスメートの子が引いちゃってる・・・

ママ子:「えー?そうだっけ?」

オホホ、やだわぁ、そんなこと言うわけないじゃなーい、知らないわよ~、というお言葉もごにょごにょと付け加えながら、必死で抵抗。

nana:「そうだよ!100点じゃないと怒るじゃん!ものすごく怒るじゃん!」

周囲の友達:「うわぁ~・・・

クラスメートの子が、完全にママ子への非難の目でこちらを見る。

ママ子・・・放心状態。チーン・・・

こんなのもう嫌だ。

毒親ママ子、自称毒親ですが、本気でダメージ食らってる。

もう、もう・・・つかれた・・・・

母親側の言い訳を聞いてもらえないだろうか。

ママ子、確かに、学校のテストは100点を狙え!と言っている。
100点に到達しない場合は、
怒る事はあまり無いんだが
(もう少しで100点だと思うともったいないと思っちゃうけど)、
復習をガッチリさせるし、
何度も間違えた場所を確認するので、
それが子供達にとっては、
「ものすごく怒られる」という認識になってしまったのかもしれない。

ママ子が100点を狙え!と明言する理由

①nanaは、将来お医者さんになりたいから、今からしっかり勉強すべきと思うから

②ママ子の遺伝子からして、医学部受験するだなんて、絶対に無理!
だけど、頭ごなしに無理というわけにはいかないので、子供の頃から100点を取る事を心がければ、将来、医学部受験も視野に入れられる学力がつくとおもうから

③優等生のレッテルっていうのは、学校において非常にお得な部分もある。
リーダー傾向のnanaの場合、「クラスを引っ張る頭の良い子」と思われていると、成績に結び付くし、本人もその気になり、勉強をする上でモチベーションアップにつながると思ったから。

上記の理由から

ママ子:「医学部行きたいなら、100点狙ってこ!」

と言っていたのである。

決して頭ごなしというわけではなく、
将来のnanaの夢を応援したいという気持ちから出た言葉である。

ママ子:「勉強やりたくないならやらなくていいと思っている。それはあなたの選択だから。
勉強やらない道を選んで生きていけば良いと思う。
だけど、nanaは、医学部に行きたいんだよね?
勉強頑張らないと、医学部は難しいよ。
しかも我が家は私立の医学部は行かせてあげられない
そうすると、ますます狭き門なんだよ?
それでも勉強したいの?
自分で決めなよ、やるかやらないか。
別にママは、nanaにお医者さんになって欲しいなんて、思ってないんだから。」

という話をしたうえでの、「100点狙おう!」だったのである。

それが、自分の将来の夢だとか、なんだか色々と忘れ去られて、

いつのまにか

「100点取らないと怒られる」

という所だけ残ってしまったのだ。

自分で選んだ道のくせに・・・

ママ子としては、悲しかった・・・

改めて、nanaに、
ママ子がどうして「100点狙おう」って言っていたのかを思い出させると、
nanaは、
nana:「ママ、ごめんなさい」

って、涙を流したんだけどね。

どうせまた忘れるんだろうな。この子は・・・って思ったぜ。

他人の評価なんてクソくらえ!バカママ子で上等だぜ!

ママ子、最近、恐ろしい事に、

他人の評価はどうでも良い!

という思考回路になってきている。

逆に「おもしれぇじゃねーか。そう思ってろよ!」と思うようになった。

「nanaちゃんのママ、100点取らないと怒るんだって」

「勉強ばかりやらされて可哀想に…100点取らなくたっていいのに」(in 義実家)

「nanaちゃんのママ、すごく怖いんだって」

そう思われて上等だって、思う。
ママ子は、子どもを「無理やり勉強させたい」なんて思っていない。
子どもたちが、やりたい事が実現できれば。

将来、本当に子供達の夢が叶えば、ママ子、どう思われようが関係ない。

自分の信念を貫き通すって思った。

都立中を受検するって事は、「報告書」も大事だ!

都立中受検を選んだからには、
学校の授業を、大事にして少しでも実力つけてほしいって思う。
中学受検するのなら、少しでも報告書のために、学校の評価を上げていかなくちゃならない。

『目標を達成するためには、努力に努力を重ねよう』

努力することが大事だって、当たり前の事を教えてやりたいだけなんだけどな。

まあ、いいんだけどさ。

このブログで、何度も言って来た事だけど、ママ子は、中学受験させるつもりはなかった。

「受験なんてさせたくない、子供はのびのび育てたい」

    ↑

ママ子だって、長女hanaが小3の頃は、そう思っていたんだよ。
何も、身の程知らずに受験させるなんて事、考えもしなかったんだよう。
ママ子だって、仕事が終わったら、のんびり寝転んで毎日大好きな恋愛ドラマ見て過ごしたいよ・・・

だけど、だけどね。

毒親ママ子、
今日も眉間にしわ寄せて、丸付け作業とプリントコピー、
ファイル作成、マーカー印付け作業やります。

「やりたくない事」だけど、しょうがない。

我が子の夢のためだもの。

 参考: ママ子の学歴コンプレックス。

他人の評価を気にしないで、我が子のための子育てを!

我が子が、「お医者さんになりたい」という夢を抱いたんだから。

ママ子のバカ遺伝子のせいで、「どうせ自分はバカだから」と、

そんな風に将来を悲観してほしくない

誰が何と言おうと、世間に毒親呼ばわりされようと、
他人の評価は気にしない。
ママ子はわが子の夢をかなえてやりたい。
応援してやりたい。
貧乏だからって、諦めたくない。

母親の願いは、それだけなんだ。

毒親、鬼母、鬼嫁と呼ばれようと。

コメント

  1. チビの母 より:

    こんにちは。

    そうです!
    うんこです!

    人からどう見られているかはどうでもいい、うんこです^_^

    特に義理家の人の話は、全部ネタにするつもりでメモ帳持参しましょうよ笑

    孤独ではないと思いますよ。
    同じ思いのお母さんだらけだと思います。
    ただし、みなさん自分の事は棚に上げて、よそのお母さんを「あらー怖いのねーほほほほほ」って言うもんです^_^

    大丈夫です。見渡す限り うんこです。

    • ママ子mamako より:

      ・チビの母さま

      うわわーん・・・ありがとうございます。

      本当ですよね、もう、ネタの宝庫として義実家滞在はメモ帳必須ですね(笑)

      見渡す限りうんこ ← 俄然勇気出ました。もうね、凹んでられないですよね。

      今横で必死こいて問題解いているhanaを横に、うんこを連発している最低な親がここにいます。

      頑張ります。受験生の夏、頑張って乗り切ります。

      いつもありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました