姉妹の中学受験勉強~ママ子、コピーロボットが欲しいッス~

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

姉妹の中学受験の勉強を、通塾もさせずに(←いや、通塾できる金銭的な余裕が無く)一人で請け負っているママ子。
ストレスが溜まってきて、爆発しそうになったので、ブログに綴っています。

スポンサーリンク

序:自分の時間が持てずに、ストレスが溜まりました

どうもこんにちは。

行事わんさかPTA、そして、仕事が溜まりに溜まって、新学期始まったっつーのに、全然暇な時間が来ない。ママ子のストレス警報が、アラートが鳴っています。

・・・

「ついこの間、ホッと一息とか言ってゴロ寝してたよな」

「ちょっとおやつタイムを逃したからと言って、大騒ぎしすぎですよね」

「一年中受験勉強してる娘はどうなるんだよ。本当に自分の事しか考えない毒親だな」

ンモー、ディスられ上手のママ子のこと、もう少し褒めてくれたっていいんじゃないの?

そんなこんなで、ママ子、中学受験勉強を頑張る子どものサポートをする傍ら、家事に仕事に、忙しくて自分の時間が無くなりました。

非常にストレスが溜まったので、この場をお借りして、ママ子、貧乏暇なしのストレスをぶちまけます。

母として『人のために生きる』という毎日

クサイっす。

クサすぎる。ママ子の放屁の話じゃないよ?このセリフの事だよ?

なんかさー、最近、ママ子、もう自分が誰だかわかんなくなってきた。なんだろう。ママ子じゃない誰かがママ子の身体にのりうつって・・・テキパキ(じゃないけど)仕事をこなしているような気がしてならない。

PTAモード、仕事モード、子育てモードと、それぞれの仮面をかぶってキャラ変。

ちなみに、

  • PTAモード
    ・・・ヘコヘコママ子。笑顔。無駄な事言わない。基本的にYESマン。ひたすら潤滑に作業が終わるために努力する母。
  • 仕事モード
    ・・・現在は主に自宅で仕事なので、基本的に誰にも会わない。その代わり、非常に無心で早く終わらせる事だけを考えて機械と化す。手を動かす。そんだけ。
  • 子育てモード
    ・・・限りなく本来の自分でいってるがしかし、立派な母親を演じようとする(ボロが出まくり)。すべては子供達のため。子供の事が一番。
    クロ現、Nスぺなど、本当は全然興味無いくせに興味深いっぷりをアピール。
    意識高い系にしては、バカすぎるリアクションを取る。
    ニュースも新聞も、実はそこまで好きではないが、
    子供達の前では、新聞読みながら時事問題を語るなどという、
    知識レベルではムリムリな状態に自ら身を投じてもだえ苦しむ40代オバサン。

アンタ誰?

スチャダラパーです。もうね、本当に自分を抑え込んでる(つもりの)生活です。

いや、受験生の親なんだから、暇してヌフフーーーンってしてるのもおかしい話だけど、
頭ん中が受験だ受験だって、大騒ぎしている割には、
全然なーんにも受験勉強のサポートできてないし。。

問題集のコピーが遅くなってしまって、
急遽別の問題集をやるという、臨機応変な態度を取りながら頑張っている長女hanaさん。

ママ子の役割である、「丸付け」が溜まってく一方。

問題集と参考書を照らし合わせて印つけといてあげようって、思ってるのに、
ここでブログ書いてるひどい親です。

我が子に関わる理由⇒親に見捨てられてたと思い込んでた過去。

前にも何度か、ママ子の親の事書いてたけど、

⇒ ママ子の高校受験と父と母。

⇒ 父親の存在。

高校から親元を離れて生活をしていたため、
親から捨てられたと勝手に思い込んで生きて来たところがある。

そう思いたかったのか。実際、そうだったのかはわからないけれど、ポーンって捨てられた感じしたんだよね。兄弟も多かったしね。

だから、ママ子は、子育てにこんなに熱くなっちゃうのかもしれない。

自分をつぶして抑え込んでも、子供達のためになる事を必死で探して、質の良い教育を施してやりたいと思っているのかもしれないね。

親って存在は、子供が思っているより、本当に大きい影響を子供に与えるんだ。無意識って怖いなあ、って本当に思った。それは、自覚しててあげないとなーって常日頃感じている事。

普段ママ子の被害に遭っているマイファミリーではあるが、子育てや勉強に関しては、全身全霊。出来る限りの事はやってやりたいって、思ってたんだけど。

爆弾娘と受験生にガチで向き合うの・・・『マジ無理』

長女hanaの受検にも、焦燥感とか緊張感が走る日々なのに、
ここへ来て、我が家の爆弾娘、次女のnanaさんとのバトルも勃発しまくっている。

ママ子が愛してやまない可愛い次女@nanaさんである。
このお方様が、本当にもう、やらかし大魔王でして・・・

忘れ物、嘘、誤魔化し、姉とのケンカ・・・

上の子の受験勉強中の、下の子の対応への苦悩

ママ子:「ワークやった?」

nana:「うん、もう終わったよ!」

何食わぬ顔で

ママ子:「じゃあ、丸付けしなくちゃね・・」

nana:「いいよいいよ、ママ、忙しいでしょ?私が自分でやっておくから、ね!」

ママ子:「ありがとう!!nana・・・本当に偉くなったね。成長したわ~」

と、涙ぐんで騙されたままにしておくと、後日、ものすごい点数のテストを持って帰ってきて、事件が発覚するのだ。

や   っ   て   な    い

あのね、やってないの。チェックしないとね、全然やらないの。ノートとか問題集とか開いた所をママ子に見せておいて、ダラダラと過ごし、ママ子が顔を出した時だけ、やってる風を装うという、オーソドックスなズルを、平気な顔でやっちゃうの。

この夏、ママ子の雷が何度落ちたか・・・

 参考:ガーン!60点?!~ランドセルの底に、ぐちゃぐちゃに入っていた答案~

しかし、このnanaという女、何故か勉強が嫌いではないらしい。

強制的に勉強させられる、ドリルなどは大嫌いなのだが、身体のこと、虫の事、理科実験などが大好きなのだ。

気が付くと勝手に「アリさんの観察日記」「カイコの観察日記」「手のしわの実験」などを書いているメモがたくさん出て来るのだ。

もう、こうなったらドリル学習とか学校の勉強はすべてやめさせて、好きな勉強だけさせようか?って思った事もあるんだけど、あまりに酷い点数見せられると、さすがに、「読み・書き・計算」の基本的なところは、身に着けさせた方が、将来的にも可能性を妨げるような事は無いだろうな・・・

なんて思っちゃって。

クソー。

狭いリビング学習でのデメリットも感じる日々

ママ子:「もうアンタ、ぜーんぶチェックだからね!」

nana:「めんどくさいなぁ・・・」

ママ子:「アンタが嘘つかなかったらこんな事にならないんだから!ママを信じさせてよ!ねえ、本当のnanaでいてくれよ!」

nana:「だってママが怒るとまた面倒なんだもん・・・」

ママ子:「なるべく怒らないようにするからー!!やるべき事はやってこ!ね!ほら、ママ、つきっきりでこの問題やるよ!!」

nana:「ブゥ~・・・」

その間、向い側で長女hanaは、黙々と勉強しており

hana:「ママ、ごめん、丸付けする問題集、溜まってきちゃった。私、自分でやろうか?」

ママ子:「hana、ほんとごめんね。いいのいいの!あんたが最優先なんだから、遠慮しないで! 
アーほら、nana!!それ違うじゃん、もう一回こっち!!」

nana:「ママ~、この問題全然わかんない」

・・・地獄である。

ママ子、本当にhanaの勉強に集中してやりたい。

つーか、勉強部屋作ってやりたい。邪魔でしかない、nanaとママ子。
 参考:リビング学習のデメリット

パパ男が早く帰って来た時は、パパ男に参戦してもらうも、パパ男はママ子よりも問題集の解説がイマイチなので、nanaのをやらせてもhanaのをやらせても、すげー不安なんだよな。

バカ家族って本当に嫌だ。

家庭教師にお願いしたい気持ちがよーくわかる。

現実逃避。パーマンの「コピーロボット」が欲しい。

子育ての悩は、子どもの成長段階において、さまざまである。

今は、自分の時間が欲しい。
パーマンのコピーロボットが欲しい。欲しすぎる。今すぐ。

今だけ,nanaの対応をお願いしたい。

nanaは、「パパじゃダメ」な所がある。ママっ子なんだよなあ。まだ三年生だし、甘えん坊なんだよなあ。

hanaには、ママ子が読んだ受験本の事とか、得意分野の事とかを伝えたりしたいので、やっぱりママ子がそばにいてあげたいんだよ。

パパ男には丸付けお願いしたいところだが、丸付けしていても、弱点とかアドバイスすべきポイントが発覚するので、結局ママ子がやりたい、って思っちゃうんだよなあ。

だからコピーロボット。

あーマジで。シンギュラリティポイントとか待ってらんない。

待ったとしても、この貧乏じゃあ買うお金も無いじゃん、って落ちなんだけどね。

てへぺろ。

オバサンのてへぺろ想像させて、すげー勢いでムカつかせてすみません。

何の役にも立たないうえにイライラというお土産つきで。

hanaの問題集と参考書の印付け、今からやるから。

ピーナッツバターたっぷりつけたサンドイッチ頬張りながら・・・

 [ad]

コメント

  1. チビの母 より:

    こんにちは。

    年齢が近いと特に忙しいと思いますよ。
    うちは学年でいうと5つ離れているから1年くらいはボケーーーっとしていても大丈夫です。

    nanaちゃん、本当にチビになっちゃいますよ(笑)
    チビも未だにそれやりますもん。
    漢検対策していると見せかけて、テーブルの下で「聖☆おにいさん」を読んでいます。
    「フフフ」という小さい声で「???」と思い見てみるとその光景。
    ご飯作る手も止まります。

    • ママ子mamako より:

      ・チビの母さま

      こんにちは!

      どわー、チビちゃん、いや、チビ先輩改め、パイセン!!

      でも、うちのnanaは・・・チビちゃんほど頑張り屋さんじゃありませんよ・・・
      もう、最近、nanaの事は諦めようというか、好きに生きてくれ、って思うようにしようと。
      ギリギリ勉強させても、良い事無いですもんね。姉妹だからと言って、中学受験をするのが当たり前みたいに思って欲しくないし(本人が「受験したい」って言い出したんですけどね。トホホ)

      気まぐれでやる気見せるのさえ辞めてくれたら、諦めもつくんですが、たまにスゴイ頑張った作品とかぶっ込まれると、揺らいじゃうんですよね~~。

      ちびちゃん、ママ子も、漫画読みたいッス。難しい本ばっかり読むの、疲れました(;^_^A

タイトルとURLをコピーしました