中田敦彦さんの『大合格』を読んでみた!

この記事は約5分で読めます。

皆さんこんにちは。

突然ですが、読書は好きですか?

ママ子、バカなくせに読書大好き。もちろん、娯楽で読んでいます。勉強のために読む事は少ないのだが、hanaが受験すると決まってからは、やっぱり情報収集や、考え方をご教授頂くためにも、「勉強のための読書」をせざるを得ない状況になった。

それでも、今まで読書が好きだった事もあって、お勉強関連の本も楽しく読めてて、娯楽なんだか勉強なんだかよくわかんないゼ、って時もしばしば。

わが子にも、そうなって欲しいって思うんだけど、なかなか親の思い通りにはいかないね。

スポンサーリンク
[レクタングルテキスト]

◎最近のわが子達の読書◎

  • 小学6年生・hanaは、受験勉強で好きな本を思いっきり読めないジレンマがあるし、手に取る本はもう、ね。多岐にわたる。うちの本棚もすんごくて、大人が読むような小説もけっこうあるので性描写の問題とか、何歳まで考えてあげれば良いんだろうね。村上春樹は何歳から読んでいい本なのか。
  • 小学3年生・nanaは、歴史漫画に夢中。あと、医学のひみつを毎日読んでいる。ホワイトボードに、『ヒポクラテスの言ったこと』などと書いて、ウットリと眺めたりしている。
    本当にこの、nanaさんはよくわからない・・・悪いところは確実にママ子にそっくりなんだけど、医学に興味あるところとか、全然似てないし。

「いいから早くブックレビューしろ!」

「最近、前置き飛ばして読むようにしてます」

「無駄な話ばっかりだな。要領の悪さがそうさせるんだろ」

いつもすんません。

無駄なのは贅肉だけで十分なんだけどなあ。

絶対買おうと心に決めていた『大合格』

前に書いたブログで、中田敦彦さんのトークに圧倒され、hanaも読みたい!と懇願したので、買ってしまった。

→ アメトーク、勉強大好き芸人に学ぶ。~『桃太郎』読書感想文を書いてみた。

絶対買う、と、hanaに約束した手前、本屋さんで手にとり、レジに直行である。

ママ子は、本を買う時は、かなり慎重派だ。欲しいと思っていた本でも、極力立ち読みしてから買う。損できないからね。貴重なお金ッスから。たいていの本は図書館にあるわけだから。ね。お金かけずに本読めるというシステムを使わない手はないよ、貧乏根性。

だけど・・・その日は即決!珍しい事であった。

ママ子:「おおっ!!大合格、あったど!あったあった!!ラスト二冊!!」

などと大声をあげ、ギリギリゲットした。

セーフだよ、セーフセーフ。

ホッとしたのもつかの間。

あれ?なんかこの間もそんな事しながらふくしま式買ったよな??

→ 「ふくしま式」問題集買ってきた。

「衝動買いだろ。要するに」

・・・あ。

スポンサーリンク
[ラージモバイルバナー]

あ・・・あれ???新書じゃない!論説文じゃない!!!

すごい勢いで本屋さんでガッツポーズしたんだが・・・

ママ子の妄想だけで、中田あっちゃんの論説文が読めるんだと思ってたんだよな。ながい論文がツラツラと書いてあるのを想像してしまっていた。受験とは、勉強することとは、学ぶとは・・そして、あっちゃんの半生を綴ったものだと思い込んでいたのだ。

ザ・勘違い・・・

hanaは、なかなか本を読む時間が確保できず、「早く読みたいなー」などと楽しみにしていたが、hana、ごめん。ママ、勘違いしてた!

中田敦彦さんがスタディサプリの放課後版で連載していたQ&Aのコーナー「参考書じゃなく俺に聞け!」を再編集したものであったのだ。

まさに、一問一答式のやつ・・・あっちゃんが、さまざまな学生さんの勉強の悩みにこたえる、みたいなやつであった。

あ、あれ???

でも、前書きだったり、本の内容は、子供から学生さん向けで、易しくわかりやすく書いてあったので、hanaは、喜んで読むと思う。受験勉強の悩み、大学受験や恋愛への考え方、学校生活についても書いてあるので、hanaにとっては、この先の未来を想像する良い機会かもしれないね。

文体は、アメトークのような「中田語録」が炸裂している。あっちゃんが直接話しかけてくれているようなイメージで読めるのも、良いポイントなのだと思う。笑いというよりは、真剣に悩みに答えてくれる、というイメージである。

大人のママ子には、少し物足りない部分があるんだけども、子供にとっては心強い一冊になるんじゃないかな。

 

スポンサーリンク
[リンク広告レスポンシブ]

ママ子が勇気をもらった「中田語録」

ランクを下げるな!行きたい大学をめざせ!!

のような強気な発言である。

中学受験と大学受験は違うけれどもね。最終的に目指すところはそこなわけで。

もちろん、目指しているだけでは合格は得られないけれども、最後まであきらめないで試行錯誤していくこと、努力していくことが大事かな、って。hanaの志望校に対して、「手が届かない、諦めたい」と何度も葛藤しているママ子の今の気持ちを、純粋に励ましてくれる言葉であった。

ママ子はサッと読んで楽しませて頂いた。わが子はきっと熟読して、勉強の休憩時間にでもリフレッシュしてくれればいいな。

Q、ぶっちゃけ、頭がよくなくて悩んでいます(高3男子)

に対して、

自分は頭がよくないと言うな!本当に大事なのは「社会で生き抜く頭の良さ」

と言って、アドバイス付きで必死で励ましてくれているので、これにもママ子もこれには勇気をもらった。

ブログ上で、自分をバカというのは楽チンだから、ママ子は言ってしまうのだけれど(←いや、ほんっとバカだけどさぁ)、わが子には自分の事バカだなんて思って欲しくないもんね。

塾に行かずに独学で頑張っている人へのアドバイスも載ってたよ。

そんなこんなで、勘違いで購入してしまった中田敦彦さんの『大合格』ではありますが、せっかくだから家族で読んで、色々参考にさせてもらおうと思います。お金払った分は、無駄にしない、モト取るよ!

 

スポンサーリンク
[アドセンスレクタングル]

 

[ブログ村中学受験本人親]

 

 

コメント

  1. チビの母 より:

    こんにちは。

    わたしとチビも「読みたいねえ」と言っていたんです。
    あっちゃんの、「飽きたら味変」とか「眼帯勉強法」(でしたっけ?)とか大好きだし、perfect humanも大好きです。
    (ただの あっちゃん好きですね)

    • mamako より:

      ・チビの母さま

      子供にとっては、とても良いと思いますよ。娯楽にもなるし、バイブルにもなるような、読みやすい本です。あっちゃん面白いですよね。色々な勉強法があるんですねー!知らなかった!

      勝手に勘違いして、ストーリー性を求めていたママ子は、少し不完全燃焼でしたけど(;’∀’)

タイトルとURLをコピーしました