受験生、どうする?ゴールデンウィークの過ごし方。

この記事は約3分で読めます。

今日は子供達とパン作り。

前回、ママ子のせいで、カッチカチのパンが出来上がった。

今回はhanaがしっかり計量することと、温度を管理することを譲らなかったので、大成功となった。

ふんわり甘くておいしいパンが焼けた。

休日はほとんど母子家庭状態の我が家。毎週何をするか考えるのが大変なのだが、最近では子供達にネタを提供してもらって過ごしている。

今回は、hanaのリクエストで、「パン作り」をする事になっていたのだ。

・・・

「土日、必死で勉強している受験生もいるのに、お気楽だな」

「あのー・・・受験生ですよね?」

「どうせ本気で受験なんて考えてないんだろ」

いやいや、考えてるんだってば!

発酵にとっての温度の大切さとかね。一応、学んだりしたんだってば!!

そりゃ・・・必死で努力している方々に比べたら全然やってない感あるかもしれないけどさ・・・

スポンサーリンク
[レクタングルテキスト]

 

義母さまから電話が来た!!

そんな休日の昼下がり、新幹線で2時間ほどの距離に住む義母さまからの電話である。

とにかく娘たちを愛してくれている事に対しては、非常に感謝しているのだ。『超ポジティブ天然』というか、自分の価値観が強めっつーか、熱いお方ではあるのだが、基本的には、優しいお方である。

他人の前では声色が激変するママ子。義母さまに対してはさらにピリっと緊張感が加わり、ワンオクターブ高い声での対応である。

電話の内容としては、ゴールデンウィークに遊びに来ないか、というお誘いであった。(パパ男は仕事なので、ママ子と子供達だけで「おいで」とのこと。いつもそうなのだ。)

春休みから、「遊びにおいで、おいで」と再三お誘いを受けていたが、春休みは予定がギッシリだったので、お断りさせて頂いていたのだった。

先日、ゴールデンウィークに勇気を出して伺うと言った時は、義母さまにお断りされた。だが、後日、再度義母さまから連絡が来て、「遊びにおいで」との事。もちろん、パパ男が仕事なので、ママ子が子供二人を連れて義実家に滞在することになる。

ちょっとその「この間ママ子が行くって言ったら断っただろ?」って件にはモヤモヤするんだが、新幹線代出してくださるって言うし、子供達のためにも良い経験をさせてもらえるプランも用意してくれていたので、オッケーを出すしかなかったのだ。

子供達も、義父母に会えるのは、本当に嬉しい事だし、ママ子にとっても、数少ない「わが子を愛してくれる人」である存在に変わりはないわけだから。

新幹線でレッツゴーする事になりました。

ゴールデンウィーク、本当は、勉強に集中してほしい気持ちもあるのだが、三年生の次女nanaの事を思うと、姉妹連れて、義実家への滞在を選ぶ事しか選択肢がなくなるんだよなあ。

ママ子としては、気が重いんだが、子供達のため。すべては子供達のためだ。毎回キツイ目に遭うのは予想できるのだが(パパ男がいない時、義母さまは『天然』を最大の武器にしてママ子に・・・ね・・)耐えるしかない。子供のため、子供のため。

勉強のプランは、どうしたら良いだろうか。

3日間、遊んで暮らす事は、ママ子から見ても、非常に不安なので、スキマ時間でも、なんでも、勉強時間を確保して、義実家でも「鬼のママ子」として子供達への学習プランを実行しようと思っている。

普段よりも圧倒的に少ない学習時間になるかもしれないが、そこはもう新幹線内でも楽しい会話にプラスして少しでもお勉強に充てられたらいいなあ。

我が家のゴールデンウィークは、帰省という結果になったのだが、この経験も、子供達の思い出の1ページだ。

腹をくくって、とりあえず3日間は、楽しむ事も大事だよな。

その他の日をどうするか・・・

配分と、スケジュール管理と、終わらない範囲と・・・

悩みは尽きないんだよな・・・

とほほ。

 

※底なしのバカブログを最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます!
ランキングに参加しています。
中学受検 ⇒にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
高校受検 ⇒にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村
受験ブログ⇒にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

是非また息抜きに遊びに来てくださいね。

ママ子拝

コメント

  1. チビの母 より:

    ええええええ。
    ママ子さん、すごい!すごいっす。ごいすーー!

    いつも思うのですが、ママ子さんはお母さんの鏡です。
    わたしは、自分が面倒だったり「どうせ話すことなんてねえし」だったりで子供たちが小さい頃からずっと、連休前には「用事があるから声かけんなビーム」を全身から出していました。

    • mamako より:

      ・チビの母さま

      いやいやいや・・・
      「お母さんの鏡」だなんて、とんでもないです。
      もう、なんていうか、あの義母さまの勢いは、すごいんですよ。
      断れないし、子供達もとてもかわいがってもらっているので、本当に、子供のために生贄になるような気持ちで義実家に行きます(笑)

      うちは、ママ子の親には子供達が甘えられないので、義父母さまに子供達を可愛がってもらうという事が、本当に有難い事なんですよねえ・・・だから我慢!!腹くくっていってきます!!

タイトルとURLをコピーしました