母はサポート役失格!久しぶりのパパ塾。

この記事は約3分で読めます。

春うらら。

春眠暁を覚えず。

「ママ子の場合は『万年暁を覚えず』だな」

「早起き苦手なうえに、夜もすぐ眠くなるんですよね。睡眠時間べビー並みですよね」

「食って寝て食って寝て、いい御身分だな、おい」

どうもこんにちは。

アイスクリームが美味しい今日このごろ、皆様いかがお過ごしてですか。

ママ子は昨日、願かけを、軽~く踏み倒してしまった。

合格祈願のhanaへの寄り添い作業が・・・

眠ってしまった!!!

今年度から、合格祈願も兼ねて、ママ子もhanaの勉強に最後まで付き添う事を心に決めていた。(昨年度までは、ママ子はnanaの寝かしつけをしながら、ぐっすり寝て、hanaだけが受験勉強を続けるという、可哀想な事を続けていた。)

hanaが寝るまで付き添って起きている事を心に決めて、nanaを寝かしつけてから、また起きてリビングに戻る。新学期が始まって二週間も経たないうちから、この願掛けが・・・・

バカー

ママ子のバカバカ!!!

「こりゃ落ちるな」

「できない事やろうとするから・・・」

「hanaより睡眠を取ったんだろ、残酷な親だな」

ぎゃあああ、わかってます、わかってますよぉ・・・

願掛けなんて、しなきゃよかった・・・

「ママ子、ホラ、ね・・・今、色々抱え込んで・・・」

とか、言い訳したいの山々なんですが、すんげーの背負い込んでるのは他でもないhanaであって、ママ子は言い訳とかなんとか言う身分にいませんてば。

佐藤ママ(←わが子全員を東大に入学させたスーパーママさん)が、

『自分の子供が勉強してる時はずっと起きて付き添っている。』

と、仰っていたので、ママ子も見習ってやろうと思ったけど・・・

もう、本当に身の程知らずだった。こんなことやるんじゃなかった。

不合格にまっしぐらしちゃうじゃん。

ごめんhana!無しにして!願掛けしてたの、無かったことにするから。

hanaが布団に入る時に目を覚ましたママ子

ママ子:「hana、ごめん!!!!ママ、眠ってごめん!!!プリントどうなった?できた??」

hana:「ママ、起こしちゃった?ごめんね。プリント大丈夫だよ、パパと一緒にやったから・・・」

久しぶりのパパ塾

そういえば、nanaを寝かしつけている間、パパ男が熱弁ふるっていたっけ。nanaと、

ママ子:「お、今夜のパパ男は熱いね~」

nana:「うん、なんか、頑張ってる感じするね。でもちょっとこわいね。」

「あんまり厳しく教えないでよ、、感情的なの、やめてよ~」などと、自分の超感情的な教え方を棚に上げて、布団の中でママ子は心配してたんだっけ。

パパ男は、問題集と参考書をフル活用して、必死でhanaに解き方を教えていたんだ。熱血パパ男、見参。

マジかー!ありがとうパパ男!!

翌朝、ホワイトボードにはパパ男の書いた図と計算式が書いてあった。ママ子より、図の書き方もキレイだし、字も読みやすいんだよなあ。

まだどこまで理解できているか、チェックはしていないんだけど(←早くやれよ)hanaと一緒に今日の夜に見直していこう。

今日は、変則的に漢字検定の勉強も組み込む日だ。

ごめんね、ダメな母親で。

でも、また気を引き締めて、hanaのサポートさせてね。。

コメント

  1. チビの母 より:

    寝ますよ。寝ます。

    チビ母は、チビが勉強しているその真横で寝ます。
    最悪のお母さんです。
    だって
    「寝ているところごめんね、お母さん。これ、どうやるんだっけ?」って聞いてくるんですから。

    それにしても、パパ男さんもいいですねえ。
    我が家のチビ父は全くの役立たずですよ(笑)
    娘二人が勉強しているところに帰宅してきてテレビ点けちゃう人です。
    女子3人に睨まれて「え?どうしたの?」って言う人です。

    • mamako より:

      ・チビの母さま

      我が家は、もう、家族一丸となってやるしかないんですよね。
      パパ男も「下剋上受験」を読んで感動した人のうちの一人です。
      でも、残念ながら学歴が無いもんで、エリートとしての考え方や、勉強のやり方が全くわからないでいる夫婦なんです。

      しょうがないんですけどね。

      だから、我が家はみんなで試行錯誤なんです・・・

      しかも、一番邪魔している存在がママ子というオチなんですけど(;^_^A

タイトルとURLをコピーしました