原因不明の頭痛。受験ストレス?お友達関係?

この記事は約5分で読めます。

今日は、hanaの話。2015年、当時10歳 小学校四年生。
成長期なのか、ストレスなのか、原因不明の頭痛に悩まされておりました。

2020年、現在中学3年生のhanaですが、今も、たまーに、めまいと頭痛があるみたいです。

10歳、小4女子。原因不明の頭痛が続いた。

最近、いや、ずっと前から。
長女hanaは頭痛持ち。
病院に連れて行っても、見た目がすんごくね、元気そうな娘なので、(ママ子も元気満タンな見た目だし)
いつも先生が、呆れ笑いで痛み止め出してくれて帰ってくるんですが。

でも、ここ数日、夜寝る前になると、頭痛がするらしい。。
そして不眠。
本人が、飲みたがらないのと、
薬が癖になると心配なので、痛み止めの薬は飲んでいない。

毎晩ママ子が、hanaの頭や腕をマッサージしてあげてる。
そうすると、気持ちいいと言って、すぅっと眠りにつくんだよね。

インターネッツで頭痛について、調べてみた。

毎晩頭が痛いって、怖いので、明日また病院に連れて行こうと思っているんだけど、
その前に、頭痛について、ママ子得意のネットサーフィンで調べてみたよ。

我が子に当てはまるのが 「緊張型頭痛」なのかな。

当てはまる点
・ストレス
・目の疲れ
・症状の一致:頭全体が締め付けられるような痛み、めまい、肩こりなど

確かに、、 ストレスは絶対あるよね。
毎日勉強して、ママ子みたいな毒親がいて、最近はお友達関係も悩みがある。

目の疲れは、受検勉強かな。勉強するとき、いつも目をノートに近づけてるから

「目が悪くなるよー!」
って、ママ子、いつも言ってるんだけど、なかなか直してくれないんだよなあ。

あと、ブルーライトも、原因の一つかもしれない。

長女hanaの性格も要因?頭痛の原因を考える。

我が家の長女hanaの性格は、ママ子と全然違うタイプ。

家族の前でも、決して激しく感情を爆発させたりしない。
もちろん、妹のnanaとの姉妹ケンカは、しょっちゅうあるけれども、
大騒ぎする!って感じじゃないんぢゃおね。

性格は、完全にパパ男に似たね。
ものごしが、柔らかい。

他人の激しい感情…ママ子が怒ったりした時とか、
スポンジみたいにそれを吸収してしまうんだよな。

自分で怒り散らして申し訳ないけど、我が子がかわいそうになっちゃうよ。
「全部私が悪いんだ・・・」って思っちゃうみたい。
ため込み型だろうなあ。

小学四年生。女子のお友達関係は、大変です。

お友達関係もそう。
もう、四年生になると、恐ろしいよ。いくら成長期だからって、子供だからって、残酷なこと、いっぱい聞くよ。
「ほんとうにあった、怖い話」みたいな。

我が子の話聞いていると心が痛い。

hanaは、決してお友達の悪口言わないタイプ。平和主義。

みんなから嫌われている女の子にも優しくて、
いじわるグループが隠した体操着を、
一人でそっと見つけて返してあげるような。親バカだけど、本当に優しい子。

そんな子だから、いじわるな事を言うお友達にターゲットにされた事もある。

なんで、ママ子からこんないい子生まれて来たんだろ。
そんな子です。
普段さんざんドヤシまくってるの、申し訳なく思ってきたなあ。
親ばかママ子。
もう、我慢して愚痴でもなんでも聞いてあげようじゃないか、って思うよね。

hanaのストレス発散法が、夜寝る前に、

ママ子に一日の出来事を洗いざらい話す

という、ママ子にとっては、親としては、非常に幸せな事なんだけど、
毎晩だと拷問のような時間なのであります(;^_^A

いや、でも、今だけだよね。親に色々話してくれるのって。

もう一つの要因、ブルーライト

もう一つの要因 チャレンジタッチ。ブルーライトね。
この間、チャレンジタッチいいよ!おススメ!
なんて言ってしまったけれど、

やはり長時間使うのは辞めた方がいい。

チャレンジタッチには、

「まなびライブラリー」っていうコーナーがあって、人気の本も沢山入っているんだ。

電子書籍みたいに、好きな時に読めるようになっている。

本が大好きな我が子は、
ハマってしまうとずぅーーーーーーとチャレンジタッチで本を読んでいる。

ゲームやってるのと同じだよね。
ブルーライト浴びすぎ。 うーん、一長一短ですね。教材って。。

子供にストレスを抱えさせない様、見守っていく。

とにかく、頭痛の原因は、また病院に行って先生に相談してみようと思う。

hanaの骨折が治ったら、ストレッチをたくさんして、
運動もいっぱいできるだろうから、頭痛がなくなるといいんだけれども。

原因不明の頭痛が心配で心配で、ママ子までズーンって落ち込んだらダメなので、
なるべくバカな事言って笑わせようと思います。

何があったって、ママ子は、hanaの味方だから。

メンタル弱いママ子なので、その悩みにどっぷり一緒に浸かってしまうけど、
そこは、オトナのママ子がしっかりしなくちゃ。。
子どもの悩み事って、すっごい細かいところとか、主観が思いっきり入っている部分とか、本当に多いもんね。
寄り添って、見守っていこうと思います。

※頭痛のその後~2020年

当時は、やはり病院で痛み止めを処方され、
しばらく様子を見る事になり、現在に至ります。

様子を見ながら、頭痛が続く時や、いつもと症状が違うなど、心配な時は、
すぐに病院に連れて行きました。
要因は、その都度、色々でした。
「副鼻腔炎」だったり、片頭痛だったりします。


今も、頭痛とつきあっています。
普段から見守って、異変があったら病院に行く、を繰り返しています。


タイトルとURLをコピーしました