前言撤回!首都模試の受験を断念【ゴメン】

この記事は約4分で読めます。

私立国立向けの「おうちde首都模試」を受験すると言った次女nanaですが、自分の判断で、受験することを断念しました。

彼女の意思を尊重します。

首都模試の範囲を見て、学習計画を立て直し

先日、首都模試を受けると意気込んだ、次女nanaである。

やる気満々で、1日プリント30枚をバンバンこなし、頑張っていたのだが・・・

模試の試験範囲を見て、nanaの顔色が変わる

ママ子は、学習スケジュールを立てる時、必ずnanaと一緒に立てるようにしているので、試験範囲を見て、5月の学習計画を立て直そうとした。

私立向けの学習は、4年生以来、ほとんどやっていない。

しかも、かなーり昔の話。全然覚えていない。

社会のメモリーチェックで試験範囲に印をつけながら、nanaが言った。

nana:「ママ、これ、無理だ。できないよ…こんなの、今から3週間でやれって言われても、覚えられない」

ママ子:「え?だって、この間は、やるって意気込んでいたじゃん」

nana:「そうだけど、これを全部やるとすると、今立てた学習計画が全然進まなくなっちゃうよ。適性検査の問題集が、終わらないよ

なるほど。。

次女nanaは、私立向けの模試は無理だと判断

ママ子は、最初

「おいおいおいーーー、ブログに、やる気満々の記事、書いちゃったじゃーん、どうすんだよ~!」

という、ヨコシマな思いもよぎったが、そんな事はどうでも良いことだ。

nana:「私、5月の予定立てる時に、6月にある模試に、焦点を当てて頑張っていこうと思っていたからさ。あれは、私にとって、勝負の模試だと思ってるよ。公立中高一貫向けの模試だから。」

nana:「5月の予定、全部崩れちゃう…」

と、途方に暮れた顔をした。

そうだよな。

ママ子、どうしても我が子のレベルが今どんなレベルなのか、って。
気になっちゃって。

焦りすぎちゃって、余計な提案をしてしまったのかもしれない。

安心したいという、親のエゴ。

完全に親のエゴであった。

自分が安心したいだけだったのだ。
いや、気になってしょうがなかったんだ。

また不合格になるかもしれない。

その、不安な気持ちが確実に自分を焦らせていたのだ。

ママ子のエゴに、
長女のhanaは、自分の要望とうまくマッチングしたから、模試の受験を快くオッケーしたのだが、

次女nanaの思いは、違っていた。
nanaは、自分の学習の進捗を把握して、今後の見通しを考えたうえで、「受けない」と判断した。

それは、素晴らしいことだと思う。

ママ子、次女nanaを、尊重する。

よーく考えて、結論を出した。

申し込み画面に入力中…受験を断念。

セーフだ。

まだ、申し込みをしていなかった。

申し込み画面に入力する途中であった。

申し込みする前に、きちんと試験範囲を見て、計画を立てよう

と言い、
サイトで申し込み画面を開きながら、
試験範囲を見ていたところであった。

事前に、ママ子は試験範囲をチェックしてたんだよ?

ママ子は、「このぐらい、イケるかな」と、判断して、

模試の話を次女nanaに持ち掛けたのだが、

nanaは、違った。

nana:「ママ、よーく見て!こんなのが出るんだよ!今私が勉強してることと、全然違うでしょ!!」

と、ママ子にメモリーチェック(社会)の詳細と、
長女hanaが使っていた、私立中学受験向けの問題集をママ子に見せて来た。

日本の東端の南鳥島と、西端の与那国島とは、経度にしてどれくらいはなれていますか

社会・メモリーチェック
日能研Brooks

・・・

チーン

ぜんっぜん・・・わかんねぇ

nanaは、試験内容を自分で把握していた。

すんませんでした。

ママ子は、我が子の学習状況を全然把握できていなかった。

nanaは、見ていたのだ。

私立向けの入試の内容も、銀本の過去問も、すべて見て

私立・国立向けの首都模試を受ける事は
「今の自分には、無理である」と判断したのだ。

我が子の成長を感じた、首都模試への葛藤。

ママ子は、その意見を尊重する。

そして、我が子の成長に、驚きを感じた。
学力のレベルは、低くて、他人に言うのなんて恥ずかしいレベルなのかもしれない。だけど、目標の設定に対して、着実に勉強を進めているnanaを、ママ子は誇りに思った。

だから先日の内容を撤回させていただきます。

首都模試は、7月の公立中高一貫向けのものを受ける事にします。

タイトルとURLをコピーしました