学校

子育て

コロナで増加。陰湿な「いじめ」対策の一例。

子どもの自殺が増えて、コロナ禍で「いじめ」も増えて、子ども達がますます生きづらくなっている。お友達トラブルから、「いじめ」に発展する前にできることとは?『子ども六法』を用いて、親として対策を取った一例をご紹介します。
子育て

【学校に】「ずっと休校でも良い」という我が子。【行きたくない】

コロナウイルスがおさまらない。休校が続く。また一か月延長になるかもしれない。そんな中、「ずっと休校でも良い」という、我が家の次女nana。彼女のその気持ちを、大事に、綴っています。
日記

コロナ禍、担任の先生からのお電話。小6、次女nana編。

コロナ禍の休校中、担任の先生からいただいた、お電話シリーズ第二弾。今回は、小学6年生の次女nanaのお電話レポートです。
リベンジ高校受験

実録!コロナ禍、担任の先生からのお電話~中3長女編~

コロナ休校中に、担任の先生からお電話をいただきました。 今回は長女hanaの記録です。
子育て

学校側から謝罪。とりあえず、落着。

世の中に溢れる不条理に、大暴れするママ子だけど、落ち着くのもママ子の特技。学校からの謝罪の電話と家族愛で乗り切るよ。どんなトラブルも、子供達の愛らしい笑顔で帳消し。
勉強の悩み

学校行事・おサボり問題と、中学受験。

ゴールデンウィークの後遺症として、重い荷物を持って移動したため、「ぎっくり腰」に近いような症状を引き起こしたママ子。 人体において、腰の重要性を改めて知る。腰が元気じゃないってこんなにツライものなのかと。 おばあちゃんである。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました