【一般受験】高校生の塾の選び方【大学】

この記事は約7分で読めます。

いよいよ大学進学に向けて、通塾することになった長女。我が家は推薦入試ではなく、一般入試で戦わなければならない現実が見えて来た。エリート進学校に通う我が子の塾の選び方について、記録しています。

※「序」は駄文(ご挨拶文)です。お急ぎの方はスルーしてくださいませ。

序:極貧すぎて、義実家との関係は、良好っス…

先日、値上げラッシュで大打撃を受けた我が家の状況をリポートさせていただいた。
⇒ 【2022年】物価上昇に伴う食費の計算してみた

それに伴い、我が子の通塾も決まりそうになって、改めて我が家の家計をチェックすべく、おそるおそる家にある通帳をチェックしてみたら・・・

本気で金が無ぇ!!

いや、最低限の教育費は、かき集めればある、でも、ハッキリ言って、このままいくと老後が破綻してる‼貧乏ホームレス夫婦になっちゃう。そんな中、
マジで、パパ男のご実家から送って頂く野菜や食材などが、死ぬほど有難い状況だ。

申し訳ないのだが、今現在、嫁姑戦争がどうだとか、義実家との関係に悩むとか、そういう次元にいない。送って頂く野菜などが、本気で我が家の家計を助けてくれている。

ママ子も年を取り色々と成長したし、しかも、義実家が遠い場所にあることも含め、義実家さまは、すっげー有難い存在である。
ここだけは恵まれていたんだと思う。義実家さまが優しくしてくださる事が、本気で有難い。

・・・

「まずは、お前の食べる量を減らせ!!ママ子の食欲が家計を圧迫してることは明白だ」

「深刻だと言っておきながら、業スーで新商品のお菓子を買い漁っている姿に閉口します…」

「  食 う な ‼‼!」

・・・

あのね、食費だけじゃないのよ。この間洗剤買いに行ったら値上げに絶望してストックぶんを買えなかった…高くて。マジでどうしよう。洗剤高すぎて洗濯すんの怖い…

こんな苦しい状況の中、我が子の通塾が決まりましたので、そちらをレポート。
我が子の塾の選び方について、記録しています。

とある公立進学校(高校生)の通塾事情

うちの高校生の娘は、けっこうなエリート進学校に通っています。
高1の時は、通塾派は半分程度だったみたいだけど、高2になると、続々と通塾する子が増えたらしい。7~8割ほどの通塾率だそうだ。
我が家は、そんな周囲の状況に流されることなく、ノン塾を決め込んでいた。

つーか、たぶん、うちの娘がね…我が家の家計を気にして「塾に行きたい」って言えなかったのかもしれない。

・・・大学進学・・・

ぶっちゃけ、周囲は1年生の時からほぼ志望校の目安を決めてる子たちが多いらしく、(めっちゃ将来見据えちゃってる子が多い)高1から大学受験にスタートダッシュしている子も多かった。

しかし・・・

我が家はmezaseto-daiのドットコムから足を洗って・・・

進路のことは、完全に本人に任せていた

進学校の三者面談で担任の先生に呆れられるバカ親

三者面談で、担任の先生から呆れられるほど、ママ子は娘の進路に対し、のんびりしていた…
だって、今までずぅううううtっと過干渉で子育てしてきたんだもん。

ママ子、自分が過干渉の毒親って自覚してからはさ、なんていうか、我が子に自由になってほしかったんだよ。本当の幸せを感じられる生き方、してほしいって本気で思ったのよ。

ママ子:「もう全部本人に任せてるので、今まっさらな状況で進路を考えなおしてもらってるんです。」

先生:「…ちょっとこの学校では珍しいほど…ご、ご理解のあるご家庭ですね…」

などと、「ご理解]という言葉を訳せば「のんびりしすぎ!」であろうことは、わかってる…

進路の話を家でほぼしていない我が家に対して、先生も戸惑っていらっしゃった。

我が家の塾の選び方~その日は突然やってきた!~

普段から娘には、

ママ子&パパ男:「塾に行きたくなったら言ってね、家計の心配はしないでね!!大丈夫だからね!」

と、さんざん言ってきたんだよ。実はすっげー貧乏なんだけど、どうにか工面できるよう、頑張って貯蓄してくれたパパ男。おぼつかない株式投資や海外投資でスレスレの状況だけど、なんとかなるハズである。

そして、その日はやってきた。つーか、急に来た

高2の秋も後半になった、ある日のことである。

hana:「実は塾の体験に行ってきた・・・来月から塾に通いたいんだけど、いいかな」

ママ子:「ええええっ?!アンタ、いつの間にそんな事考えてたの?びっくりだよ」

もうね、平和ボケっつーかさ、我が子の進路についての過干渉をやめようと思って、死ぬほどのんびりしてたママ子ですよ。

勝手に塾を決めて、勝手に体験授業を受けた我が子

ぶっちゃけ、塾を決めるだの、選ぶだのって、親の出る幕ゼロ。

ぜーんぶ本人がやってた。

志望校に合わせるなら「ここだ」という塾を決めていて、勝手に体験授業受けてた。

どうやって選んだか・・・
選び方は、志望校に強みがある、という口コミやら実績を考慮して選んだと。
まあ、王道で間違いないだろうけど。同じ学校の先輩も多く通っている塾であるから、安心と言えば安心か。
とにかく、中学時代から慣れ親しんでいる塾という点で、答えは決まっていたらしい。

親は月謝を出すだけ・・・本当に、我が子は成長したなぁ…って実感。

娘が「塾に行く!」と言い出した理由

急に塾に行くと言い出した理由は、たった一つ。

学校の成績がいよいよヤバくなってきたのであろう。もう、この時点で、うちの娘は学校の成績を親に見せていない。高2の秋の、うちの娘の成績や偏差値がどうなのか、って全く見せてもらってない。

ママ子も「見せて」って言えない。公立大学に進学するのも、無理っぽい状況なのだろうか…怖くて聞けない。

だって、過干渉やめたんだもん。人生、自分で考えて自分で決めてほしかったから。もう、手遅れかもしれないけれど、とにかく自分で考えてほしいって、そんだけ。困ったときだけ助けるっつースタイルに、チェンジしたのよ。思春期の子育てってやつをさ。

成績に関しては、なーんも言わない親になったんだから。

通塾が合格のカギ?塾の良さを再確認した、高校2年生

ここからは、貧乏人には絶望的な話になってくる。結局、我が家みたいな無知のバカ親は、塾にお願いするのが一番効率が良いということだ。

そりゃ、大金はたいてるわけだから、当たり前なんだけど、塾の先生の教え方は上手いんだと。

「公立学校の授業は劣悪だ」という事実を、娘は再確認したようだ。進学校なんてクソくらえだ。もともと頭の良い人材が集まってるから、大学進学の実績が華々しいだけで、教育内容もシラバスも、結局は全員にマッチするわけがない、お粗末な内容なのだ。もちろん、そんな中、より良い授業をしようと頑張っていらっしゃる教師の皆さんも存在するかもしれないが、娘の学校では大半の先生の教え方は良くないし、テストばっかりでつまらない、という。

hana:「危なかった…塾に行って良かったよ。教え方うますぎ!学校と全然違う!!自己肯定感がめっちゃ上がったよ!」と、嬉しそうに話してくれた。

世の中の多くの受験生が塾に行くことが当たり前になっている今、改めて公教育の悲惨さを嘆かずにはいられない。

やる気のある子に限定して言わせてもらえば、お金を出せば、受験に適した良い教育を受けられるんだから、通塾は最善の策というのは当たり前の構図なのだ。

そういえばママ子も、昔、代々木ゼミナールの授業が面白くて衝撃受けた。初めて勉強が面白いって思った。そのおかげで致命的なバカだったのに、大学受かったんだもんなぁ、Fラン大だけど。

 ママ子の学歴コンプレックス。

高校生の我が子に主体的な学びを実践していただいております。

単なる大学進学に対しての主体的な学びが、日本の大学受験に繋がって、生きる力がつくとも思わないし、学びの神髄だとは全然思えないんだけど、本人が「大学に行く」と言ってくれてるので、親としては素直に、大学受験も応援しています。

主体的って言えば、これが主体的なんだろうか。

今は、勉強に関しては親子の会話がほぼゼロ。

ママ子はこれまでの長女の頑張りに、敬意と申し訳なさを感じている。教育虐待まがいのことをして、中学受験させちゃったわけだしさ。たとえ本人が「受験したい」って言いだした受験だったとしても、そう言わせたのは、ママ子だよなぁ・・・って思ってる。

学歴史上主義だったしさ。ママ子、学歴コンプレックスだったしさ。

思春期・反抗期の無かった我が子に、親がしてあげられること

とにかく、遅くてもなんでもいいから親への反抗期が来てくれるような、そんな心の自由を与えたいって思う。ママ子がしてあげられるのは、美味しいご飯を作って、自由にさせてあげることだけ。

うちの長女、マジでずぅーっと良い子で来てるから、反抗期なんて無かったの。「クソババア」のクの字も出ないよ。穏やかで優しい子。

だからこそ、親からのプレッシャーを感じて、自分を抑圧しながら生きて来たんだよね。

 反抗期が無い子と、思春期に化身する子

大学に行ったら、思いっきり自由を謳歌して楽しんでほしい。

バイトとか、旅行とか。のびのびして、青春してほしい。

ママ子の願いは、そんだけだよ。

もう、mezaseto-daiの文字は、ママ子には無い。本気で無い。なんでもいいから、幸せになってくれ。

親は、無力だ。

ママ子はそれを、ひしひしと痛感しているのである。

コメント

  1. みい より:

    こんにちは。精力的に更新されてますね(^^♪
    私は現在、自分のSNSアカすべて放置プレイ中(見る専or注文専用)ですw
    ウチもイロイロありまして(絶賛トラブル継続中)、ようやっとのことで、親は無力ってことを思い知りました(てか思い知らされた)。それでも、ママ子さんほどには達観できていないのが現実です_| ̄|〇
    「トラブル」とか言っちゃうんじゃなく、我が子の“ありのまま”を丸ごと(混じり気ない気持ちで)肯定できれば好転するんだろうな、と頭ではわかってるんですけどね・・・(-_-;)

    P.S.蛇足ですが、英検合格しました!2次ナレーションでやらかして「もうあかん」と思いましたが、神様は私を見捨てていなかった( ;∀;)
    ママ子さんも今頃がんばってらっしゃるんですよね。応援してます!!(≧∇≦)

    • ママ子 より:

      ・みい様

      コメントのお返事遅くなってしまい、申し訳ありませんでした!!(大泣

      そして・・・
      英検の合格、おめでとうございます―‼!(゚∀゚)――!!ヤッタ――(゚∀゚)――!!
      マジで、マジで尊敬します。
      あれ、ものすごく難しいですよね(;´Д`)。(←去年落ちた人)
      ママ子は今、英検の勉強は細々と続けておりますが、メインをFP3級にして、そっちを先に受検予定です(←完全に準1級挫折中の人w)

      みい様も、子育て色々あったのですね・・・
      いや、思春期に入っても、こんなに大変なんだな、って、今までの価値観ぶっ壊されるっていうかね、ママ子も泣いて泣いて、大変でした…
      全然達観なんてできてないの(ノД`)・゜・。
      みい様と一緒に、もがき苦しんでおります。

      ありのままを受け入れるって、そうとう腹くくらないとダメなんだな、って自分の子育てを振り返って、思います…。
      ママ子はもう、強制的にそうなっちゃってる状態なんですが、
      本当に、本当に、
      母親って、なんなんですかね!!(爆

      大変だけど、こうやって子育ての話ができることが、ママ子はとても救いになっております。
      みい様、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました