チャレンジタッチ実力診断テストの結果と復習~小4・12月~

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

当時小4の12月、長女hanaの進研ゼミ実力診断テストの結果です。
あの頃、アノ時、あのテスト・・・
今となっては、テストの点数に一喜一憂するなんて、ナンセンス~って、わかるんだけどねえ(;^_^A

我が家が基礎教材として進研ゼミを選んだ理由も、記しています。

⇒ 8年間利用。進研ゼミ小学講座・チャレンジタッチのレビュー

スポンサーリンク

迅速!チャレンジタッチ、実力診断テストの採点結果。

進研ゼミ小学講座、
チャレンジタッチを受講している小4の長女が、進研ゼミの実力診断テストを行いました。

ちなみに、
進研ゼミでは、「実力アップチャレンジ」というドリルが配布(国語と算数)
されるが、一応、中学受検を考えているので、我が家では
「挑戦コース」を受講しております。

チャレンジタッチを受講していると、テストが終了してからすぐに、

採点→結果 がわかります。

迅速な対応。本当に早すぎる!あっという間!
すんごく便利。忘れる前に復習できる!

小学4年生12月、長女の実力テストの結果は・・・?

わが子の結果は、

国語95点

算数85点

社会95点

理科100点

・・・うーん、もったいない・・・

全部、挑戦問題はほとんど合っているのに、ケアレスミスで点を落としています

本人が得意な算数なんて、それね・・・

ああ・・ グジグジっと文句をいいたくなるのをぐっとこらえて。

なんかもう、長女hanaは、理科の100点ですっごく満足しているみたい。

わが子の嬉しそうな満面の笑顔にやられて

ママ子:「がんばったねー!100点!よかったねえ!!」と抱きしめてあげました。

ああもう、なんだよ算数、もったいないじゃん!!

って、 言いたい、言いたい

・・・我慢・・・

結局、言いたい事をぐっとこらえて、我慢。

そのかわり、復習は一緒にやりました。

もちろん、点数についての文句は言わないで。
ひたすら我慢。(←親の苦悩)

実力診断テストの結果・復習もチャレンジタッチで!

実力診断テストの後にも、チャレンジタッチ内に、復習できる場所を用意してくれる。

弱点を指摘してくれたり、

間違えた部分から、「キミへのおすすめ問題」を自動的に表示してくれる。

「応用問題」なども示してくれて、自分で復習できるようになっています

チャレンジタッチで順位も出してくれるので、
我が子がどのくらいのレベルにいるのかも、確認できる。

 関連記事 ⇒ テスト結果@小学生

 進研ゼミ・実力診断テスト結果。小5の夏2016

チャレンジタッチを選んだ理由→子どもに合ったレベルの教材

進研ゼミは、Z会や他の通信教育よりも、明らかに、
偏差値レベルっていうか、問題の難易度が易しいと感じている。

もちろん、私立向けの中学受験を考えている方々には、お呼びでないかもしれないが、
進研ゼミは、基礎を固めるには、非常に適切だと感じる。
筆記できる、紙媒体の問題集も送ってもらうこともできる。(これが←「実力アップチャレンジ」ね)

 ⇒ 公立中高一貫校を目指す時の、チャレンジタッチ活用法

現在の点数では正直、
中学受検生としては、ちょっと足りないというか、少し心配ではありますが・・・

基礎を固める事は、とても大切だと、ママ子は感じて居る。

がんばれ、hana!!

 [ad]

タイトルとURLをコピーしました