新型コロナウイルスvs飲み会のお誘い。

普段から、全然、からっきし。全くという程、飲み会のお誘いが来ないママ子。

あ、誘われないだけでなく、貧乏で金もないし、受験勉強やってっから、暇もない。子供を預けて家をあけることもできないから、しょうがないけどさ。んでも、そんなの差し引いたとしても、誘い来ない。自慢できるほど、皆無。

時代に取り残されてるオバはんとしては、今やってる仕事を通して、すっごくなんつーか「人脈」が欲しいところではあるけれども、そーゆーツールが皆無。貧乏でバカって、マジで人気ないよね。

・・・
「人脈だと?誰がお前とクリエイティブな事やろうと思うんだよ、バカ!」

「頼まれても、お金積まれても、こういう方との交流はお断りさせていただきます」

「あのな、汚いオバンの『誘われたい』ほどキモイもんないぞ。」

ワッハー!絶賛して嫌がられてるぜっ!!今日はそんなママ子のストレスと葛藤、子育て観の話。いってみまーす。

キターーーーーー!!!飲み会のお誘い!!

いやああ、参った。いっつも急なんだもーーん!

来ちゃうと困っちゃうよね。

行く?行かない?

あーーんもう、前回(何か月も前)、泣く泣くお断りしたんだけど、今度こそはアノ場の方々とご一緒したいという思いも強く、ママ子だってアンタ、少しぐらい大人として交流を持って良いと思うんだよね。あたしだって社会人としての活躍を、少しぐらいの実力をバーンとね、示していきたいわけだよね。

非常に良いメンバーとして、お知り合いになった方々だが、ママ子の境遇的に、夜はNGにしてたんだよね。

仕事で、他の会議も夜に行われることが、年に数回、たまーにあるので(もちろん、その後の飲み会など、一切無し)、それを差し引いてもやっぱりチョット、これ以上家あけられないって気持ちがある。

ワンオペじゃないけど、けっこー孤独な子育て。

あのさ、子供産んですぐに、田舎から東京に出て来てさ。

パパ男は仕事で不定期な休み。土日とかマジで、ほぼ仕事ばっか。家事は、やってくれる方だと思うけど。ガランと空いた狭い家の中で、子供の泣き叫ぶ声だけが響く状態の時は、地獄や牢獄にいるみたいだと思った。

誰かたすけて。常に思っていた。田舎に戻りたいと、泣いてばかりの日々もあった。

そんな中、子育てして来た。知らない土地で、助けてくれる身よりもなくて、本当に苦しかった。

ママ子の味方といえば、インターネッツと、図書館だった。辛い時はいつも図書館に行って、育児書を読み漁った。「育児書を読んでも効果は無い」って言うネットの記事を見かけるけれど、ママ子としては、不安で何もわからない日々の中、育児書だとか、本がどれほど心の支えになったことか。。。

あ、話が脱線しちゃった。危ない、本の話になると、すげー長くなるので、後日書くから。

そうやって、育児書読んだり、保健所でもらった案内を見て、おそるおそる児童館に行ってみたりして、少しずつ他のママさんと声を掛け合ったりするようになり、お友達になったり、東京でのお知り合いが増えてきて、、、どうにかこうにか、生きて来た。

色々、ママ子の育児方針が他のママさんとのそれとは違っていたこともあったので、「ママ友」さん達とは、適度な距離感があったけれども、仲良くしていただいて、少し寂しい「ぼっちママ」ではあったけれども、勝手に自分でぼっちだと思い込んでいたような気もする。寂しい事も多かったが、救われた部分も非常に多かった。

夜、家をあけることになる場合の葛藤。

前述で、ママ子は年に数回、会議がある場合とか、現在は、PTAの会議や打ち合わせが夜に行われる事もあって、やむを得ず家をあける事が多い。

すんげーキツイんだよね。

長女hanaが塾で、パパ男が仕事の場合とか、次女nanaが、家で一人で待つことになる。夜ご飯だって、一人で食べなくちゃならないこともあるのだ。

それが、ママ子としては、ものすごくイヤなんだよ。これは、もしかしたら、図書館通いで、変に培った「育児書神話」みたいな固定観念があるのかもしれないけど、子供とワイワイご飯食べる時間が、自分のせいで、次女nanaに寂しい思いをさせてしまう罪悪感とか。

本当にね。

もしかしたら、次女nanaとしては、好きな韓流アイドルのビデオを見たりできるので「ラッキー☆」って思っているかもしれないんだけどさ(;^_^A

それなら良いんだけど、この一年、色々忙しくしてきて、次女nanaにも、精神的なストレスや、思春期やらで何か変化があったりするのを見ると、やはり、あまり寂しい思いや、独りぼっちで家に残す事は、させたくないなあ、って思っちゃう。

そんでまた、新型コロナウイルスの猛威。

それに加えてアンタ、新型コロナウイルスの猛威たるや。

イベント中止になりまくり。外出禁止令みたくなっちゃって。

マスク買うのにこんなに必死になるなんて、思わなかった。

こういう時の貧乏って、ホントつらい。ボロキレに輪ゴムつけて即席マスク作るべきか。外出時は左手を絶対に鼻と口から離さない「手マスク」で対応するか。苦悩の日々。

そんな中、「イエス!飲み会しよーぜ!」ってなっちゃう立派な人脈グループの皆さんにも、

うえ――――!マジで、このタイミングッスか???

って思うんだけど、現在抱えている問題だったり、年度末に差し掛かってることを考えると、

「意見まとめよーぜ!仲良くいっとこーぜ!」

って気持ちがあるのも、わかる。つーか、コロナさえ無かったら、ママ子、GOサイン出してた。イってたよね。「今日は禁酒解禁でーッス!」なんて言いながら、久しぶりに酒飲んで、ガッハガッハ笑って楽しみたかった。

結果的に行けない雰囲気になっちゃってんじゃん。

あー、なんか、ここまで書いてて気づいたけど

「どーでもいいけど、ママ子、行く気ないよね???」

って、なってますよね。8割がた、断りの連絡入れなきゃなんないよね、これ。

コロナ VS 飲み会 ⇒ コロナが WIN

子供  VS 人脈 ⇒ 子供が WIN

もうさ、アレだよね。

今日の話、無駄だったよね。年に1,2度の飲み会の誘いを断るっつーシンプルな話題を、ここまで最大限バカみたいに引き延ばしたけど、結局欠席なんだよね。

あー、やっぱ、貧乏人はチャンス逃すわぁ~。

人脈とか、マジで一生作れない感じする。ママ子、輪がぜんっぜん広がんないで、生きてく。この東京砂漠で、脈とか芋づるとか、そいうの、無いんだろうな。寂しんぼだからって、宗教の勧誘と「ねずみ講」だけは、乗らないように、って昔、親に言われたこと思い出した。

バカオバサンの「ぴえん」が鳴り響くこのバカブログ、今日も何の収穫もなく最後まで読ませてごめんなさい。

夫婦の会話で命拾いした話。

もう無理・・・ママ子は壊れそうだった。
他人への憎しみが湧きそうになると、ママ子は自分を責める。他人を嫌いだと思うママ子が悪いんだ、っていつも思う。負の感情を抱いた時は、一人で泣くのが正解だと思っているママ子。ママ子は自分の無能さに、無力さに涙を流した。誰にも言えないことを、ぐっとこらえると、勝手に涙が出て来てしまう。

ママ子、料理中にキッチンでストロングゼロかウィスキーを飲むのが日課。PTAの辛い事が多い中、酒の量も増えてった。辛い思いを全て酒を飲むことで忘れたかったし、酒を飲めば、楽になれるってゆーか、誰にも言えない思いを酒で飲み込んでたんだ。いよいよキッチンドランカーですなぁ・・・

辛くて苦しい。。そんな素振りを見せたつもりもなかったんだけど。
先日、パパ男の仕事がお休みの日に、パパ男が美味しいビールを買って来てくれた。

パパ男:「ママ子ちゃん、一緒に飲もうよ!」って。

ママ子が泣きそうで辛くて憔悴しきっている精神状態を察したのか。表ではバカ笑いして子供達に接しているママ子の内心を見透かしてたみたいに。

ママ子:「えー?!パパ男クンはお酒弱いんだから、無理しないでいいよ」

パパ男:「今日は休みだし、ママ子ちゃん飲まないなら、ボクは飲みたいから一人で飲んじゃうよ~」

パパ男は前から心配してくれてたの。「ストロング系は身体によくないよ」とか、ママ子が酔っ払って寝ている写真を撮って子供達に見せたりして、どうにかしてお酒をやめさせようとしていたのかもしれない。

ママ子:「わぁ~!オリオンビールだ!凄いね!!これ高いじゃんよー!」

パパ男:「ハイ、かんぱーい!」

美味しいビールを、ガラスのコップに注いで、二人で飲む方が断然良いことを、パパ男は暗に伝えようとしてるんだと思った。酔うためだけの安い酒を毎日飲んで、死んだ目をしているママ子の姿は、どんなに醜かっただろうか。

とっても美味しいビールだった。

味もへったくれもない酒を浴びるように飲む時とは違って、「味」がした。美味しい味がしたのだった。

ママ子:「もうさ・・・嫌になっちゃうよー」

パパ男:「どうしたの?ほら、聞くよ。」

言ってもわからないバカみたいな案件を、ママ子がしゃべりだした。

口をはさむパパ男に、正論かざそうとして反論。こーゆー時って、アドバイスなんかいらないんだよね。ただ聞いて欲しいの。

パパ男は、クソつまんないであろうママ子の話を、延々と聞いてくれた。おかげで、少し、救われた気がしたのだ。

ママ子:「ありがとう、パパ男クンに助けてもらった。すごく、助かった。」

本当に命拾いをしたようであった。人格全否定されたような、恥と、無力さでサンドバック状態にされているような今の自分を。

世界中が全員敵だったとしても、一人だけは、それでも良いよ、って言ってくれる人がいる。

パパ男が旦那さんで、本当に良かったと、心から思った。

こんなダメ人間なのに、いっしょにビール飲んでくれてありがとう。

夫婦の会話で幸せを感じた40台のオバサン。

もう少し、頑張ろう。あと少し。我慢だ。。もう少しだけ。我慢だ。

・・・

「おいおい、ふざけんな!ノロケかよ」

「MOETのワインで毎晩乾杯しています。」

「被害者ぶってんじゃねーよ、バーカ!勉強の話ゼロかよ!!」

娘と一緒に英検受検。アラフォーママ子、英検2級にチャレンジ。

2020年。我が家に衝撃が走った。

築50年近いボロ物件に賃貸している我が家でありますが、ついに大家さんから

「出て行って欲しい」

ニュアンスをプーンと匂わされる事態になりました。

まだ先の話とは言われつつも、次の更新は「無いぜ」っつー話でして、いよいよ大都会東京で「家なき家族」になってしまう危機が訪れた。

・・・

「ガハハ!!やっと面白くなってきたな」

「白金の一等地の持ち家に住まう我が家としては、哀れでなりません」

「東京に住んでる事事態間違ってんだぞ。家賃払えないなら住むなバカ」

あーほんと。なんで場違いな場所に住んじゃってんだろ、ママ子一家。

本気で家探しもスタートしつつ、今日はママ子のバカ克服大作戦の話。

バカな親でいる事へのコンプレックス。

うちの長女hana@中学2年生ですが、海外の知り合いもできるという機会もいただき、グローバル化しちゃってる優等生。

海外のSNSは、LINEではなく、「What’s App」ワッツアップ、っつー、LINEっぽいやりとりができるツールがあるんだそうだ。それを強制的にインストールし、hanaだけではなく、ママ子までもが、海外の人々とやりとりをする恐ろしい事態となった。

英語ってアンタ、英検も取得したこと無ママ子が「ウェイ、ハロー!オーYES」という、明らかに相手が失笑する受け答えを披露しちゃって、hanaにも恥をかかせている。

これは・・・マズイよな?

英検準2級を取得し、6月には2級取得を目指しているhanaである。親として、あのね。親として、このままでは遺憾という事は、身に染みて感じて居るのだよ。バカすぎる自分を、今まで蔑んで生きて来た。勉強嫌いなママ子が我が子の中学受検で一念発起し、死ぬほど嫌いな勉強に立ち向かい、受検勉強に取り組んできたつもりだ。だけどアンタ、さすがに英語まで・・・やる事になると思ってなかったじゃーん!!

それでも、最愛のわが娘hanaに、恥をかかせるわけにはいかないと、ママ子、決心した。

そうだ、英検を受けてみよう!

「・・・ん? バカなの??」

という声が聞こえて来そうですよ、皆さん。皆スン!

「京都に行こう」みたいなブルジョア家族みたいなノリでないからね。こうなったら、ママ子もバカ脱出を40台も半ばを目前としてアンタ、やってみよう。人生100年だもんね。英語ペラペラになって、残りの人生、英ペラ人生で一発当てて億万長者になれる可能性もあるしね!!うっほ!

アラフォー毒親ママ子、英検2級にチャレンジ企画、始めちゃいまーす!!

英検レベルチェック!準2級の勉強からスタート。

ママ子、中学時代(←なんちゃって優等生)は、何故か選ばれて英語の弁論大会に出た事があるという経験を思い出した。30年以上も前の遠い記憶。でも、そういう自己肯定感て、このオバサンになっても生きてるって、ある意味スゴイよね!!自己肯定感万歳。育もう、自己肯定感!

とにかく、中1レベル、英検5級ぐらいのレベルで止まってんでないかというママ子の英語力をもってして、英検2級というハイレベルな見栄を張って大丈夫なのかと不安になってきたよね。

思い込みのおかげで、英語は嫌いじゃない。「キクタン」のCDはマイカーに完備して、いつも聞いているし、発音の練習もしてる日常もあった。そういえばあった。とにかく、現時点での英検レベルをチェックをやってみた。

英検のサイトに、自分のレベルをチェックできるものがあるので、そちらを利用しました。
プチ英検
https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/petit/

なんと、英検準2級と2級の間のレベルという結果を打ち出したママ子。もちろん、半ば当てずっぽうという卑怯なやり方でこんなラッキーレベルを取得したわけだけれども、ママ子のポジティブシンキングは止まらない。

「あたしゃ、いけるよアンタ!!やってやろうじゃないの、英検2級。ウェイ検2級!!」

「スタディギア」っていう英検のアプリをダウンロードして、勉強開始。もちろんライト版。

問題集は、hanaの使用した過去問を使用。とりあえず、準2級の問題からスタートした。

「スタディギア」の秀逸さに感動。

あのね、スタディギアは、すごいと思った。こんなバカおばさんにも優しいシステム。英単語、文法、リスニング、長文読解までは、無料で学習できる。そこまで学習したら、過去問演習にとりかかるのだ。

単語もスペルを覚えられるまで繰り返し出題するし、文法の説明や、長文読解の解説もある。本当にこんな素晴らしいアプリが無料だなんて、ママ子は感動したよ。「ああ・・・hanaもこうやって勉強したんだなぁ・・・」なんて思うとモチベーションも上がるよ。

なんだかんだいって、現時点のママ子は、「スタディギア ライト版」の英検準2級練習問題をクリアし、過去問演習に突入した。

今日は、第一回目の過去問演習。

25分で解くところを、居眠りしながら解いちゃって、50分以上もかかったけれど、合格点は余裕でクリア。リスニングも問題数多くてハードだけど、準2級はママ子にも易しいレベルで、8割以上クリア。

おいおい、良い感じじゃねーかい??

準2級の過去問を2周してみよう。

制限時間を大幅に超えてしまったので、今度は居眠りせずに、少しでも解くスピードを上げる訓練をしなければならない。

ママ子、眠くなると気を失うように眠ってしまうので、老化なのか認知症の初期の症状なのかわからないけれど、ここだけは気をつけなくちゃね。

過去問2周して、制限時間内にクリアして、8割~9割程度解けるようになったら、いよいよ2級の勉強にチャレンジ。

スタディギアは、準2級のぶんをクリアしているので、少し早めに2級の学習をスタートした。

念のため、皆さまにくぎを刺しておきますが、ママ子は偏差値40にも満たない超Fランクの地方の私立大学を卒業。学歴コンプレックスありありの、お酒大好きなただのバカオバサンです。

そんなアラフォーのオバサンでも、変な思い込みと娘へのウザいほどの重い愛情で、英検2級の受検を決めることができたのだ。

ちなみに、受検日は6月にある、2020年度の第一回の英検を目標にしている。さすがに2029年の2月は無理ですのでね。もう少し時間があるので、次女nanaの受検勉強と併せて、勉強を続けていこうと思っている。

受かるといいなあ。

ちょっとでも外国人の人とコミュニケーションを取れるようになるといいな。