小中高大、9月入学制度は、是か非か。

この記事は約8分で読めます。

新型コロナウイルスで休校中の子ども達。
首都圏はもはや、5月の連休明けも休校を延長する流れになっている。

そんな中、「9月入学制度」の提案について、
「中学3年生&小学校6年生(受験生)の子供がいる、貧乏バカ親」
の立場で、考えてみました。

※「序」は、雑文のため、スルー推奨です。お急ぎの方は目次の2番からどうぞ♪

序:ご来場ありがとうございます!(スルー推奨)

あー、本当に不安でストレスばかり溜まる日々。
そんな大変な日々に、この、ろくでもないバカブログに来てくださって、ママ子は本当に感激しております。
しかも、「序」の部分、絶対読んでいる人いないと思うんだけ
万が一読んで下さっていたら・・・

涙モンで嬉しいッス。ありがとうございます。
読者の期待を裏切らず、誠心誠意、
これからもバカママ子の一面を披露していきます!

・・・
「おい、ファン宛てを気取るんじゃねえ。マジでこのブログ炎上させてやろうか。」

「正直、この部分を読んでる方は皆無ですよ。目次から飛んでスルーしていますからご安心ください」

「クソだな!!この劣悪なブログを早く閉鎖した方が喜ぶ奴が多いぞ。」

ギャハハハ!わかってるってば!
コロナ孤独でアンタ、ママ子の「ごっこ」遊びに付き合わせて、すみませんでした!

さあ、今日は、問題山積みの日本国、「9月入学制度」について、
僭越ながら、貧乏バカ親の立場として、考えてみました!

9月入学に賛成か、反対か。

あのさ。結論先に言わせて。

9月入学は、めっちゃ賛成。だけど、今年は無理だろ!

つーのが、ママ子の意見です。

だって、アンタ、5月一か月休校して、6月から学校再開?
もしくは、議論始まって、3か月で、体制整えられるか?

とっかかり、9月にするって決定しても、うちらの学年、どうすんの?

受験生、どうすんの?

入試、どうすんの?

完全に、受験生、宙ぶらりんだよね。

学校だけじゃなく、社会全体を一気に3か月で、大革命するってか?
あの安倍政権に任せられる?

公的な学校のオンラインICT授業の制度も全然できていない。
コロナで自粛要請した後は、ゴニョゴニョして、
国民や企業の生活の補償することですら、全然明確にならない。
補償申請連絡しても、3密の役所で長時間待ち。申し込んでも返事来ない。

あんな人達に、日本全体を一気に変えられるか?
秋入学を実施している大学の先生達、協力してくれるか
教育全体わかってて、改革できる人、連れて来れるか?

あー、ゼェゼェするぜ。
ストレス爆発させてしまって、すみません。

そうは言っても、もどかしいのはみんな一緒だよね。
ママ子は、全然政治とか詳しくない。
だけど、9月入学に改革することは、良いチャンス。

「できるのか、できないのか」が、問題になってくると思う。

9月入学制度のメリット・デメリット

9月入学制度のメリット

メリットは、言わずもがなだろうけど。まとめると以下3つかな。

グローバル化
入試時期(ウイルス流行を避けられる)
就職活動の自由化(終身雇用の崩壊)

グローバル化

 9月入学だったら、海外の大学にスムーズに入学できる。
 ただ、日本の大学から、学生消えちゃうんじゃないの?って思うよね。
 良い人材、みーんな海外の大学に行く。
 ママ子、それでも良いと思う。

 古き良き日本を好んでくれる海外からの留学生たちが、日本に来て、学んで、日本を良くしてくれるんだったら、それも嬉しいし。

鎖国は終わりだよね。

日本も、どんどん海外の良いところを学ぶべきだ。

もちろん、日本の良い部分は、絶対に大切にしていきたい。
日本人だけが「それができる!」ってわけでもないし。
青い目の首相が、日本のリーダーシップとってくれるのも、アリだと思う。

国民のことを全然理解できないヨボヨボの政治家は、いらない。

入試時期(ウイルス流行時期を避けられる)

もうさ、インフルや、ノロウイルスに怯えながら生活することが無くなるのは、非常に嬉しいことだよね。

海外みたいに、6月から8月まで、夏場を三か月間の休みにするかどうかは、日本の考え方次第だろうけど。

ママ子は、高校生以降は、3か月間休みを取る事に、賛成
その3か月の間、短期留学して色々な国の活動に興味を持ったり、ボランティア活動をしてみたり、資格を取る勉強したり、国が、そういう所にお金を工面してくれたら、自主的に学ぶ学生さん、増えるんじゃないかなあ。

もちろん、めっちゃアルバイトして、お金貯めて、
学生投資家になる!
ってのも楽しいかもしれない。

就職活動の自由化。

あのさ、今どき、終身雇用って、公務員とか?
終身雇用制度なんて、もう崩壊してるんだよね?

ママ子、勉強してないから、よくわからないけれど
世の中、転職して、キャリアアップ!って人が主流だよね。

ママ子も、大賛成。
絶対その方がいいよ。自分で稼ぐ感あるもの。
若い頃、色々な分野の仕事を垣間見て来たママ子。
今になってその経験が、有り難いな!って思う事、あるもの。
(子供達に話してやれるぐらいだけど・・・(;^_^A)

日本は、もう少し、個人主義になった方がいい。

教育も、
もっと、親や家族、地域や社会が子供を育てる意識を持った方が良いと思う。
「教育は、学校にお任せ」じゃあ、
悪しき日本の習慣は変わらないと思うなあ。

9月入学のデメリット・問題点

ママ子本人は、デメリットが無いと思っているが、
デメリットと言うのは、以下2点かな。

・社会全体が、大改革しなくちゃならない。


改革には、ものすごーーーく労力がかかる。

もう、日本が変わる。

そんぐらい劇的な変化をもたらすよね。

あーあ、やるのは賛成だから、
今年慌ててやらないで欲しいなあ。
やるなら様子見ながら変えていこうよ・・・
個人的には、うちの子たち、受験生なもんで。

問題点は、山積み。つーか、気が遠くなるほど不可能

あのさ、上にも書いたけど、問題点山積み過ぎるんだよね。

2020年の9月から、この「9月入学制度」をやるには、

時間が無い。

最大の問題は、時間が無い。
絶対に今から3か月では、方向性も、計画も見いだせないのでは?
という不安。

今の子供達、どうすんの?

政府:「よしきた!国民の声を聞くぜ!9月入学制度、前向きに検討!決定!」

つって、3か月でスタートさせる準備で、モーレツに日本国が動いたとするよ?

そしたら、今の子供達、どうすんの?

文科省:「うん、オッケ!3か月、ずっとプリントやっててね。うん!」

つって、

3か月後・・・

政府:「うわわーーん、9月の入学制度、間に合わないよう~!!!」

専門家:「コロナ、2回目のパンデミックしちゃってまぁーす!」

政府:「休校!やっぱ休校!」

とか、そんな悲劇起こったら、どうするんだい?

あのさ。

まず、現状を見て、問題解決した方がいいと思う。

バカ親が勝手に提案させてもらう。

提案コーナー。もうね。今日、すんげー熱い。
貧乏バカ親の立場から、色々提案させてほしい。

オンライン授業・ネットでのテスト・課題提出を実現させる

とにかく、いつ緊急事態が起きても大丈夫な制度作ったら?

これからバンバンウイルスが流行して、

「休校!」

「ハイまた休校!」

つったら、マジで日本の教育凍結するよね。

家で授業受けられる制度を完全に充実させて
「ネットの授業で勉強するよ!テストもネットで提出してね!」
って言う方が、全体としての学びは止まらずに、いけると思う。

留年制度も採り入れれば、自分に合ったペースの学習が進められるのかな、って思うよね。「ヤバい、留年したくない!」って思えば、逆に勉強する習慣もつくかも。

それと並行して、9月入学制度も、徐々に進めていけばいんじゃないの?

全国の教育委員会・公立学校の先生にアンケートをとってみる

あのさ、実際に、現場で負担かかるのって、教育委員会と、学校の先生だよね?

学校の先生に、
「できる?できない?」

「何に困ってる?」

「どうしてほしいの?」

って、聞いて、統計取ってみればいいと思う。

つーか、文科省って、ちゃんとそういうことやってんのかな。

日本の教育予算、挙げてくれ。「飛び級」も賛成。

もうさ、日本を豊かな国にしたかったら、もっと教育にお金使うべき。それは、
「教育は学校にお任せ」じゃなくて
学習スキルとか、「学ぶ」ことを提供するツールを確立させるってこと。

「もっと良い学校に行きたかったら塾に行ってね!」じゃなくて、
チャンスを与えられる教育にすればいいのよ。

ママ子は「飛び級」にも大賛成。
森鴎外だって、小学6年で東大理Ⅲに入れる学力持ってたんだから、
日本のそーゆースゴイ人は、どんどん育てて世界や社会の役に立って欲しい。

外野は言いたい放題、政治家はリーダーシップゼロ。

政治家の皆さん、すんません・・・
ママ子、言いたい事、言いまくりました。

あのね、東大も何年か前に「9月入学」実現させよーとしたんだよね。だけど、保護者の反対やら、その他の問題山積みで、実現できなかった。

それをやろうとしてるんだから、そりゃあ大変だよね。

ニュース・ワイドショー・ツイッター。

外野は、言いたい事言う。実際に必死でやってる人達や、現場の問題、現状の事、全然知らないで、意見だけは、言う。
言論の自由があるから、言えるわけだけれど、果たして議論の場に行けない私たち、その他の人々は、どうしたら本当に正しい事ができるのだろうか、って思う。

そうだけど、ここ数か月の政府、特に安倍首相には、心から失望してる。

パパ男の一言に、女子全員が納得。

毎日流れるコロナニュース。
熱弁するゲストコメンテーター。

北海道の知事、鈴木直道(すずき なおみち)氏の、コロナ対応がすごく的確だったと、絶賛するママ子と長女hana。

テレビを一緒に見ながら、

パパ男:「北海道の知事、すげえよな。こーゆーのって、すっげー若いイケメンが改革やると、対応が全然違うんだよな

ボソっとこぼすパパ男に、
激しく、超激しく同意したのであります。
そうだ。「それな!!!」
我が家の女子、全員が深く頷いた。

世の中のアラフォーが熱狂するイケメンが首相になったら、
ニッポン、すんげー元気になりそ。

⇒ コロナ禍、担任の先生からのお電話。中3、長女hana編。


タイトルとURLをコピーしました