あっさりとLINEを辞めた、受験生。

この記事は約5分で読めます。

ティーンの皆さんにとって、なくてはならないSNS、「LINE]。
春から中学3年生になる、我が家の長女hanaは、いとも簡単に、あっさり(しかも勝手に)辞めてしまいました。その経過を記録しています。

序:ブログのインフォメーション

ドッス・インフォメーション。

ドスコイすんません。業務連絡させてください。。
毎度、ご迷惑をおかけしておりました、ママ子のインターネッツが。
ママ子の体重ほどに重くて重くてたまらなかった、インターネッツが!

ほんの少し快適な速度になりましたー!

バカのネットの小細工は、色々大変でして、バカがバカなりにやると、面倒な下準備無しにして、「一か八か」みたいなギャンブル的な作業により、数多くのヒヤヒヤを乗り越えて、ネット環境最適化を実施いたしました。

普段ママ子のブログに目もくれないエリートの皆さまも、いつもバカなブログを見て踏み台にしてくださるエリートの皆さまも、ママ子と同じボンビーで苦しんでる皆さまも。
心温かくちょっとお笑い好きの、イツメンで遊びに来て下さるみなさまも・・・
どうか、久しぶりのバカな過去ブログなどもお試しになってみてくださいね。

息抜きバカ話
  ↓

・・・
「おいおい、来訪者数3人の状況で、宣伝するな」

「正直申し上げて、こちらのブログにそこまでのファン意識はございませんでした」

「バカはPHPとHTMLを操作するな!痛い目に遭ってるんだろ。」

あーー、もう、ブログぶっ飛ばすような、あんな失敗二度とやりたくないです。

そんな日々の中、うちの長女hanaさんの決意表明がございました。おつきあいください。

中学2年最後のテストで、衝撃の落第点

あのね、怖いモン無しだと思ってたうちの長女hanaさんが、撃沈したテスト。

「中2の3学期:定期テストで撃沈」
⇒ https://mezaseto-dai.com/2020/03/15/grade2hanaslasttest/

泣いて泣いて・・・

学校の先生も狼狽するほどの点数をたたき出し、もうママ子もさすがに志望校変えようという気持ちが現実味を帯びて来た。

「行きたい学校」

が、あるということだけは、幸せなことだと思ってた。ママ子は、目標を持つことは、すぼく立派な事だと思っていたし、hanaは、本当にひたむきに、中学校に入ってから勉強を頑張ってきた。

そんなhanaが、大失敗。大失態。

しかも、初めてではない。いつもケアレスミスのような失敗をして、ショックを受けたり、反省をしたり・・・

今度こそは失敗しないように、と、肝に銘じているのに、どこか甘さが出てしまう。悲しい結果は、そうやって招いているのかもしれない。

長女hana,決意の宣言。「あたし、LINE辞めたから」

部屋で一人、さんざん泣いた後に、決めたのであろう。

ママ子が仕事から戻ると、長女hanaは、腫れた目でママ子に言った。

hana:「ママ、あたし、LINE辞めた」

ママ子:「フーン・・・・え?!えええ?! 今、なんつった??」

hana:「だから…LINE辞めたからね」

ママ子:「え?辞めたって、アンタ、仲良しのお友達とか、塾のお友達との連絡とか、どうすんの?」

hana:「うん・・・もういいの。3年になったらやめようと思っていたから」

ガーン

ショック。

ママ子:「アンタ、お出かけとか、お友達と行かなくていいの?塾の連絡とか、LINEでお友達と情報交換しなくていいの??」

何故か勝手に狼狽。慌てるママ子。マジjかよ?すげーあっさりしてるなあ。

そんなに簡単にLINEやめられるhanaが、すごく羨ましいと思った。

時代の必需品としてのSNSを、あっさり辞めるhana。

果たして、弊害はあるのだろうか。

数週間チェックしてみて、ママ子はLINEを辞めた後の、メリット・デメリットを調査しました。

LINEは、一時的にアンインストールしても復活できる?!

ママ子、知らなかったんですが、アカウント?LINEのIDさえ残っていれば、

データが消えないんだそうです!!

だから、一時的にLINEをスマホから消しても、いつでも復活できるんだそうだ。

まあ、hanaは、スマホを手にする時間なんてほとんどなくなっても、あまり問題ないようだ。

びっくりするぐらいドライ。

休校中、友達と連絡を取り合うことも、最小限なんだよね。

こうやって見ていると、小学校のスマホの無い時代のほうが、よっぽど女子のお友達関係で悩んでいたような・・・

成長したのか・・・若しくは、ママ子のように、一匹オオカミタイプなのか・・・

そんな風に観察しながら、我が子の様子をチェックした結果・・・

我が子がLINEを辞めた時のメリット・デメリット

【LINEを辞めたメリット】

  • スマホを見る時間が減った
  • 友達や男子とのトラブルに惑わされる事がなくなった
  • スケジュールどおりに過ごせるようになった

【LINEを辞めたデメリット】

  • 友達との連絡が取れず、ママ子がお友達とのやりとりに介入しなければならないことも多くなった
    (ママ子とつながっているhanaの友達のお母さんとのやりとりが多くなった)
  • 不便
  • 結局、頻繁に連絡を取るお友達とは、別のアプリでつながった(今のところ一名)

LINEを辞めた長女の様子は・・・?

あのー・・・

もし、ママ子がLINEを手放したら、そうとう不便で、生活も連絡もどうしようもなくなるんですが・・・

うちの長女hanaの場合、全く問題なさそーなんです。

友達が少ないって言えばそれだけなのですが、
なんつーか、そこまで親密な付き合いをしていないのか、
すごくドライで、びっくりしました。

そもそも、ゲームアプリも皆無。
友達とのLINEも少なかった我が子だったので、LINEを辞めてもさほどダメージが無いようだ。

むしろ、現代社会を生きていくうえで、このSNSの全盛期の時代に、全然乗っかっていない、長女hanaのことを、心配しちゃう気持ちすら、生まれて来る。

うちの子、そういう、インスタとか、LINEとか、SNSの活用や、メリットを知らないんですが、大丈夫なんだろうか・・・

そんな、世の親御さんとはまた別の不安を抱えるママ子なのでありました・・・

タイトルとURLをコピーしました