冬期講習貧乏。塾代が高すぎ。

この記事は約6分で読めます。

長女hana@中学2年生。絶賛通塾中。
もうね、やっぱり場違いだと。通塾できる生活レベルではないんじゃないかと。塾代がキツイという現実で、モロな被害に遭っている我が家。

そんな貧乏の苦しみを綴っています。

※「序」はご挨拶文です。お急ぎの方はスルーしてくださいませ。

序:拝啓、愛すべき皆さま。

今年は、本当に怒涛の一年だったの。
更新も滞って、ごめんなさいでした。

ママ子大袈裟だしメンタルのヘルスが虚弱体質なもんで、自殺しようかと思ったほど、辛い事もあったけど、その分良い事も沢山あった。

他人に対して「そりゃねーだろ!ボケ!」って思った事もあるし、周囲の人達に心の底から感謝して「あたしゃ、幸せモンだ・・・・」って思った事もあった。もちろん、今思えば後者の方が圧倒的に多かったよ。人間、捨てたモンじゃないって思ったし、誠実に頑張れば、必ず自分のためにプラスになるって事も、実感した。そんな一年。みなさま、こんなバカブログにお付き合いいただき、今年もありがとうございます。

・・・

「いいから早く貧乏話しろよ、ボケ!」

「年末年始は専ら海外と決めています。今年はクアラルンプールで年越しします」

「貧乏貧乏、って言いながら、自分のビール代だけはしっかり確保してんだろ。」

ドヒャー!やめてぇえ!
年末まで辛辣なナイス突っ込みだね、アンタ達!
ママ子、白髪染めもバッチリやって、
帰省の準備しちゃってんの!
ああ忙しい。
今日は、中2の長女hana。
冬期講習の塾代が高すぎて、貧乏が激化している我が家。
家計が苦しい現状を記録。
2019年最後のブログ更新、いってみまーす!!

長女hana@中2の冬。あと1年で入試本番。

あのさ、あと一年で受験だなんて、本当に信じられない。
中学生ってすっげー早い!!
ってか、
2021年は、姉妹揃ってダブル受験だっつーからもう、
我が家はまた爆弾抱えながらロシアンルーレットやるみたいな状況。
長女hanaは、ガッツリ冬期講習。

この子は中学入学前の春休みから通塾をしている。
中学受検に不合格になって、
失意の中彼女にしてあげられる、親としての最大のプレゼントは、
hanaの通塾だった。

中学受検があったから、今のhanaがいる

貧乏中学受検を血吐くほど(←イメージ)頑張ってやってのけた。
周囲の子は全員通塾している中、
彼女はラストのピンポイントしか塾に通うことができなかった
結果は、不合格。

それでも最後は、「成績優秀者」に名前が載るところまで、
辿り着いた。
hanaの努力の賜物であった。

それは紛れもない事実であると思う。
ママ子は、
問題コピーしたり、
計算問題作ったり、
丸付けしたり、
作文添削したり、
間違えた問題の類題探してまとめたり、
そうやって必死でサポートしてるつもりであった。

テストや模試で一喜一憂して
hanaを苦しめていた部分の方が大きかったと思うのに

hana:「ママ、ありがとう」

と、いつも言って。切ないような儚い笑顔をしていたのだ。

・・・
って、思い出に浸ってしまいましたが、
我が家の最大の問題が・・・

つーか、塾代がすっげー高いんッスけど!!

そうよ、
hanaのためなら、火の中水の中、
ママ子もパパ男も、その気持ちは一緒。

だから、塾代がかさんだって、
デキる限り生活切り詰めて、頑張ってる。

業務スーパーの一袋19円のもやしは、
週3ぐらいで我が家の食卓に上がってる。

それまでは、どうにかこうにか、
生活費切り詰めて、
投資で蓄えている学費のためのお金は、
まだ手をつけないつもりだったのに・・・

もう限界!冬期講習の塾代がすげーんだもの!!

もう都内中心部に住むリッチな大学生の家賃!!いつも言うけど!!

学年上がるたびに、緊張度と比例して金額アップすんの。

来年の今頃なんか、マジで、死活問題。
ママ子もさすがに食費削って、やせ細る日が来ちゃうんじゃないかっつって。
スリムなバディを手に入れっる日が来るかもしんない。

塾を退会する選択肢。塾、やめる?

自分で勉強できるなら、通塾しなくても良いじゃん

ってご意見もあるし、ごもっとも。

だけど、
hanaは、塾を心の底から楽しんでいる

質の良い先生や、クラスメートとの楽しい時間を、
とっても幸せだと言い、癒されているらしい。

もちろん、「塾」は、ぜいたく品。
庶民、いや、貧乏な我が家にとっては、削るべき予算なんだと思う。

娘への罪悪感が拭えない

あの、辛い、辛い、中学受検の不合格を経験してから、
ママ子はhanaへの罪悪感が拭えない。

あんなに「塾に行きたい」と言ったのに。

受験の「じゅ」の字も知らないで、hanaのことを振り回してしまった。もっと効率よく勉強してたら、あの子、受かってたかもしれないのに。

hanaが、不合格になったのは、ママ子のせい。
100%、ママ子のせいなんだ。

hana:「学校よりも、塾の方が楽しい」

っていうhana。そう言われたらアンタ、塾辞めさせることなんてできないよね。

勉強することが少しでも楽しいって思ってくれたら、ママ子、本望だもの。我が子に学ぶ喜びを味わって欲しいっていう願いが叶うんだもの。

次女nanaもそう。学ぶ喜びを感じてもらえるように、受検は苦しいけれど、そればっかりじゃないって、経験から感じ取って欲しいって思っている。

中3になったら、東京都の助成金制度を利用

東京都では、塾代助成金制度っつーのがあるので、
hanaが中三になる頃には申し込んでみようと思う。

受験生チャレンジ支援貸付事業

助成して頂けるのは、非常に有難い。
もちろん、それ以上の金額がのしかかって来ることは
容易に想像できるんだけど。

うちの場合ダブル受験で、
次女nanaも、単発で塾に通わせるつもりなので、
本気でひもじい生活が待っている。

貯蓄していた教育費を、さらに切り崩していかなければならない状況。

「手をつけないでおきたいお金」を切り崩すことになっている。

子ども達の将来のため、と、貯めていたお金である。

ママ子の老後は、本当に貧困老人決定。

子供達にだけは、絶対迷惑かけたくない。

ママ子、稼げるおばあちゃんにならないと。

資格も取得したい。
ママ子ができる仕事なら、なんでもやりたい。

内職のような、細々とした収入を、本気で増やさないと。

自分だけは「老害」とか言われないようにしたいけどさ。

本当に、学生の時に学んでおけばよかったと思うよ。

そう考えると、やっぱり、塾の存在って大きいよね。

塾代がキツイ…引き続き、限界まで耐えます。

塾には、続けて通わせてあげたい。

本当に、度肝抜く塾代に、ママ子も恨みの気持ちすら、抱いちゃったりっするけど、まだ・・・

まだ、我慢できそう。
色々切り詰めれば、まだ、借金しなくて済みそう。

引き続き、貧乏な生活を、楽しみながら頑張るよ。
もう、ネタにするしかないよね、このツラサ(笑)

みんな、頑張れ。一緒に頑張ろう!!


タイトルとURLをコピーしました