東大生アンケ―ト:「やってて良かった習い事」第一位は・・・? 

この記事は約3分で読めます。

ブログ移転作業中。図書館から借りて来た、2012年のプレジデントファミリーの「東大生アンケート」を拝読したら、衝撃の事実が!!唯一、東大生との共通点が我が子にも!!

2012年のプレジデントファミリーを図書館から借りてきました。

そん時の特集が、

東大生184人「親の顔

って、もう、アレだよね。
このタイトルを受付で出すの恥ずかしいですよね。

「子供を東大に入れたいんだろうな」
「うわー!がっついてるな、この親」
「こういう親の子って東大入らないだろうな」

図書館の司書さんに色々妄想されるんじゃないかって、ギンギンに妄想するママ子。

別に変なビデオ借りるわけじゃないのに、料理本の下にさりげなく挟んで 、

「お願いします」

・・・ こんな思いまでして借りて来たこの一冊。

ママ子大好き企画:東大生アンケートを熟読

読んでみると、案の定。いつもの感じだ。

Q.勉強しなさいと言われた事がありますか   
A.NOの人が多め。

Q.成績で叱られた事がありますか
A.NOの人が多め。

プレジデントファミリー2012年12月発行

あーもう、わかってるって。

「親に勉強しろ!って言われたことがありません」的な?

そういうことだよね?

読まなきゃよかった・・・ って、少し落ち込んだところに ・・・

「やってて良かった習い事」 一位が!! 

  そろばん

おおおお

どこかの東大生と、唯一の共通点!

そ、そろばん、我が家も習っているんです。
(小学校の時、長女がね、1級取ってるッス。)

(その後、次女は、合わずに辞めさせてしまったけど)

できなくて、悔しくて泣く事もあるのに、なぜか辞めないそろばん。

東大生アンケート1位獲得:「そろばん」のメリット

そろばんは、時代遅れ?

もちろん、ママ子が読んだ2012年版のプレジデントファミリーも、出典が古いんだけども、それだけではなく、確実にね、そろばんは、やらせて良かったと、思う。

特に、長女には合ってたみたいだから。(2020年現在、そう思います)

次女は、暗算1級勉強中(2級まで取得)で辞めたけれども、今でも計算時には、指を使って暗算しているし、イイ感じで身についていると思う。

【現時点でのそろばん教室のメリット】

  • タイムトライアル、ストップウォッチ学習にすんなり慣れる。
  • 集中力が増す。最強。
  • 計算が早くなる。最強。
  • 算数に苦手意識なくなる 。最上級メリット!

当時、小学4年生のhanaは、そろばん習いはじめが少し遅くて、
3級の問題やってたんですが、

方程式みたいな問題も解いているので、

やらせてて良かったのかもな、って思います。

絶対に朝と夜、そろばんをやらせているので、

自然と「勉強するもんだ」的な事になるんですよね。

学習のリズムが定着するから、早めに習うのがおススメ

毎日、朝と夕方に、

そろばん → 進研ゼミのチャレンジタッチ  
の流れになっています。

早いうち・・・
だいたい、年長~小1くらいから、
この「あたりまえ勉強」みたいにさせといて、

勉強を始める時の苦痛を取り除いてあげるのも、良いですよね。

プレジデントファミリーの「東大生」シリーズ、大好きっす・・・

タイトルとURLをコピーしました