【推薦】私立高校の個別相談。用意しておくこと【併願優遇】

この記事は約4分で読めます。

中学3年生の二学期。都立が第一志望とはいえ、私立高校の志望校をどうするか、準備を進めなくてはならない。推薦は?併願優遇は?ママ子、保護者として完全に出遅れた!!
大慌てで必死で情報収集しましたんで、来年度の受験生に向けて、必要なことを記録しておきます!!

※序:はご挨拶文(駄文)です。お急ぎの方はスルーしてくださいませ。

序:2学期に、完全に出遅れた中学3年生保護者。

夏休み。コロナ禍、いつもよりちょびーっと短い夏休み。夏期講習の塾代で、我がボロ家は本気で傾き、貧乏料理に炭水化物が増えるので、さらに肥満気味のママ子。

受験生の天王山、夏が過ぎ、長女hanaの私立高校の志望校もほぼ決定。

あとは、第一志望の都立に向けて、全力で頑張るのみ。

そんな、夏。

ママ子、知らなかったの。
私立高校の受験準備を、保護者が色々手続きしなきゃならないってことを・・・。

がああーーーん!!!

こんなにハシゴを外された状況で、手探りの中進めていくなんて、マジで知らなかった。

コロナ禍で、塾でもそういう情報ながしてくれないの?それとも、ママ子、英検の勉強で色んなことをスルーしていたのだろうか。

とにかく、2学期になって、私立高校の恐ろしい現実を知って、唖然としたの・・・

・・・

「結局、この夏もまた太ったってことで、いいんだな?」

「正直申し上げて、家計に合わせた通塾を行った方が良いですよ。格差が広がる社会、もはや貧困層の方々に施されるお金も、少なくなっていきますから。」

「このブログ、受験の話が全然出てこない詐欺ブログだと思ってた!」

わはーん、ごめんなさい!!皆さま。

更新が遅れておりますが、記事をどんどんブラッシュアップしていく予定だから許して!!(泣

今回は、私立高校の個別面談について、2学期、九月に入って大慌てしたママ子。

私立高校受験に向けての準備についてまとめました。

1:夏休み中に情報収集&準備

1、志望校のピックアップ

2、通知表のコピー

3、あれば、各私立高校のメルマガ登録

あのね、夏休み中から、絶対に”受験する可能性のある私立高校”は、候補を挙げておくべき。

だいたい、5校くらいは挙げておいた方がいい。そして、学校ごとに異なるが、志望校でメルマガ登録できる学校は、必ず登録しておく。これ、最強。忘れないから。

夏休み中には、必ず、3年の1学期の通知表のコピーも、とっておくと安心。

保護者としての準備ね。

この3ステップは、必ずやっておくと、2学期スタートしてから全力でダッシュできるよ。

え?

ママ子はどうだったかって??

・・・

うわあああん、全部忘れて、やってなかったよーーーー(←大バカ)

他にも、駿台模試の申し込みを逃したり、Ⅴ模擬、W模擬の模擬スケジュールを立てていなかったり、マジで爆死してるよね。

2:説明会&個別相談&模試のスケジュールを立てる

1、各社の模試の予定を確認する(駿台模試・Ⅴ模擬・W模擬)

2、学校説明会のチェック(私立は特に、説明会に出席することを必須としている学校が多い)

3、私立高校の個別面談実施日のチェック

あのね、とりあえず夏休み中に、メルマガ登録して、説明会や個別相談日の日程を把握しておく。

スケジュールを立てる事がかなり重要になるので(親も子も忘れるから)、面談日や説明会実施日が決定している場合は、早めにチェックしておくことが大事!

個別相談の予約は、すぐに埋まるから!!

本当に気をつけてください。

通塾している人は、塾が模擬試験の案内を頻繁に出してくれるので、それをチェックして申し込みができるから、いいよね。ママ子は、その申し込みすら、、、おろそかにして、逃してしまった模試がありました(←人間のクズ)

愛する娘の人生を棒にふるような、本当に最悪な親だと、自己嫌悪に陥ったよ・・・

hanaのために、大慌てで準備するも、なかなか個別相談の予約ができずに、次回の予約日を待つ、ジリジリした日々を過ごしています。

3:個別相談での持ち物

1、通知表のコピー (これが思いっきり判断基準)

2、特別な活動などで成果があらわせるもの・英検・漢検など資格取得の控え

3、制服(親もちょっとシャレたオフィスカジュアル風がおススメ)

とにかく、内申点が判断基準になるので、通知表のコピーが必須。

夏休み中に、そんな親の大仕事があっただなんて・・・

ママ子は、そんな事実、知らなかった・・・

だから・・・学校に泣いて頼んでコピーを頂きました・・・

本当に、反省ばっかりの、2学期。不安ばかりが募る、受験生の2学期です。

私立高校の個別相談前、親の役割をしっかりと把握しよう!

とにかく、中学受検だけでなく、高校受験においても、情報収集はたいせつ。

私立高校の併願優遇を考えている方々は、特に早めのリサーチが大事です。

できれば夏までに色々と調べておくと、安心だと思います(←バカママ子は出遅れたけど)

私立高校の受験準備は、保護者が情報をリサーチしないと、
気が付いた時には個別相談が締め切り
という、最悪の事態になるので、ご注意いただきたい。

我が子の未来のため、義務教育最後の親の仕事だね。

全国のパパさん&ママさん、いっしょに頑張りましょう!

タイトルとURLをコピーしました