2021都立高校推薦入試の記録。入試前の最終チェックリスト

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

2021年、都立高校推薦入試が終了。結果発表は2月2日です。
今回は、ママ子の大失態をもとに、
入試前日までにチェックしておくべき
最終チェックリスト(ママ子流)」も作成したので、
入試前に必ずチェックして、落ち着いた状況で入試をお迎えください。

スポンサーリンク

マジで死ぬかと思った!入試本番の朝!!(実話)

あのさ、なんでこう、バカって色々ハプニング起こるんだろうね?

ママ子、入試前日にすっげー準備して、
・当日のシュミレーションまでバッチリで、
・起床時間
・出発時間
・乗り換えチェックなどを万全にして準備したのよ??

今回、時間に余裕をもって、落ち着いて行けるね!
なぁーんて、我ながらもう、
あたしったら、完璧ママさん♪」っつって、早めに就寝。

それなのに・・・

推薦入試当日の朝、不慮の事故ばっか。

翌朝、最寄り駅が複数あることに不安になり、
入試関係のプリント紛失していることに気が付くママ子。
ひととおりの阿鼻叫喚の後、

家を出る直前に我が子の靴が、クソ汚いことが発覚!!!

ママ子:「ぎゃああああああ!!!神聖なる面接にアンタ、そのボロボロの靴でぇええ??」

hanaは、キョトン顔。
そう、この子、すっげーズボラでお花畑。
勉強以外は、マジで考え無しっていうか、無頓着なの…

マジックリン&ボロ雑巾で必死に汚れを拭き取るママ子・・・

もう、ほんっとうに辞めて~。頼むから、こんなことで遅刻とか、マジで…

その場しのぎの汚れ落としで、やっとこさ、出発!!
全速力で自転車をこいで駅に行く途中に、

ママ子:「ぎゃああああ!!!マスク忘れた!!マスク!!

自分がNOマスクだという事に気が付き、
再度、ママチャリに乗ったメスイノシシ(ママ子)が暴走して帰宅。

長女hanaは、呆れた様子でママ子の狼狽の状況を受け入れるしかなかった。
付き添い役というよりも、完全に邪魔&足引っ張る役を果たしきったママ子

・・・

「これ、完全にhanaが一人で行った方が良かったやつだよな?」

「お子様が不憫で仕方ありません…一生後悔しますよ…」

「こんなハンデ背負わせて推薦入試に突っ込んだのかよ!!絶望的だな!!」

ぎゃーん、ごめん、本当に最低の親だよねえ…

今回ほど、自分の愚かさと酷さを恨んだことが無かったマジで…
だから、ママ子、入試前のチェックリストを作りました。
前日までにチェックして、当日ママ子のように狼狽することなく、万全の状態で入試にのぞもう。

推薦入試に遅刻するかもしれないという、最大の危機!!

どんなに急いだ気持ちでいたって、電車は定刻に動くし、停車する。
いつも乗る電車が、ものすごく遅く走っているように感じる。

「アンタ!!いいから〇〇駅まで吹っ飛ばしてよ!!うちのhanaの専用電車になってよ!!」

ママ子の自分勝手を最大のボリュームにして、運転手さんにお願いしたかったが、グッとこらえる。

遅刻したらどうしよう…失格になったら、どうしよう…

こうなったら、ダッシュだな。駅から降りたら、すぐダッシュ。

ママ子:「hana、電車下りたら走るよ!!!」

hana:「え?!そんなに慌てる時間かなぁ・・・?」

入試直前に全速力で走らせ、頭の回転を最高潮にもっていく作戦

ママ子:「いいから!!スポーツは、脳の回転をよくするんだよ!!
試験前に走って、少しでもアンタの脳を活性化させて送り出してやりたいんだ!!」

hanaは、この日、生理の2日目。
ママ子、この事実をすっかり忘れていたの・・・本当に酷いよね。
拷問に近いことを強いるママ子。これが本当の毒親だ。

hana:「うーん…」

落ち着いて、小論文(作文)の準備させてやれよ…

って、今思うと冷静に判断できるんだけど、
ママ子は遅刻ギリギリのこの状況が怖くてたまらない。
一刻も早く、志望校まで送り届けてやらなくちゃ。

まさか、ママ子のせいで、我が子の人生を台無しにしてしまうなんて・・・

やだ・・・それだけは、本当にいやだ・・・

全力ダッシュする親子。ママ子とhana、髪を振り乱し、走る・走る!走る!!

マスクがズボっと口に入り窒息寸前の状況になるまで息切れ。
苦しい。

ゼエ・ゼエ・ゼエ・ゼエ・・・

ついに志望校の門まで到着!!我が子を見送る、毒親ママ子

すると…志望校の門が見えて来た。推薦入試の会場だ。

hana:「わぁ~!ほんとだ!!走ると気持ちいいね!ママ、緊張がほどけたみたいだよ。」

ふんわりと笑顔を見せるhana・・・

この子は・・・こんなに酷い目に遭わせているのに。
イライラすることもせず、
ママ子を責めることばを一言も口にしなかった。

推薦入試を受けるであろう生徒さまと保護者さまをチラホラと発見。
まだ時間は大丈夫みたいだ。

遅刻ギリギリセーフ。

hana:「ママ、みんな頭良さそうだよ。あたしたち、一番バカっぽいね!
と、いたずらっぽく笑い、
hanaが、落ち着いた様子で、スっと立ち止まった。

hana:「ママ、もうここでいいよ。じゃあね、ママ。行ってきます。」

両肩でゼエゼエと息を切らし、断末魔の状況であるママ子、声を絞り出した。

ママ子:「hana、頑張って。いってらっしゃい!」

い・・・・言えた・・・

笑顔で手を振り、学校に入るhana…

二度と、振り返ることなく、推薦入試会場に向かったのだった。

教訓:入試前のチェックリスト(推薦入試バージョンあり)

もうね、ママ子、今回の大失態を教訓にしたいと思う。
ママ子と同じような失敗する人は、まずいないと思うけど、
そんでもやっぱ、受験前の準備って、本当に大事!
完璧だと思っていても、少なからず見落としがあるので、
くれぐれも抜かりなく、準備して頂きたいと思って、ブログを書きました。

下記のことを前日からしっかりとチェックしておくことをおすすめします。

<一般入試・推薦入試共通>

志望校へのアクセス
(お子様一人で入試会場まで行く場合は、1度行った学校でも実際に最寄り駅からの徒歩で迷子になる場合もあるので、徒歩の経路まで要チェック!!)
・電車やバス移動のための、PASMOやSuicaのチャージ

・当日のタイムスケジュール
・持ち物(各学校の受検票や配布されたプリントを確認)
・入試当日の天気予報チェック(←意外とこれ大事)
家を出る前のマスクと予備マスクを入れておく!!(←ママ子の大失態からの教訓)

※親が付き添う場合
・入試後の待ち合わせや、連絡(スマホ所持の場合の学校側の対応も確認)

<推薦入試>上記内容に加えて必要な準備

推薦入試をお受けになる場合は、保護者の方が身だしなみのチェックなどを行ってあげると、お子様が安心して受験できるかと思います。(←我が家はこれも最悪だったので、教訓として申し添えます)

・制服のチェック
 アイロンかけ。(女子の場合はスカートのプリーツの具合もチェック)ボタン・ほつれ・ホコリ・変なシワなどが無いようにしておく。(名札など付属品もチェック)

靴のチェック
上履きが汚れていないか、実際に登校する靴は汚れていないか、要チェック!(←我が家はこれで時間をロスし、翻弄されました
前日までに「ある程度清潔」なレベルまで汚れを落としておくと安心。

推薦入試は「落ちるのが当たり前」と思わなくちゃ

ママ子は、中学校3年間、頑張ってきた長女hanaを見て来た。
病める時も健やかなるときも、志望校目指して頑張ってきた我が子を見て来た。

だから、絶対に、合格してほしいって思っている。

だけど、ママ子たちと同じ熱量の親子が、同じぶんだけ、あの入試会場にはいらっしゃるんだ。

塾の先生も、学校の先生も、

推薦入試に落ちても、落ち込む必要はない

と言ってくださっている。

本当に、そう思わなくちゃ。

一般入試に向けて、hanaは、すぐに勉強に取り掛かっている。
ママ子は前回のブログで、落ち込んだ気持ちを吐き出してしまいました。
参考:落ちるとわかっていても、生きた心地がしません(母)

ごめんね。
落ち込んでばかりもいられないって思って、またブログ書いた。
親がしっかりしててあげる、落ち着いていることが、受験生にとっては一番だものね(←推薦入試で大失敗した人w)

しっかり準備をして、都立高校一般入試にのぞもう!!

今日で1月が終わる。

2月になったら、私立などの併願校の入試が始まる。

今回の推薦入試で、入試前の準備が、本当に大切だという事を知りました。

ママ子、今度こそは我が子の邪魔をせず、しっかりと準備して入試までの日々を過ごしたい。

今度こそ、桜が咲きますように。

コメント

  1. 二人とも(とママ子さん)、頑張ってきたから、最後まで集中しよ。
    あ、絶対お子さんの姿、写真に撮っておきましょう! 後者はいる後ろ姿とか。絶対後々の記念になるから

    • ママ子ママ子 より:

      ・フンメルノート様
      ありがとうございます。
      最後まで、あきらめず、我が子の邪魔をしないように、サポートしていきたいです。

      写真・・・ママ子、実は、撮れなかったんですよ(泣

      後ろ姿を撮影されてる保護者の方がいらっしゃって、
      その風景が、すごく美しかったです。
      親の愛が滲み出ていました。

      一般入試では、撮影できるかしら。

  2. フンメルノート より:

    >写真・・・ママ子、実は、撮れなかったんですよ(泣

    えぇぇぇぇ。他人からどう見られようと絶対撮っておこうよ。一生に一度歩かないかの記録。たとえピンボケでも斜めの構図でも指がレンズにかぶっていても、その日の天気、校舎、周りの人々、本人の姿….

    さもなければ玄関で行ってきます!の瞬間でもいいんです。

    • ママ子ママ子 より:

      ・フンメルノートさま

      ありがとうございます~!
      ほんと、人生の岐路の写真として貴重な一枚ですね。

      今年はコロナで、検温やらなにやら、色々大変でした(;^_^A
      他人の目が気になるというよりは、ママ子が色んな思いが込み上げて撮影できなくて(泣
      玄関だったらできるかな。
      そうできるように、再チャレンジしますね。

  3. みかん より:

    ママ子さん初めまして。
    2008年生まれ、2021年公立中高一貫校受検の末、桜が散った娘を持つ母です。下にも子供がいます。
    我が家は経済的に私立中学に行かせられないため、リーズナブルなのに質の高い教育環境を得られる公立中高一貫校に絞って受検させましたが…落ちました。
    ママ子さんがお子さんたちに愛情を持って応援されていることがブログから伝わってきます。
    私も落ち込んでばかりではなく参考にしていただきます!
    足跡がわりに書き込みさせていただきました。
    これからも読ませていただきます。

    • ママ子ママ子 より:

      ・みかん様

      お返事が大変遅くなってしまって、申し訳ありません!!!
      お察しの理由で、ブログにログインできておりませんでした。
      今日、久しぶりに開いてみたら、みかん様のコメントが…
      さぞや、苦しい、大変な思いをされていたのではないかと、お察しいたします。
      その後、いかがお過ごしでしたか?
      気持ちは少し、落ち着きましたか?

      お嬢様、我が家の次女nana同級生ですね。
      しかも、経済的な理由も、、我が家よりはきっと上流であろうとお察ししますが、同じような状況。
      このブログにたどり着いてくださって、ありがとうございます。

      どんな状況であろうと、一緒に子育てを頑張っているママさんがいらっしゃる、そう思えるだけでママ子も勇気を持つことができます。
      だから、みかん様が足跡をつけてくださって、とても嬉しいです。

      ママ子のブログは、皆さまのお目汚しばっかりで申し訳ないのですが、是非、また優越感に浸りにいらしてくださいね。
      どんなに転んだって、くじけないで立ち上がろうとしているママ子が、ここにいます。

タイトルとURLをコピーしました