志望校を暴露し合う人たち・・・

この記事は約5分で読めます。

朝晩が寒い。特に古い家で隙間風にさらされている我が家は、朝方が寒い。

バカは風邪ひかないんで、ママ子は引いてませんが、皆さん風邪など引いておりませんです?

義母サマの突撃電話では声のトーンがオクターブ上がる。

パパ男のお母様なのだから、敬うのは当たり前なんだろうけど、いつも「天然」という名の恐ろしいナイフでズタボロにマイハートが傷つけられてしまうため、防御しようとすると、めちゃくちゃなテンションで電話に出てしまう。

ママ子のママ:「そりゃあ、アンタ、その声で付き合ってたら疲れるわ。」

義母さまとの電話を聞いていた、ママ子の母が、帰省の時に言ってたっけ。

世の中から「苦手な人」をなくしたい。みんなを理解して、みんなを受け入れられたら素晴らしいんだけどなぁ。

受験の話で盛り上がる、小4女子たち。

親は知らないと思うんだけど。

子供達の会話って、めっちゃ恥ずかしい事言われてるのね。

nana:「〇〇ちゃんは、中学受験しないって。」

ママ子:「ほんとにー?塾にも行ってるんだもんね。」

nana:「うん、受験したら絶対合格するとおもうんだけどねえ。中学受験は嫌なんだって。お母さんは受験してほしいみたいなんだけどね。」

ママ子:「あらま、そうなの?」

この間お話した時は、「うちの子はぜーんぜん!」と仰っていたんだけど。ああ・・・なんか色々暴露されて気の毒。

nana:「うん、、受験させようと必死みたいで、色々話してくるらしいよ。すごく嫌だって、〇〇ちゃんが言ってた。」

ガーン、そこまで言われてるだなんて、本当に子供達の会話って怖い・・・

ママ子:「も、もう、いいよ。言わないであげて。それ以上言わないであげて・・・」

そのママさんの気持ちもわかるし、なんつーか、これ以上聞いたら申し訳なくて心が痛い。

以前も書いたが、nanaの所属するグループの女の子たちは、優等生の子ばかり。

絵に描いたような「良い子」たちの集まりである。

五人グループの中で、四人は塾に通っている。

すなわち、nana以外の子が通塾組である。

長女hanaの時もそうだったが、何故にそこまで「塾に行かせない」で通そうとするのか、自分でもくじけそうになるほど、通塾する子が多い。

そして、6年の夏を過ぎると、偏差値70だの志望校が渋渋だの、特待生だのって、雲の上の話を平気でするほどになり、予定通りに合格して羽ばたいていくんだ。

知ってる。ママ子は塾のスゴさを知っている。

だけど、hanaの塾代で我が家はぶっ潰れそうなため、次女nanaまで通塾なんて、本当に一家離散するんでないかってぐらい無理なんだ。

塾に行って、裕福で優秀で。そういう育ちの良い子たちと同じグループで、nanaは、日々どんな思いで彼女たちとつきあっているのか。

nana:「やっぱり塾に行くのは無理だよね」

一度だけ口にして、それ以降口にしなくなった言葉。nanaも、我が家の家計は嫌というほど知っている。

志望校をお気軽に暴露。

受験組は、今のところnanaのグループ5名中3名(nanaと、サピっ子二名)だが、明らかに残りの二名も、親御さんは中学受験をさせたがっているようである。

志望校の話もポンポン出て来るんだそうだ。

nana:「Ⅿちゃんは、T中学(御三家)でしょ、Sちゃんは、都立中らしいけど、私立も何個か受けるって。(H中学とか色々)」

ママ子:「あ、アンタまさか、志望校言って無いよね・・・?言った??」

nana:「あ、うん。フツーに言っちゃった(てへぺろ)」

マジかよ!!!

ママ子:「「アンタ!!!すっごいねえ、そんな、そんな、言っちゃって大丈夫なの?」

nana:「うーん、だって。私だけ言わないのも悪いし・・・」

そ、そりゃ、そうだ。

好きな男子言うよりも、志望校暴露の方がハードルが低いのか、小学生女子は・・・

好きな男子を絶対に言わないnanaだが(好きな子がいるのかどうかもわからないけれど)、志望校は、ペロっと言っちゃうんだよな。この子は。

何故か、優等生で通ってるnana。実力は、ママ子から見ても「そうでもない」んだが、姉御肌だからか、見栄張ってるんだか良くわからないけれど、優等生グループの中でも「しっかり者」と言われているらしい。教頭先生に名前を覚えられている。長女hanaが優秀な生徒だったから、という七光り効果もあるのかもしれない。

やる気だけ見せる次女には、警戒してしまう。

本だけ買って、放置とか。

やる気だけ見せて、疲れて何もやらないとか。

ビッグマウスでいつまで経っても何もやらないとか。

勉強しようとノート開いて、数文字書いただけで終了とか。

nanaを見ていると、

「やる気はある。やろうとしているんだけど、勉強やりたくない」

という事なんじゃないかと。

口だけ「受検する」と言っていて、本当は周囲のお友達に流されているだけなのじゃないかと。

そんな気がした。

ママ子は何度もnanaに確認をした。

「受検したくないならしなくていいんだよ」

「本当に受検したいの?ママが喜ぶからって理由で受検しないでね。」

プライドが邪魔するんだろうか。

nana:「地元中には絶対に行きたくない」

と、nanaは言っていた。ちょっと怒った顔で、そう言っていた。

なんでだろうな。良い中学校だと思うんだけど。

そりゃあ、この間、志望校の都立中の学園祭に行ったら、地元中との違いに二度目の衝撃を受けたけれど。

⇒ 学園祭シーズン。第一志望、決めちゃう?

思ってるだけじゃ、中学受検なんて合格できないぞ。

そんな焦りも出てきたりして。

気持ちを固める事と、受験勉強を進めて基礎固めをする事と。同時進行。

四年生の二学期、こんなんで大丈夫か?って、不安にになる。

私には、何ができるだろうか。

受検勉強を、自分でやろうって思ってくれるように仕向けるのは、本当に難しい。

そして、やる気でもやらなくちゃならない、って思ってても「できない」って気持ちも、わからなくはない所が、辛いところだ。

子供のやる気を引き出すって難しい。早稲アカの講師の先生の研修とか、受けてみたいよ・・・トホホ。

タイトルとURLをコピーしました