中2。優等生の勉強法一例。

この記事は約6分で読めます。

現在、中学2年生の長女hana。学校では優等生。
塾でもけっこう良い線いってるレベル。
バカなママ子とは、雲泥の差。どこをどうやったら、
そんな「デキル」子が生まれてくるのか。
産んだ本人がわからないのでw、娘にダイレクトインタビューしました!

※「序」はご挨拶文です。お急ぎの方はスルーしてくださいませ。

序:冬はダウンコートに限る!

この冬、バーゲンにて新調したダウンコート。冬の寒さに耐えられなくなったママ子のご老体。さすがに生きていくために必要と判断し、購入。すんげーあったかい。
イメージでは、スキニージーンズで華奢な足を目指し、
オーバーサイズで可愛く着こなすつもりだったんんだけど、

ママ子が着ると・・・

スキニーはむっちりとした足を強調。
岡っ引き状態。
大きなドラム缶と化したママ子が道を塞いでしまう。
あの、あのね。どうしてもボリュームがあのね。
ボリューム×ボリュームだからもう、なんだろう。
一回り大きく成長した冬のママ子。

・・・

「デブのダウンは禁忌だろ、バカ」

「ダウンはモンクレールに決めています。機能性も良いので。」

「脂肪の上にダウンなら、よっぽど保温性ありそうだなw」

あーもう、ダウンのあったかさに衝撃受けたよ。もうやめられない!!今日は、hanaの勉強法について、インタビューしてみました!

長女hanaの躍進について。

うちの長女hanaは、もともと優等生!ってタイプの人間ではなかった。

小4くらいまではクラスで目立たない子。「デキル子」としても注目されないタイプ。(ある程度デキル子ではあったのだが、全然自己主張しないので、周囲の子に埋もれている状況)

小5,6年ぐらいから、担任の先生に恵まれて、そして、学校行事などで徐々に自信がついてきて、中学受験勉強も頑張って・・・6年の最初の個人面談では、

先生:「hanaちゃん、たぶん、算数は学年で一番ですよ?」

と言われるほどとなっていた。もちろん、私立の受験をする子達は学校の成績が関係ないので、学校の勉強の手を抜いていたのかもしれないが、

ママ子:「ぇええええええ?!うそですよね?うちの子が?!」

と、「名簿ズレて成績つけてないのか」とか、「何かの間違いじゃないのか」とか、信じられない思いしかなかった。

しかし、hanaの受験勉強は。ママ子とのあの日々が、どんどんhanaを強くして、成長させて、中2の今となっては、学年でも、言わずもがなの成績になったのである。

ふと・・・そこで疑問に思った。

定期試験の時、どうやって勉強してんの?

一応、ママ子も中学受験までは、カリキュラムを組み、一緒に勉強してきた。

だけど、中学に入ってからは、本当にノータッチ。自分で計画を立てて、自分で学習を進めている。スケジュール帳一冊と、スマホの「独り言」みたいなLINEのメモにより、やる事を明確にしているそうだ。

ママ子は、スナック菓子を頬張り、
酒を飲みながら、勉強しているhanaの横で、
猫背になって、バカ面で聞いてみた。

ママ子:「ねえ~、アンタさ。なんでそんなに勉強してんの?つーか、どうやってそんなトップレベルまでいっちゃったの?」

hana:「ママ・・・ほら、スナックまた口からこぼれてるよ・・・お酒飲むとまた寝ちゃうよ?なんでって・・・」

ママ子:「アッハハ!ママとの受検勉強があったからかなぁ~、なんちゃって!」

冗談交じりにそういうと

hana:「それは、ある!」

と言ってくれた。優しい子だよ、まったく。

ママ子:「でもさ、その根性、さすがに続かないっしょ。中学に入学してから、ずっとアンタは頑張ってこの成績維持してるんだもん。しかも、塾でも・・・すごい成績じゃん。
不思議なんだよ。ママ、すんげーバカだから、デキル子ってなんでそうなんだろうって。ちょっと今、聞いていい?どうやって勉強してんのか。」

勉強中だっつーのに、そーゆー質問しちゃうママ子・・・

ママ子のワガママに呆れ笑いをした後

hana:「ああ、いいよ、今なら。片手間でできるやつだから」

ママ子:「うっほーい!やったね!!」

緊急アンケート企画「どうやったらそんなに良い点ばっかとれんの?!」を優等生に聞いてみた!

Q1、両親・本人の基本情報


A:父親・・・海外放浪(数か月で下痢でリタイア)⇒フリーター脱却⇒専門学校卒⇒サービス業
  母親・・・地方のFランク大学⇒公的機関(契約)⇒パート(その他フリーの仕事)
  hana本人・・・中2 通塾(週に3回 5教科)

Q2、受検勉強の進捗・模試の受検状況

   塾では中学三年生の範囲をやっている。
   模試は中1の最初(塾選びの時)に1度受けただけ。

Q3、定期テスト前はいつから勉強してるのか

2週間前からは暗記期間なので、その前までに教科書とワークのおさら いを終わらせ、暗記シートを作成しておく。
開始時期は自分の出来加減によってさまざまだが、
3週間前からは始めている。

Q4、塾のテストと定期テストが重なった場合はどうしているのか

開始時期の早いテストの対策を前倒ししてやっておく。
検定が重なってどうしても勉強が追いつかなくなった場合は、
塾のテストは諦める
(けっこうこれ大事。後で散々本人は泣くけど)。

とにかく学校の評定が大事。

※検定の受験は、年間スケジュールを立てる時に、何を受検するかどうかを決めておく。
受験すると決めたら3か月前から勉強しておく。
一か月前には過去問に入り、
2週間前には合格点に到達していればほぼ受かる、とのこと。

Q5、ズバリ、必ず点が取れると思う勉強のやり方は?

自分は、教科書の内容を理解する時間を大事にしている。

わかっている場所は省略するが、それ以外は、
基本的な授業ノートと教科書・ワーク等を併せて
「テスト前のまとめノート」を作成して頭の中を整理している。

そうすることで、記述問題などは、クリアできる。
暗記はひたすら反復あるのみ。

以上。

予定立てるところからが、大事みたいっス!

うちのhanaさん、たぶん、予定立てるのとか、
小6の学習スケジュール作成の時に比べると、
非常に細かく立てている。
が、予備日を作って調整しながら実行している。
そして、
不可能になるかならないかの、
ギリギリのところで、自分に負荷かけてる感じがする。

試行錯誤だ。

ママ子は、hanaの中学受験の時、ずぅーっと試行錯誤を続けてきた。口癖のように「あー、試行錯誤だーーーー!!!」って言いながら、何度もスケジュール立てたり、問題解いたりしていたっけ。

何度もやっていると、身につくんだなぁ・・・って。

酒を飲みながら、勉強しているhanaの横でちょっかい出しながら、ママ子はアンケートをメモって・・・

ママ子:「アンタ、、良く頑張ってるね。本当にすごいね。どんどん遠くにいっちゃうみたいだ。本当に。」

hana:「ママ、やめてよ~。遠くに行くとか考えてないよ。」

ママ子:「いいんだよ。行きたい場所に行っていいの。。ママは、絶対にどこにだって会いにいくから」

hana:「アハハ、なんかママは、どこに行っても色々スゴそうだもんね(笑)」

ギャハハと笑いながら、ママ子は本当に思う。あと何年この子のそばにいられるだろうか。あと何年、こうやって何気ないお話ができるんだろうか。って。

いっぱい愛して、遠くまで飛んでいけるように、ママ子はhanaの心のエネルギーを、いっぱいにしてやりたい。

タイトルとURLをコピーしました