自分が本当の毒親だと気がついた日

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

娘を愛していると。
可愛くて仕方がないと、そう思っていた。
娘のためなら、どんなことでもできる。そう思って、生きて来た。

だけど、娘の方はは、愛されていると、幸福だと思っていなかった。
母親の存在が、自分の存在が、娘をそこまで追い込んでいたなんて、気が付かなかった。

娘との口論の末に、彼女の口から飛び出した言葉で、全てが露わになった。

自分は、毒親認定です。

スポンサーリンク

中学1年生。毒親に怯えて、娘はずっと、我慢していた。

本人の意思だと思っていたこと。

「偏差値の良い学校に行くこと」

「通塾すること」

「良い成績をとること」

ママ子は、何度も、何度も問い直した。

ママ子:「アンタの人生なんだから、自分で選びなさいよ。お姉ちゃんと同じように生きていかなくても、アンタはアンタで、自分の好きな道を見つけて欲しい。」

何度もそう話して、育てて来たつもりだった。

しかし、次女nanaは、

「塾に行く」

「偏差値の高い学校に行きたい」

「〇〇大学をめざしたい」

と、返答してきたので、
”実際は勉強嫌いなのではないか”

と、ママ子は心の中で葛藤しながらも、我が子の目標達成のため、夢の実現のため、必死になって応援してきた。時には心を鬼にして。

もしかしたら、中学受検も、本人の意向ではなかったのかもしれない。

nanaが、望んだことならば、と。

心を鬼にして、良い成績を取るためにどうしたら良いか、アドバイスもしたし、授業も行った。

「そう言えば親が喜ぶから」本心ではないことを言う子ども

nanaの本心ではなかったのだ。

ママ子が喜ぶ答えをいつも探して、次女nanaは、答えていたのだ。

全てがウソであり、ママ子はその言葉を聞いて、鵜呑みにして「満足」していたのだろう。

自分のやりたいことも制限されて、
嫌いな勉強をさせられていたのだとしたら、
どんなにかツライ人生だったんだろうか。

まだ10代ちょっとの子どもが、いや、もっともっと幼い頃から、

親の喜ぶ言葉」をチョイスしなければならない現実に、縛られていたとしたら、

どんなに苦しかっただろうか。

リビング学習 ⇒ 四六時中、親に見張られる地獄

我が家は、貧乏で賃貸の狭小住まい。

本当に部屋の数が少ないので、子ども達の個人の部屋も存在しない。

ママ子の仕事部屋兼・子ども部屋があるが、
高校受験期からは、長女hanaがその部屋を占領しており、
必然的に次女nanaは、ずぅーっとリビング学習である。

 ⇒ リビング学習のデメリット

 ⇒ やっぱり苦しいリビング学習!受験生hana、図書館学習にハマる。

ママ子は、英語の勉強をしながら(ほぼ居眠りタイム)、次女nanaと同じテーブルで学習していた。

時折、次女nanaのカワイイ横顔を見ることを楽しみに、勉強していたつもりだった。

勉強中に顔を上げた時、目が合うと笑い合える、そんな喜びを、嬉しく思っていた。

しかし、ある日のこと。

些細な口論から、次女nanaは、本心を言い放った

nana:「自分はずっと居眠りしてるくせに、私がちょっとペンを置いただけで
”どうした?”
ってママは言うでしょ。

そうやって、ずぅーっと私のこと見張られてる私の身にもなってよ。

唐突な言葉で、何を言われているか、わからなかった。

見張ってた?

この私が、見張ってたって言うの?

いつも集中していないなぁ・・・とは思っていたけれど、見透かされていたのか?

ママ子としては、決して見張ってたわけではなく、
「ほっぺがふっくらしているなあ」

「爪イジリすると、爪の形が悪くなるよなあ」

とか、本当にnanaを見ていられることが、幸せで、嬉しかっただけなのに。

実際は、見張られていると、そう、nanaは感じていたのだ。

ずっと・・・ずっと・・・
それが、nanaにとっての現実だったのだ。

ママ子がリビングで一緒に勉強することは、次女nanaにとって、地獄であったのだ。

ママ子は、勉強を一緒にすることで、「勉強の大変さ」を共有しているつもりだったのに、

nanaにとっては、
居眠りばかりするバカ親に四六時中見張られているという、地獄であったのだ。

自分が毒親だということを、認めるしかない。

ママ子は、自分がそこまで我が子を苦しめていただなんて。

愛する我が子を、そんな目に遭わせていただなんて。

思いもよらなかったし、

そんなつもりは全く無かった。

しかし、次女nanaは、苦しんでいたのだ。

現実問題に、我が子を苦しめていた要因が、ママ子であったのだ。

だから、

だから

もう、母親として、失格だし、何をしていけば良いのか、考えねばならなかった。

ママ子:「じゃあ、ママ、nanaの勉強中は席をはずすね」

そう言って、避難することにした。

我が子の視界に入らないようにすることが、今のママ子が、nanaにしてあげられることなのだ。

母親の役割は、人それぞれ。自分の過干渉を反省。

ママ子は、ショックから立ち直れないでいる。

今も、

次女nanaの言葉が頭から離れない。

普段通り、元気な声を出して話すことはできるが、目をしっかりと合わせることが難しい。

カワイイ、愛する自分の娘が、とても遠く感じた。

これから、この子のために、自分は何ができるだろうか。

nanaの気持ちとしては、
母親は「すっこんでろ!」ってことなんだよな。
もう、過干渉をやめてほしくて、
巣立ちたいと思っているし、
今までものすごく我慢してきたんだろうな。

苦しかっただろう。

辛い思いをさせてしまっていたことが、身を切られるほど、ママ子には痛かった。

ママ子が、今、nanaにしてあげられること。

ママ子が今、nanaにしてあげられることは、解放してあげることだ。

その他には、

・ご飯をつくること、

・掃除、

・洗濯。

最低限の生活のサポート。

シンプルに、それだけを提供して、コミュニケーションをとる事を控えようと思った。

溺愛しすぎていた自分を恥じたし、本当に本当に、悪いことをしたと思う。

しかし

「なぜ、本当の事を言ってくれなかったの?!」

という、自分勝手な言葉も、未だに心の中で燻っている。

言わなかったのではない、nanaは、「言えなかった」んだろう。

ママ子の存在が、自分の存在が、愛する我が子の害悪であったと、思い知った時、

こんなにも、放心状態になるんだな、というほど、放心したし、一人になると涙が出て来て、止まらなくなる。

親子関係が修復できるまで、見守ることに注力します

次女nanaが、ママ子を許すか許さないか、わからない。

もう、嫌われちゃって、この先ずっとママ子のことが嫌いで「縁を切りたい」と言われるかもしれない。

わからないけれど、

ママ子はもう、勉強のことも、私生活のことも、口出しをしないように、見守ろうと思う。

もちろん、よそ様にご迷惑かけることや、命の危険にさらされる危ないことは、保護者として注意していくつもりだけれど。

親子関係が修復できるようになるには、

ママ子が黙る事が、離れることが一番だよね。

子離れする時期って、人それぞれだと思います。

ある日突然やってくる。

この日が来た、って。

涙が止まらない程寂しいけれど、ママ子は、子離れしなくちゃ、いけないね。

※ 関連記事 

  【教育虐待】毒親からの脱出大作戦【親目線】

  子育て


タイトルとURLをコピーしました