都立推薦入試…心の準備。

この記事は約4分で読めます。

冷たい雨だわ・・・

「恥の多い生涯を送って来ました。」

『人間失格』太宰治

この言葉が好き。沁みる。若い頃、大嫌いだった、太宰治の『人間失格』。大人になってからは涙が出ちゃうんだよな、年取るのも悪くないって、本読んでると思う。

次女nanaの作文対策と、ママ子のマーケティング勉強のために、図書館に行った。そこで見つけた、大江健三郎の初期短編を、ザザーっと読んだ。本当は、もっとゆっくり読みたいけれど、残念ながら今のママ子にはそんな時間ないんだ。『人間の羊』は、災難な話だけども、落ち込んでいる自分にピッタリ来た。「ああ、まだ大丈夫かな」って思った。大江健三郎ありがとう。


「お前の人生恥だらけじゃねーかバカ!!」

「懐かしいですね。私は中也女子でございました。」

「ママ子らしくねーな!ギャグ漫画読もうぜ!!両津勘吉最高!!」

ガハハ、ギャグ漫画も大好きだよ。まるちゃんから、おぼっちゃまくん、吉田戦車の『感染るんです』は、愛読書ですた。

都立推薦入試が終わり、発表を待つのみだね!!頑張れ受験生!!今日は、長女hanaが話していた、都立推薦についてのアドバイス。塾のセンセーの話。

2020年 都立高校推薦入試です

今年の都立推薦入試が1月26日・27日。

考えるだけで、胃のあたりがギュウウっとなる。怖い。一年後、ママ子はどうなっているだろうか。

都立トップと言われる高校のホームページを何校か確認。

おそるおそる覗いてみた。

「こ・・・これは・・・」

や、ヤバい、ちょっと面白い。問題出された方は、たまらないけれど、これ、オトナが回答読むのは、ちょっと楽しみというか、面白いよな。ああ。ママ子、我が子の受験が無ければ、試験監督になりたい。いや、丸付けするひとになりたい。

その瞬間、考えが変わる。

いやいや、絶対になりたくない。推薦入試、本気で受けた子達を、一人も不合格になんて、したくないよ。絶対に全員〇をつけちゃう。ママ子には、「採点者」なんて役は、無理だわ・・・

長女hanaの、勉強の比重を考えた。

我が家の愛する長女hanaは、来年、都立高校を第一志望としている。本人は、都立の推薦も視野に入れて、日々頑張っている。

やだ、本当に中学校生活は早いよ。ママ子がPTA関係でヒーコラ言っている間に、hanaは、中学校生活3分の2が過ぎようとしてるんだから。

中学三年間。恋に勉強に青春に・・・色んなことがあったけれど、一貫してhanaの目標がブレなかった。

比率といえば、恋1:勉強8:青春1

であろうか。

ほとんど勉強かよ!!

ママ子にとっては、信じられない日々だけど。

通塾が楽しくて仕方ないようである。「学校より塾が好き」というほど、馴染んでくれたことは、本人にとって、本当に良い事だと思った。

都立推薦入試のために、知っていて欲しい塾の先生の言葉。

もちろん、推薦入試を考えているとはいえ、hanaの場合は中1からの通塾なので、ガチンコの一般入試を覚悟している。

そうは言っても、「推薦入試を受ける」ということになれば、小論文対策やら、集団討論対策にも力を入れて準備しなければならず、中学3年生になったら、やっぱり必死こいて推薦入試のための勉強も、しなければならないのだ。

塾では、先生が現中2のhanaたちに、話をしてくれた。

塾の先生:

「みんな、推薦入試考えてるなら、ワンチャン狙うくらいでいいんだからね。

やっぱりね、最後になると

『どうしても推薦で受かりたい』

という思いが、みんな強くなってきちゃうんだよ。

顔面蒼白になってね、ボクのところに小論文の答案見てくれって、毎日毎日ね、必死という言葉よりも…本当に追い込まれていて可哀想になっちゃうんだよ。だからね、

『一般入試で合格するんだ』、

って思って、推薦は、受かったらラッキーくだいに思っておくのが良いと思うよ。」

hana:「なんだか、それ聞いたら、少し不安が軽くなったかな、って気がするよ。」

ママ子:「そうだね。それでいいんだよね。推薦入試にこだわらなくても、一般入試で実力発揮できる方に、力を費やした方が良いのかもね。アンタ、ストレス感じそうだもんな~ww」

hana:「アハハ、ママだって、推薦入試の前後、色々暴れそうで怖いよ」

ママ子:「ヤー!!ママのせいでhanaが不合格になったら死んでも死にきれないわ!!邪魔だけはしないようにするから!!ヤダっ!ほんっとにイヤー!」

hana:「ママ…既に妄想であれこれ暴れてるね…」

失笑するhanaの横で、本当にこの子、一年後どうなってるんだろう、って少しの不安と、それから、もう自分がしてやれることは、本当に少ないんだな、って改めて寂しさも感じたりして。

推薦入試に向けて

来年が本番。我が家では2021年、ダブル受験となる。

もちろん、推薦で受かってくれたら、こんなに嬉しいことはないけれども、落ちても絶対に後悔なんてして欲しくないし、落ち込んで欲しくもない。

ママ子は、頑張っているhanaを、きちんと見ている。

しかも、中学受験とは違って、高校受験は、どこかに必ず合格できるんだもの。ご縁のある学校で、思いっきり高校生活を楽しんで欲しいなあ。

コメント

  1. 子沢山ママ より:

    我が家も今年w受験です。そして1人は通称「宝くじ」と言われる都立推薦受けました。「宝くじ」なので、あえて受けずに一般入試にかける子も。だって、推薦対策と入試対策全く違う。
    来年のママ子さんもほぼ一緒ですね…でもどこか抑えは作れるのが高校入試の救い。「中3の春は泣かせない」と言われているらしいです。何にせよありがたい制度。hanaちゃんも来年頑張ってください。

    • mamako より:

      ・子沢山ママさま

      今年ダブル受験とは、ご心労がかさんでいるのではないでしょうか。
      都立推薦受験したのですね!!
      やはり、子沢山ママさまの仰るとおり、推薦対策と入試対策が違うと、塾の先生が仰っていたようです!

      本当に・・・
      中3の春は泣かせたくないです~(涙

      子沢山ママさまのお子様も、、どうか合格し、美しい桜がさきますように!!
      心からお祈り申し上げます。

      発表までの日々がとても長く感じますね。

      どうかお身体大切に受験を乗り切ってください。

タイトルとURLをコピーしました