合わない!!!親子の相性。

この記事は約6分で読めます。

ストレスが溜まると食欲に走るタイプ。ついでに酒にも走るタイプ。

「もうどうにでもなれ!」という、破滅型。依存症の典型を明るく具現化した女、ママ子です。

・・・

「ふざけんなよ、これが子を持つ母親の言う言葉か」

「アダルトチルドレンを生み出す問題の輪廻。ご愁傷様です」

「食って飲んで、何が勉強だバカ!世の受験生に謝れ!!」

すんません。必死で子育てしてるんス。親の思いは子に伝わらず、子の思いにも、親として向き合ってあげられていないのかな…

今日は、次女nana vs ママ子の話。

レッツ勉勉(べんべん)!

いざ、受験に向かって頑張ろうと、色々とママ子は学習計画を立てた。

nanaには、基礎学力が足りないから、基礎学力の強化を最優先に考えて、習っている算盤も継続し、6月の漢字検定も受ける、学校の勉強も手を抜かない…

二学期の通知表での算数の評価「もう少し」を改善すべく、アウトプットの時間も確保し…

考えれば考えるほど、

時間が足りない。めっちゃ足りない。

焦るが

ママ子:「これからは、ママはnanaのこと、塾の生徒さんみたいに扱うから、お勉強の時間は、ママのこと先生だと思ってやっていこうね。そうすればお互い冷静でいられるよね」

そう決めて、お互い瞬間湯沸かし器(短気)である自分達の欠点を克服すべく対策を取ってみる。最初の1日は、これでイケた。ある意味、理想的なやりとりに、二人でウットリ…

ママ子:「nana子さん、すっごく字もキレイよ~!あ、でもね、ここちょっと間違ってるね。あー惜しい!あとチョットなのに惜しかった!ここできたら100点なのに!!」

nana:「はい!解き直しします、ママ、このプリントも丸付けお願いします!!」

敬語。軽く「学校ゴッコ」のようなテイストでのやりとり。これでいい。これでいくしかない。そんな穏やかな勉強タイムは、わずか1日で崩壊する。

成績に直結するんだっつーの!忘れ物問題。

次の日、掃除機をかけていたら、学校へ提出するプリントを、発見。昨日の夜、プリントを沢山頑張ったのだが、宿題プリントがその自宅でのプリントに紛れ込んでいたのだ…

前日、

ママ子:「都立中受検は、内申の成績も関わってくるから、5年生からの学校の成績は、今よりも良くなるように努力しなくちゃいけないよ」

ママ子:「ほんっとに忘れ物ないよね?プリント、ちゃんとカバンに入れた??ねえ、宿題忘れてない??ねえ?ねえ??」

nana:「ママ~…そんなに騒がなくても大丈夫だよ、全部入れたよ」

呆れ顔でそういうnanaに、

ママ子:「偉い!しっかりしてきたね!その調子!!!」などと感動してたのに。

思いっきり忘れてる。バッチリ忘れてる。

こ、このやろ――――――!!!!

誰もいない部屋で一人、どんだけ地団太踏んだことか!

ドンドン、ドッスドッス!!!怒りがおさまらない。ある意味一人で良かったほんと。子供にこんな怪獣みたいな状況見せられない。ギャアア!!むかつくーーー!!!ドッスドッス!!

帰宅したnanaを仁王立ちして待ち構え

ママ子:「アンター!!!!プリント!!忘れてったでしょ!!どういうつもりなのよーーー!!!昨日あんだけ言ったのに!!!!」

ブヒョーッ、ブヒョー、すんごい剣幕。鬼ブタの形相。

nanaも、まずいって顔してる。

頑張ってプリント沢山やったから、眠くなるまでやったから、プリントがごちゃ混ぜになっちゃって、結局、カバンに入れるのを忘れた…

だらしないのはママ子譲り。忘れんぼなのもママ子譲り。

お説教の時間が勉強時間を上回っちゃう…

夕方(ママ子がご飯作ってる間)や、夜の時間は、勉強時間。貴重な時間。一分でも惜しい。

勉強が遅れてる。早く基礎を完璧にしてやりたい。演習問題に入りたい。5年生の範囲に進みたい。

ママ子の思いとは裏腹に、

「思い通りに動いてくれないnana」

に、悔しさを覚えた。

ほら、今、すごく酷い事いった。あたしは、子供を「思い通り」に動かしたいわけじゃなかった。目標に向かって、頑張れるように、一生懸命計画立てて、

「こうすればまだ間に合う」って、そう思っていただけなのに。

言いたい事が沢山ある。わかって欲しい事も沢山ある。溢れる思いは止められない。あたしは、アンタに、自信を持って欲しい。コンプレックス跳ねのけて、自分を好きになって欲しい。色々な願いを込めて、子育てしてるつもりだ。娘の幸せだけを願って。

お説教が続く。あれもこれも言っておかなくてはならない。

勉強だけが人生じゃないことも。

全てやめて、好きなスポーツだけやりたかったらそれでもいい。

学びたい時期が来るのを待つのも人生。好きな事に出会ってくれた方がよっぽどいい。

お願いだから、自分に嘘ついて勉強するのだけはやめて。

受検やりたくないんだったらそれでいいんだから。

今、決まったことを頑張る事ができないのなら、受検する時期じゃないのかもしれない。

パパ男:「怒るのは、30秒までにしなよ。あとは、パッと引いてあげなよ。nanaの勉強時間が無くなる、時間の無駄だよ」

パパ男は、ママ子と二人の時に、いつもそう言ってた。

30秒怒ったとて、nanaの勉強スタイルや気持ちの持ちようは変わるんだろうか。いや、お説教を30分やったって、それはいよいよ変わらないのかもしれない。

親子の相性って、やっぱりあるよね・・・(悲

ぶっちゃけ、ママ子はnanaを溺愛している。可愛くて仕方がないのだ。いつまでも赤ちゃん扱いしたい程に可愛くって、長女hanaも、ヤキモチを妬くくらいベタベタしちゃう。

だけど、勉強に関して言えば、長女hanaは、ママ子がどんな厳しい採点だったり、作文の校正、指導をしても、食らいついてくる。泣きながらでもやるのだ。

だけど、次女nanaは、自分が乗り気じゃないと、完全にテンションが下がる。字も雑になるし、爪いじりや、消しゴムいじりをして、一向に勉強が進まない。さらにそれを指摘すると、ムゥーーっとむつける。面倒くさいのだ。褒めて伸びるタイプらしくて、いちいち褒めなくてはならないし、基礎の基礎、簡単なプリントをやらせて100点万歳!というテンションに持って行かなければならない。

相性ってあると思う。

「いつまでもこんな事してられない」

と、焦るママ子。勉強を進ませたい。だけど、予定どおりいかない。合格までには、あれもこれも、進めておきたいのに・・・

どう見ても、貪欲に勉強しようという姿勢が感じられないnana。

ママ子:「あのさ、勉強に関して言えば、あたし、nanaとの相性、合わないと思うんだよ。このやりとりの無駄さ。毎回のお説教も無駄になるし。だから、ママが教えるのはもう、辞めた方がいいと思うんだ。」

お説教で、こんな事も言った。nanaは、うつむいたまま。何も言わなくって、

パパ男:「ハイハイ、本当に勉強時間なくなるからな!これでもう終わり!ママ子ちゃん、もういいよ、ね。」

パパ男が仲裁に入り、お説教が終了となった。

nanaは、すごすごと自分の勉強に戻る。ママ子も、スン、となって、丸付け作業をする。

・・・

その後、何事も無かったように、世間話や食べ物の話をするママ子とそのファミリー。なんだろう、なんなんだろう。ママ子のお説教は完全スルー。そして、nanaは、これまでよりちょっと頑張ってプリントをやっている。

なんだろう。

マジで、この繰り返し、エンドレスで嫌なんですけど・・・・

タイトルとURLをコピーしました