模試の手ごたえと、「ぼっち」。

♪ ほかの誰かにぃ~なんてッ なれや~しないよォ~

 ♪ そんなの~ わかってるんだぁ~

イントロクイズ、ドン!

ああー、青春やべぇ、若者万歳!!

若者らしい、アオい感じが好きだ。ああもう、バカバカーー!!ってのが。

呑んでダッシュして電信柱に抱き着いて、っていう若かりし頃を思い出して、やりきれない気持ちになったりしてる。

・・・
「頭悪そうな酒の武勇伝だな。ロクな青春時代過ごしてないだろ。」

「若い頃の思い出ですか?秘密ですよ。一つ一つ大切に胸にしまってあります。」

「酒やめたんだろ?英検の勉強ちゃんとしてんだろーな、落ちたら笑ってやるからな。」

お酒飲んでません!!飲まずに勉強してんのに、単語全然入ってこない~(泣

嘆きながらお送りするのは、次女nanaが受けた模試について記録します。あと一年後の本番に向けて、けっこう本気出して来てるんだよ、うちの子。

「ぼっち」でいい!一人を選択した小5女子。

えーっと。

以前、お友達関係で衝撃の問題が発覚した次女nanaでありました。

現在は女子グループに所属せず、一匹狼を選択したnana。

それが一番、面倒くさくないという判断だったらしく、休み時間は読書か、クラスのお友達の会話を盗み聞きをして過ごしているらしい。

ぼっち。

いいんだ。ママ子なんて、デブでブスで、いーっつも「ぼっち」だったかんね!

母親として幼稚園としても「ぼっちママ」として君臨してたかんね!!

今はPTAだけど、たぶん、任期が終えたら、すぐに「ぼっちママ」になるかんね!!

透明人間になったような、他人の意識の中から排除されているような、そういう寂しい感覚に陥る事があったけれど、今となっては、全く気にならないオバサンとして、図太く生きてる。むしろ、どーでもいいと思うようになった。自分の意識と目標が、「ぼっちで生きるかどうか」よりも全然違うところにあるんだよな。オバサンって、すげえ楽チンだなあ。

そう考えると、小学生女子って、色々周りのことを考えて傷ついたりしてて、すっげえ大変そうだなあ、って思うんだけどさ。

気の合う友達に、どこかで出会えたらいいね。nana。

大丈夫。アンタ、けっこういい奴だから。面白い奴だから。

模試に向けて、学習計画を自分で立てる。

模試受ける前に過去問でもやってみようっつって、姉hanaの受けた模試を解いてみたnana.

正直、学校の教室で「ぼっち」だとか、そういうのが吹っ飛ぶほどの衝撃であった。

nana本人にとっては、すんげー難しくて・・・難しくて。呆然としていた、あの白目になりそうなダメージ顔が忘れられない。

撃沈してからは、本気で学習計画を立てるようになったのだ。

「このままでは、本当に落ちる。地元の中学には絶対に行きたくない」

という思いが、nanaの中で強くなった。あんだけ絶望的な点数取ったら、そうなるわな。

ママ子の作ったカレンダー式の学習計画ではなく、自分で、一日ごとにやる事を決めてスケジュールを立て始めた。他人に指図されるよりも、自分で決めて行動した方が、はるかにパフォーマンスが上がる。モチベーションも上がるんだよな。なるほど。

nanaらしいなあ、って、思った。

nana:「ママ、あたし、明日から図書館で勉強するね!」

ママ子:「ぇえ?!明日パパがお休みだから、nanaとデートするの楽しみにしてたんだけど・・・、そっか、勉強大事だもんね」

パパとのデートよりも、勉強。nanaが抜けた女子のグループの子達にも休日にお出かけするお誘いを受けたらしいのだが(nanaがメンバーにいると、お友達の親御さんが安心するんだそうだ)、それもお断りしたらしい。

頑張って勉強した日々が報われるといいんだけど。

で?肝心の模試の手ごたえは??

満を持しての模試である。

けっこう勉強して、立ち向かった模試である。

大手塾の公立中高一貫向けのその模試を、勇んで受けてみた。

試験が終わったnanaに対して、どうだった???って、なかなか聞けないママ子。しかも、うちの次女nanaさんは、なかなかのビッグマウス。自分の実力とは程遠いレベルの問題も「できた」などと軽々しく言葉にして、結果が0点で撃沈という事実は、何度も経験してきた。

かなり慎重に様子をうかがった。

ママ子:「お疲れさん。疲れた?」
nana:「んふふふふーーー」
ママ子:「え?なになに、大丈夫?」
nana:「なんかね、全然違った。この間解いたやつと違ってたよ。」
ママ子:「ああ、レベルがね?お姉ちゃんのやつ、すごく難しかったもんね。今日のは・・・?」
nana:「え?こんなんでいいのー?って感じだったよ。この間よりも、すごく楽チンだった!!」

ま、またかよ!!騙されるな、ママ子!!
ここで喜んだら、返却時にすっげーショックを受ける。。

0点ってアンタ、のび太かよっ!

カツオだって普段、30点の点数もらって帰って来てんのに。

ママ子:「そっかあ、じゃあ、解き直しもできそうかな?この間は、解き直しする気力もなくなるほどの、壮絶さだったもんね。」
nana:「うんうん、自分でできそう!」

手ごたえとしては、十分にあったらしい。マジかよ。あんまり喜ばせないでよ。

ママ子:「でも、アレだね、計算ミスとか・・・漢字とか・・・大丈夫かしらね」
nana:「あーんもう、そんなのもういいじゃんいいじゃん!知らないっ!!お腹すいたーーー!!」

ホラきた。

手ごたえは、十分みたいだけど、良い結果は・・・期待はできないかな。

受験への実感が、ようやく湧いて来た。

この三連休も、お昼に一時帰宅する以外は、午前9時~午後5時まで、図書館で勉強していたnana。

なんだか、今までのダラダラした感じとは、違うと思う。

ようやく、エンジンがかかったというか、受験への実感が湧いて来たのかな。

すぐに結果が出るわけではないだろうけど、頑張ろうという気持ちが、行動に繋がってきていることが、本当に、良かったと思う。

前は、気持ちばっかり急いていたからね。

少しでも、勉強することのやりがいだとか、楽しさを、感じて欲しいなあ。

☆イントロクイズの答え
King Gnu : Teenager Forever

四谷大塚全国統一テスト返却。至上最悪の偏差値で受検断念?

先日から、ママ子の口から飛び出してる慣用句。

「カエルの子はカエル」ですが、

ほんともう、うちの爆弾娘、次女nanaさんにおきましては、ママ子の生き写しのような性格でして。

テスト後の

「どうだった?」に対する

nana:「できたー!」

っつー、感想。

なんでこういう時ばっかり自己肯定感高くなるの?いや、その場しのぎのセリフなのか。

・・・

「ママ子似という不憫な人生を送るんだな。」

「偏差値で一喜一憂する時間が無駄なんです。自分のペースで学習することを大切にしています。」

「成績悪い話と、子供の発言に狼狽する話ばっかだな、このブログ」

スポンサーリンク
[レクタングルテキスト]

11月3日の、四谷大塚全国統一テストに参加。

もうさ、テストの準備とか、日々の学習とかね。そういうの、無かったよな。考えてみれば。

もうね、衝撃受けるっつーより、「やっぱりな~」って感じなんスよ。

暗算2級の試験勉強に没頭してたし。

つーか、学習計画踏み倒したうえ、ママ子も計画立てる事すらしなくなってしまった事態でしたから。

そりゃあ、前回の成績よりは、下がるんだろうなあ、って思ってた。

「参加する事でペースを掴む」

みたいなね。

なんか、NO勉で参加しちゃってぶっちゃけろー、って気もしてたが。

甘くみてたよね。

偏差値50ぐらいは、行ってくれるんでそ?みたいな。

バカみたいな、何の根拠もないママ子の楽観マインド。

これこそ、ハシゴ外されて落ちて地面にデカい尻で穴あけた、みたいな。

ドッシーン!!つって。

衝撃の偏差値30台!!受験とかいう問題じゃない!!

今回の全国統一テストの結果によって、本気でnanaを受検させるかどうかを判断しようって思ってた。

no勉強で、受けて、そんな判断するっつー、バカみたいな判断をしようとしたママ子が悪かった。

nanaは、長女hanaではないのだ。

そうだよ、この子、自分で勉強するタイプの子じゃないんだってば。

日常のビッグマウスの数々に騙された。

nana:「受験頑張る!」

nana:「絶対〇〇中に行く!」

nana:「地元中なんて、絶対に行きたくない!」

などとほざいていたnanaであった。まんまと、「言ってるだけ」の状況であった。

もちろん、算盤の試験の事もあるから、日常の勉強よりも、そちらに比重を置いてたのは事実だけど。

それにしたって、ひでー点数。

偏差値、4教科で40

アンタ、国語なんて偏差値30台だからね。

算数だって、偏差値40台。

社会だけ、日々の地理のプリント学習が功を奏して偏差値50台。

その他は、悲しい結末である。しばらくショックでブログに上げられなかった。

[ブログ村中学受験本人親]

「受験、やめよう」と、話してみた。

とにかく、知識が定着していないことや、演習問題が足りなかった事に関して、小学校3年生、若しくは4年生の基礎をやり直さなければならない事が明確になった。

このままでは、地元の中学校に進んでも、高校受験に苦労するし、通塾しても授業についていけなくなってしまうと思った。

やる気だけは、あったnanaで、学校のテストでも、一応頑張って100点も多くとるようになっていただけに、今回の成績は非常にショックだと思う。

でも、解き直しをしたり、動画で復習したりして、自分の成績がどんな結果か、nana本人はわかっていたようだった。

ママ子も、静かに受け入れた。点数と偏差値に衝撃は受けたけれど、「やっぱりな」という気持ちの方が大きかったし、自分がどれだけnanaに対して向き合えてあげてなかったか、の方が悔しくて。

現実に向き合ったこの瞬間から、ママ子は、中学受験をやめさせようと思ったんだ。

ママ子:「このテストの結果で、nanaは、中学受験の勉強よりも今の、今学校でやっている勉強をもう少し頑張った方がいいと思ったんだ。決して悪い事じゃないんだよ、これは、nanaのことを考えてそう思ったんだ。だから、恥ずかしいだなんて思わなくていいんだよ。ね。基礎からしっかりやっていこう。受検のことは、考えるの、今はやめよう。」

そう言った。

nanaは、うつむいて、キリっとした眉毛を動かす事なく、怒ったような顔をしながら、一粒の涙を流した。

そして、首を振った。嫌だ、ということなんだろう。

この子はプライドが高いんだ。人一倍、きっとプライドが高いくせに、コンプレックスも強い。周りの子が、サピックスなどの塾に通って受験するのに、自分だけ地元の中学に行く事に、納得できていない。

ママ子:「ねえ、受験するから偉いだとか、頭が良いだとか、そういう物差しで見るのやめてみようよ。地元の中学校だって、すごく良い学校だよ。お姉ちゃん、すごく頑張っているし、楽しく学校行ってるじゃないの。ね。ママも楽チンだよ、その方が。無理して受験することないよ。」

nana:「・・・・・・・やだ。」

・・・絞り出すように、声を出したnana。

どうしよ。塾にもお世話にならずに、この子をどうしたら受験できるまで仕上げられるんだ?

この子は長女hanaとは違う。タイプも、違う。色々な面を見ても、決して受験できるような状況ではないんだ。

どうしよう。

ママ子:「周りのお友達にカッコつかないんだったら、記念受検ってカタチで受検でもいいけど、今のままじゃあ、落ちる試験を受けにいくようなモンだよ。もっと勉強しなきゃいけないなんて、アンタ、嫌でしょ??ねえ、無理して勉強しなくていいし、勉強だけがアンタの人生じゃないと思うよ??他にママと一緒に楽しい事して過ごそうよ。勉強以外のこと、色々やろうよ。」

もう、記念受検でもいいや、って思った。

この子はプライドが高いから、受験した、っていう事実さえあれば良いのかもしれない、って思った。

ママ子の意に反しているけれど、そうするしかないかな。落ちるための受験。

nana:「いやだ・・・受験する・・・」

うーん・・・どうしよう。

[ブログ村中学受験本人親]

中学受験勉強を継続する決意。

ママ子がnanaにしてあげられる事は、受験勉強を一緒に頑張る事でなくて、スポーツを一緒にやるとか、応援するとか、料理を一緒に作ったりとか、残り2年半の小学校時代を、少しでも豊かなものにしてあげることかな、って思った。nanaにはnanaの人生があるんだもの。

だけど、本人は、プライドが許さない。

どうしたらいいんだろう。沈黙が続く。

パパ男:「いいんじゃねえの?本人がやりたいって言うんだから、もう一回勉強やってみようぜ。」

パパ男が口を挟んだ。

え?

そういう展開?

nana:「いいの?」

え?

ママ子:「ねえ、ちょっと待って、だって、勉強すっげーやらなきゃだめだよ。プライドが邪魔して簡単な問題解きたくないとか、そんな事言ってらんないよ?なんなら三年生の勉強からやり直さなくちゃならないよ?今までより、ずーっと勉強しなきゃならないんだよ?計画どおりにできんの?アンタ、怒っちゃうじゃん?怒らず、しっかりできんの??」

ママ子、せっかく受験から解放されると思ったら、変な方向へと話が進む。

nana:「ママ、本当に頑張るから。ママの計画どおりにやるから。ちゃんと基礎もやるから。」

ガーン・・・マジか。

パパ男:「パパの算数の授業も始まるんだぞ?大丈夫か?」

nana:「うん!お願い!!授業やって欲しい!!」

ママ子:「・・・ってことは・・・社会と国語と理科の授業は・・・ママが・・・?」

nana:「うん、あたし、問題もちゃんとやるから。プリントもちゃんとやる。」

マジかよー・・・

ママ子:「腹くくってやるしかないか・・・本当にママ、信じて頑張るよ。授業できるようにしておくから、nanaは、チャレンジタッチをしっかり自分でやること!算盤と暗算もしっかりやること。できる?!」

nana:「うん、頑張る!!」

何度このやりとりを続けたことだろうか・・・

だけど、nanaの目がキラキラと輝いてしまった今となっては、またママ子、頑張らなくちゃ・・・だよね。

今度こそ、徹底的に基礎をやろうと思って、単位換算や国語の語彙、文法・・・考えただけで頭クラクラしちゃうけど、やるしかない。

パパ男:「よぉーっし、また頑張るか!」

パパ男だけ、何故かポジティブな顔しちゃって。あーあ。

ママ子:「ねえ、パパ男クン、nanaは、hanaと違って、手をかけてやらないとダメなタイプだよ。手取り足取り、優しく褒めながらやらないと、絶対だめ。やる気を削いだら、すぐにまた、勉強やらなくなっちゃうよ」

こっそりとパパ男に話して、意思確認。

パパ男:「大丈夫だ、nanaは、意外と大物だからな!」

ガーン、親バカ・・・

ママ子、とにかく6年生までの範囲をチェックし、おおざっぱではあるが、国語の授業計画を立てた。言葉の問題から、接続詞、文法、説明文の読み方、物語文など・・・やる事多くて気が滅入るけど、薄い問題集をこなすことを目標に頑張る事にした。

もう、受験の押し問答は、これが最後だと思いたい。

だって、五年生になったら、後戻りできない。途中下車はいつでもできるけどさ。

受験に向かって、ママ子も腹をくくった。

もう一度、頑張ってみよう。nanaとの受検勉強を、新たにスタートするきっかけになった、偏差値30台のテストの結果。

ありがとう、四谷大塚。

次回は、もう少し上に行けるよう、頑張ろう。

スポンサーリンク
[関連コンテンツ]

[ブログ村高校受験][ブログ村中学受験本人親]



四谷大塚の全国統一テスト、返却。偏差値。

皆さま、ドスげんいかがですか?食べてる時以外は、空腹を訴える、ママ子です。

ムシャムシャ。もぐもぐ。ゴクゴク。(←肉と山盛りご飯を頬張り、ビールを飲む音。)

・・・

「貧乏の原因、食費だろ」

「なんかもう、読んでいて胸やけしてきました。」

「食材の代金で参考書の一つでも買ってやれよ。本気の毒親だな。」

スポンサーリンク
[レクタングルテキスト]

四谷大塚の全国統一テストの返却。

先日の浮かれたブログを思い出して、すっげー恥ずかしくなってる。

⇒ 四谷大塚全国統一テスト@小学4年生6月

いや、口ではさ、「絶対撃沈だよな~」なんて、言ってたけども、

「ブハハハ!もしかしたら・・・偏差値60とか行っちゃうんじゃないのぉ~?」

な~んて、変な期待しちゃったりしてね。全然根拠なんて無いのに。

最近の次女nana@小学4年生ときたら、心を入れ替えたように真面目に勉強するようになったし。そろばんも、漢字検定も頑張ってたし。爆弾娘っぷりも、鳴りを潜めていたのよ。

中学受検の勉強、ぜーんぜんやってなかったってこと、忘れてたよね。変な方向に全力ダッシュしちゃった徒競走みたくなっちゃって。

いつもはウェルカム対応の塾の先生も、今回ばかりは

教室長の先生:「・・・ちょっと、今回は基礎ができてなかったですね・・・物語文は問題との相性もありますしね・・・それでもここが全部できないっていうのはチョット・・・。」

教室長の先生:「・・・さすがに中学受験の勉強してるならここは取っておきたかったですね」

とまあ、グサグサと核心ついて来ちゃうよね。

[ブログ村中学受験本人親]

[ブログ村高校受験]

気になる偏差値は???

マジで、言いたくない。

逃げたい。

一喜一憂する必要が無いのはわかってるけど、この成績見る時だけは、平常心保つべきって頭では理解してるんだけど、なかなか難しいのである。

もうね、言っちゃうよ。言っちゃう。

バカ丸出しで行ってしまいます。みなさんさようなら。

前回の結果はこちら ⇒ 四谷大塚全国統一テストの結果。

《nana@小学4年生の偏差値(四谷大塚の全国統一テスト)》

国語  52.3

算数  53.0

理科  53.4

社会  42

4教科 50.4

以上。

全国平均。

アッハー、うちの子、全国の平均値ですか?って言いたいんですが・・・・

 

得意だと思い込んでいた社会の偏差値42!

社会ぃぃいいいーーーーーーー!!!!偏差値ぃいいいい―ーーーーー!!!!

でた、42!!偏差値42!!

「できた」って言っただろーが!

「スーパーの問題、超簡単だった」って言ってただろーーーがぁあああああああ!!!!

ゼエハアしてもしょうがないんですが、スーパーマーケットの問題と、地理の問題(大問5と6ね)が全滅してたよ・・・

社会、けっこうイケてると思っていただけに、けっこう凹みました。地図記号だとか、都道府県の県庁所在地とか、もう吹っ飛んだよね。マークか!エコか!そっちだった!!

nanaは、無言でブスっとしてたけどさ。

そういえば、全国統一テストのあった6月3日以降、やたら社会を頑張るようになってたんだよなあ・・・お姉ちゃんの四年生の時の教科書持ってきて、調べながら解いたりしてたんだよなあ・・・

なるほどね・・・そういうことだったのか。

[ブログ村中学受験本人親]

受験勉強、始動する!!

漢字検定も終わり、そろばんの試験もしばらく無さそうなので、受検勉強を開始しているnanaである。

でも、しっかりとスケジュールを組んでいるわけではないので、ママ子が吟味して四年生のうちは、自力でなんとか基礎力をつけていきたい。小学校の内容、6年生のぶんまでザザーっとやっていきたい。

YouTubeも利用しながら、もう一度計画を立てねばならない。

ママ子、仕事とかPTAとか、hanaの塾弁づくりとか講習会でごった返してたけど、今のママ子の中の大問題ランキング一位は、この、nanaの中学受験勉強だと思っている。

ブログ書く暇あったら、そっちをやってやれよ、って話だよね。すみません、いつもママ子のくだらないバカ話に付き合ってもらっちゃって。

スケジュール立てたら報告します。

ああ・・・

いつできるかな・・・

気が重いゼ・・・

試験前の中学生の気持ちが痛いほどよくわかる、ママ子なのでありました。

ムシャムシャ。

[ブログ村中学受験本人親]

[ブログ村高校受験]

 

スポンサーリンク
[関連コンテンツ]

 

スポンサーリンク
[リンク広告レスポンシブ]