文武両道に育てたい~育て方のヒント~

この記事は約7分で読めます。

なんか、カッコつけて、アドバイス的な文章書いてしまっていますね。
タイトルがアドバイス風なのに、相変わらず全然役に立たないブログです。
ひどいですね、「ジャロって何ジャロ?」に電話とか、したくなりますよね。
バカが何言ってるんですかね。お恥ずかしいんですが、備忘録としてとっておきます。

※「序」はご雑文です。お急ぎの方はスルーしてくださいませ。

序:暑いってば。

みんな涼しい顔してるのに、なんでママ子だけ顔テカって蒸し暑いんだろう。
汗かきが着るのはご法度なのに、何故か「今日のコーデはこれだ!」と無駄に厳選したグレーのTシャツの脇には、くっきりと汗のシミ・・・

ママ子の周りは気温が5度ぐらい上がっている。半径50センチ以内は、近寄っちゃノンノン。真夏の加湿器ママ子。
保護者会の時だけ、いつもに増してクレイジーなファッションセンスを発揮してしまう、田舎モンのママ子。

違うの。頑張っているだけなのよ。健気に見えないのはふてぶてしい外見と変な所々に個性を入れちゃうファッションセンスのせいだろうか。

・・・
「何の話してんだよ?」

「こんな低俗なブログ、ブログ村の受験ブログに所属させないで欲しいです」

「無駄な時間返せ」

こんな音声がパソコンの向こうから聞こえてきました。
テレパシーですね。ありがとうございます。

ドホドホ。今日は、文武両道について、お話させていただきます。

我が家は、
小さい頃は「身体をたくさん動かして脳に働きかける」
という育て方をしていました。習い事なども含め、ご紹介していきます。

リレー選手に選ばれた快挙!

運動会が近づいて来て、我が家の長女hanaが、なななんと!

選抜リレーに選ばれました。

「なんだよ、自慢かよバカ」

ごめんなさいごめんなさい、ちょっと待ってよ。

ママ子は、デブで運動音痴でいじめられるような時代を経験しているため、
我が子にはどうしても自分の二の舞になって欲しくなくって、
小さい頃から、「運動」については、色々関わっていたと思う。

今のところ、「文武両道」って立派なモンかはわからないけれど、
長女hanaも、次女nanaも、運動するの、楽しんでいるよ。

幼児期ってけっこう大事。幼稚園時代からの習い事。

幼稚園に入ると、何かしら習い事を始める方々が多い。

ママ子も貧乏ながら、「これだけは」と思って習わせたのが、
体操教室です。
ストレッチ・マット運動・跳び箱・鉄棒・ボール運動・かけっこ・・・

何でもプログラムに取り入れてくれるので、
まさに、運動のオールマイティ。

先生も、厳しいのではなく、「楽しく運動しよう」っていう雰囲気で、我が子達は毎週楽しく運動しておりました。

その体操教室は、超ゆるゆるです。
「技術の習得」って感じじゃないから、ぶっちゃけ、
もう卒業してほしいなあ」って思う事もありますが、
「やめたくない」との長女hanaの必死の説得に、
続けさせようと覚悟したんです。

でも、運動が好きになったのは、これだけではない。

親が一緒に楽しむ。「遊びに付きあってあげること」

※幼児期から、親が関わる運動系の遊び

・公園の鉄棒で逆上がりの練習。
・ボール遊び。(サッカー、キャッチボール、バレー、バスケ)
・かけっこ。(原っぱで、ヨーイドン!は家族で昔からやっています)
・筋トレ・ストレッチ(腹筋、もも上げ、ブリッジなど)
・狭い部屋で馬跳び(ママ子が馬になり、子供達が飛ぶ。だんだん高さを高くしていく)

あのね。
お察しかと思うけど、ママ子、全然運動ができるタイプではないの。
むしろ、自分の子供より、全然運動できない。

でも、「できないから」と言って、何もやらないよりは、
「できないけど、楽しい!」って思えるようにしたいと、思ったんだよね。

親子で運動を楽しむのが一番なのじゃないかなあ。。。って。

別に、小さい頃からやらなくたっていい。
今からだって、何歳からでもオッケーだと思う。

勉強勉強で、毎日ウップンが溜まっている子供に、
「ワァアアアアアア!」っと運動させて楽しい時間を作ってやるのも大事だよね。

学校や公園でお友達と十分に遊べている子は、大丈夫だろうけど・・・

我が家は昔からね、ママ子がコミュ症っぽい事もあり
なかなかお友達とワイワイできる環境にさせてあげられなかった。

だから、そのぶん、家族で運動の楽しさを教えて来たつもり。

ママ子も自分で水泳教えたりしてね。

そして、勉強面、親の関わり方は?

これも、ママ子の場合は、mezaseto-dai やらせてもらってる途中なので、結果はまだまだだけど。2020年、中3の長女・小6の次女は、とても良く頑張っているので、ママ子は、二人の娘を誇りに思っているよ。

学習面での子供への関わり

① 読み聞かせ
(寝る前に毎日。小学校4年生まで。その後は自分で読んだ方が良くなっちゃったみたいで、自然と卒業しちゃいました。)
でも、寝かしつけと称し、「一緒に本を読む・おしゃべりをする」というのは、毎日ではないけれど、今でも日課です。

② 問題集を与える時は、解き方・解説を説明。
(問題文は必ず音読する、など、基本的な事を説明。)

③ ママ子の資格試験の勉強を、
子供達がドリルやっている横で一緒にやる
(夢中で勉強している姿を見せる)

④ ニュースや新聞で話題(記事)になっている事を家族で話し合う
(気が向いた時だけ)


⑤ 塾の無料のイベントや模擬試験に、恥をかき捨てて参加
(毎回、入塾もしないのに参加するので、顔も覚えられてしまっている)

簡単に言うと、こんな感じで。

勉強にアンテナを張るっていうかね。
塾に行っていないからとにかく必死で情報収集するし。

プレジデントファミリーを熟読した時期もあった・・・
けど、塾に行っている子の話ばかりで悲しくなったので、
今はたまに立ち読みするくらいだけど。

お母さんが幸せでいる事が大切。できる範囲で関わる。

ママ子の家は、休日もパパ男が出勤のことが多いので、ほぼ「ワンオペ育児」。
実家が田舎なので、近所には祖父や祖母という頼れる存在も、無い。

たまにママ子がイライラに耐えられず爆発するわけだけれども、
「人間だもの」、しょうがないよね。

ママ子が悪い場合(←9割コレだけど)は、謝って謝って、仲直りしてもらうのよ。

お母さんは、自分を責めるともっと窮地に陥ってしまうから、
「太陽」みたいに明るく幸せでいなくてはいけない。

心理カウンセラーの先生のお言葉

ママ子は、育児ストレスに耐えかねて、
子ども達が小さい頃から、
何度か心理カウンセラーの先生にご相談することもあった。

将来どんな大人になるかは、子供が決めることだけれど、
輝く未来に少しでも我が子の興味が広がるように、
自分みたいに、後悔してほしくなくて、ママ子は必死こいています。

親の思い通りに行く子育てなんて、無いけれど。

「文武両道。」憧れだよね。

できることなら、我が子にも、そんな「キラキラ」した子供に成長してほしい、って、
親のママ子は、思ってしまう。

だけど、大切なことは、
子供が「楽しい」と思える事を、沢山与えてあげる事が、
親の仕事なのかなあ、って思うんだよね。

運動も勉強も楽しいものだって、子供に伝わるように。

ぶっちゃけ、思春期になったら、ね。
親の理想なんて、クソくらえ!ってね、なっちゃうよね。

将来、子供が成長したら、自分で判断できるようになって、
自己主張するようになったら、
親の意見なんて、いらない。それで良いんだと思う。

「ああよしよし、成長したのね~」

って、あっさり身を引いて、お役御免だよ、あたしたち。(笑)

親子で過ごせる時間を大切に、思い出を重ねていこう。

とにかく、
まだまだ小学生のうちは、親が関わってあげられる事は、
関わってあげたい。

あと、数年したら、子供達はもう、親といるよりも、お友達や彼氏といることが、楽しくなっちゃうんだから。

親子でいられる時間って、すごく少ないなぁって・・・

2020年、4月・・・
我が子達が中3、小6を迎える年齢になって、強く感じます。

あと、何年、一緒にいられるかなあ、ってね。

タイトルとURLをコピーしました