【自爆】10日で英検準2級【無理ゲー】

この記事は約6分で読めます。

中学2年生のhana。10月の英検準2級を取得予定です。
でも、忙しすぎて、全然勉強ができない!!!
絶体絶命の状況で、チャレンジしました。
当時のドタバタの記録です。
「序」はご挨拶文なので、お急ぎの方はスルーしてくださいませ。

序:PTAのストレスがハンパない。

完全にメンタルのヘルスがやられて、涙が止まらなくなる事態が発生したここ数日間。いよいよ精神科のドクター探して受診するしかないかな。

今日は、午前中にPTAの雑務(死ぬほどめんどくさい業務)をこなし、

「なんであたし、こんなことやってんだろう。クソー、バカー!死ぬーー!」

ってまた悔し泣きをしながらどうにか終わらせて。

つーーか、
その間に仕事のメールの処理だとか別件で請け負った仕事の報告したりしながら、
頭の中が次第に混乱してきて、
在宅の仕事っちゃあ、
バカには無理ゲーかもしれねえ!
つってまた泣きたくなったりして。
あ、悪いけど、この仕事、全然お金にならないやつね。
全然儲からない。ママ子の技量が悪すぎて。

・・・
「身の程知らずのバカが一番厄介だな」

「仕事は家庭に持ち込みません。もちろん丸の内ですので在宅ではないのですが。」

「内職だろ、家の中段ボールだらけなんだろ?」

ホント、すごい低い賃金・・・修行中だからしょうがないんだけど、ママ子、今勉強しながら収入源を確かなものにしようとしてるんだよね。
何の仕事かって?ヌフフ、それは内緒だけど、ママ子がやるとしたら永遠に稼ぎ悪そうな仕事だよっ!!チクショー。

今日は長女hanaの検定の状況を備忘録として書いてみます。

優等生。ママ子の娘じゃないみたい。

我が家の長女hana。現在中学2年生。

ママ子と中学受験の死闘を繰り広げ、不合格という結果に血の涙を流し、
地元の中学校でひたむきに勉強に励んでいるhanaである。

志望校は絶対に曲げない、
不合格をもらった当日に決めた志望校を絶対に曲げない、
まさしく怨念を抱えて生きているhana。

中学入学と同時に、入塾。
その結果、我が家は火の車だが、hanaのためなら貧乏に耐える、
耐え抜くと心に決めたママ子。

あれだけファッションが大好きだったママ子が(←奇抜で変な趣向のファッション@安物買いの銭失い)、洋服をいかに買わずに過ごすかを必死に考え、制服のように衣服を着まわすオバサンと化した。パパ男の血と汗と涙のお給料を塾代に。生活費を削って塾代に。

その結果hanaは、塾で素晴らしい仲間と出会い、グングン勉強をした。

hana:「塾に行かせてくれてありがとう。パパとママの苦労を絶対に無駄にしない」

思春期女子がそんな言葉を放って、勉強する。

ただ、うちの子、親のママ子に全然似ずにめちゃくそに可愛いので、男子とのアンナことやコンナ事も色々あるみたいだけど、もうね、悩んだ末に過干渉はやめたの。本人に任せることにしている。

『過干渉をやめてみよう』
https://mezaseto-dai.com/2019/07/10/stopedover%e2%80%90interference/

もう、ママ子の娘じゃないみたい・・・どんどん遠くに行くhana。

学校の成績は文句無し。優等生。
塾の成績はジェットコースターだったけど、最近は少しずつ安定してきた。

高校受験のための漢検と英検。

都立一般入試(もしくは、うまくいけば推薦入試)を目指しているhanaである。都立一般入試考えると漢検・英検やってる場合じゃねーだろ、ってお考えもあるかもしれないんだけども、一応、我が家は最低限受けようって方針。

塾のテストと定期テストとその他の委員業務(生徒会じゃないけど代表っぽいのをやっている)その他、学校関係の任務があり、もはや漢検・英検とか、どうやったって無理なんだよね。勉強する時間ないじゃん!って、ママ子としては思うんだけど、周囲の子が受けるって言ってるらしくて、

hana:「やっぱ、この時期に受けておかないと、来年は3年生だし、受験勉強に費やしたいよね」

なんて言ってるから、

ママ子:「アンタ、受けるのはいいけど、受かってよ・・・級が上がるにつれて、なんで受験料もアップするんだろーね。ほんと嫌になっちゃう・・・」

とブーたれるママ子。

漢検と英検は、2019年第一回6月のやつで3級を取得済み。

次は準2級を受けようっつってね。それがもう、受験料5000円じゃんよ!!高いっつーの。貧乏人は検定も受けさせてもらえねーのかよっ!!

ママ子:「アンタ、今回自信ないなら受けないでよ!!ちゃんと考えてから申し込むからね。本当にいい加減な気持ちで受けないで!よーく考えて、受けるなら一発合格してよ!!頼むよ!!」

hana:「ママ・・・そんなに必死に言わなくてもわかってるよ・・・一応、受かるつもりで受けるからさ。受けさせてよ。」

そこまでhanaに言わせるママ子は鬼だけれども、とにかくこの時期に英検準2級は取得しておきたいんだそうだ。一応準備しなきゃっつって、問題集と『出る単』みたいなやつ買ってさ。

受ける方向で決着がついた。

実質、英検準2級は10日ほどの勉強でチャレンジ

夏休み中は7月中に、やっつけ仕事で宿題を全て終わらせ(自由研究と作文含む)、夏期講習と、学校関係の研修(←言えないけど、hanaが代表でやらなくちゃならないやつ)があって、ずぅーっと勉強できず。

そして、夏休み明けに定期テストだろ?

その次の日に塾のテスト。その直後、10日後くらいだっけ?・・・

英検準2級の試験日。

実質、10日くらいしか勉強していないだろ。ママ子からしたら、考えらんない。いや、塾での英語が進んでいるからといって・・・救いといえば、hanaは、英語が好きなんだよな。全ての教科の中で英語が一番得意みたい。

その理由は、中学受験に落ちたその日から、hanaは、ネットの無料動画で英語の授業を受けた。泣きながら泣きながら、英語を勉強しはじめたのだ。アルファベットからの。ハローとか、グッドもーにんとか、その辺から始めたんだよ。無料のネット動画で。それが功を奏して、中学に入学してからは、英語がみるみる上達して、塾で良い先生にも恵まれて、今では得意教科となった。

でも、さすがに10日は無いだろうな。

過去問、全部解いてないぞ?リスニングの勉強だって、中途半端だったんじゃないか?確実に落ちちゃってるんじゃないか?

英検の試験日、おそるおそる手ごたえを聞いてみた。

ママ子:「ねえ・・・試験、どうだった?難しかったでしょ?」

hana:「はぁ・・・うーん・・・ふつう。」

ママ子:「アンタ!ふつーってどういう意味よ!!落ちちゃったってこと?正直に言ってよ!!ダメだったんでしょ、難しかったよねえ。勉強全然できなかったもんねえ!!」

hana:「うーん、わかんないよ、ふつうだよ、ふつう」

クッソー、ふつうってなんだよ。

合格発表まで待てないママ子なのでした。

つーか、英検の合格発表なんて、
二次試験の直前まで知る事できなかったんだよ!
うちのhanaが自分の受験番号どっかにやっちゃって。

今度そんな事になったら、絶対面接も不合格だよね。

グルグルと無駄な妄想で労力を取られるママ子なんでありました。。。

受検結果、どうなることやら。トホホだよ。

タイトルとURLをコピーしました