難問への取り組み→バカ親のサポート案。

「けんしんだ」

パパ男の謎のLINEに戸惑うママ子。

「え?なに?」

「なんの話?」

「検診って何のやつ?」

ママ子の返信に、未読でスルーするパパ男・・・

PTAか?学校か???何かの健診の予約でも忘れたか?若しくは、娘達の健診忘れてたか?怖い・・・PTAのせいで、ママ子はこの一年間でスマホ&LINE恐怖症だ。

健診?検診?けんしん?

バカだから、ノンクリエイティブな脳だから、一個そうだと思ったら「健診」関係しか頭に浮かばない。

ブチ切れて、なんなのーーーー?!と、沸点通り越して激おこ爆発を起こしたママ子に、

「志村けん死んだ」というパパ男からのLINE。

ドリフで育ったママ子にとっては、ハンマーで頭が殴られた衝撃。大好きなドリフ。

「志村~!うしろうしろ!!!」

って、テレビの前ではしゃいでいた昔を思い出し、ママ子はぎゅっと胸が痛くなった。追悼させていただきます。

志村けんさん、ありがとう。今のママ子があるのは、ドリフのおかげ。志村けんさんのおかげです・・

・・・
「・・・バカな夫婦だな」

「残念ながらドリフを拝見したことが無かったものですから、存じ上げませんが、ご冥福をお祈りいたします」

「今のママ子があるのは、暴飲暴食と不摂生だろ。勘違いするなよ」

過去問がすんげー難しい!

とにかく、アレだよね。次女nanaの中学受検を希望した当初、ママ子が超絶拒否った理由がこれ。

<過去問解きたくない。難問が嫌すぎる。(泣)>

もうさ、こっちも、腐りかけたドメインですが、

「mezaseto-dai」

やらせてもらってる事もあるから、それなりに難しい過去問解くよね。

で、難しくて泣くよね。できなくて挫折するよね。

ママ子、ゴリゴリの文系。パパ男は文理分けもされてない状態で、勝手に数学押し付けられてるモンだから、専門家が我が家には不在。

都立中の試験問題、理数系は特に、難しくて頭がこんがらがるの。

長女hanaの時もそうだったけどさ、

「地頭が良い子」を集めている都立中に無謀に立ち向かっちゃってる、「地頭の悪い親代表グランプリ」みたいなママ子・・・もうアンタ、ぞれってブリブリの自殺行為よね。

難しい問題を解く我が子のそばで、ウンウンうなりながら、一緒に問題を解くということしかできないバカ親。

本当にこんな親でごめんなさい、っていつも思うけれど、もうさ、バカなんだからしょうがない。

長女hanaの高校受験用の問題なんて、見ただけでママ子の脳が破壊されるほどの難しさ。点Pの流動と座標のⅩとYの戦闘力たるや、バカママ子なんて、ひとたまりもないチュドンパワーだよね。問題の文章を読む気なくさせる、一気に認知症の度合いが進んじゃうほどの・・・

生きる気力なくさせるあの文章。

んーっと・・・

「とりあえずお菓子やジャンクフード食べちゃおう♪」的な思考が働いちゃう、あの絶望感。

難問を解く子供のそばで、バカ親がやっていること。

もう、打つ手なし、って感じの難問だけど、そーゆーのに、死に物狂いで立ち向かってる我が子を見てると、ママ子もどうにかしてやりたいって思うのよ。

hana:「うわあああ、わかんない!もうだめだー・・・」

とか、悲しい顔で言ったりするのよ。

親って凄い。
あの生きる気力なくさせる問題、ママ子が全力で拒絶キボンヌしちゃってる問題に苦しめられている娘を見ると、放っておけない。

ママ子はそんな時こそ、立ち上がるよ。やってやろうじゃん!バカでも!!つって。

ママ子:「どれどれ、ママによこしなさいよ。ママはね、こんなのすげー得意だったんだよ。因数分解?平方根?懐かしいね。ウン、もうばっちり!」
(↑大嘘w)

ママ子流・難問を解く子供への寄り添い方 

  • とにかく、問題文を読んでみる。読んで、解いてみる。
    効能⇒チャレンジ精神を見せつける
  • 思いついたバカな答えを、手あたり次第にぶつけてみる
    効能⇒失敗をおそれない強い心を見せつける
  • わからない部分を、子供に聞く
    効能⇒親に説明することで、どこまでわかっているか、どこからがわからないかをチェックする機会を与える
  • 類題をネットでかき集め、コピーしまくる
    効能⇒同じような問題が解けるようになるまで、反復させる

以上。

hana:「ごめん、ママ、ちょっと静かにしてくれる?」

nana:「ママ、もういいよ。自分で考えてみるから、少し放っておいて。」

横でギャーギャー騒ぎながら難問と戦うママ子に、迷惑こうむっている娘達であるが、たまーに、説明してくれてると

hana:「あああああ!!わかった!!」

nana:「ママ、できた!!」

という瞬間に出会える事も、多くなってくるのだ。

子どもへのサポートは、千差万別。

上に挙げたのは、ママ子がバカでバカでどうしようもないので、苦悩の末に捻りだした気休めの方法かもしれないんだけど。

親としては、頑張っている我が子に、何をしてやれば良いのか、すごく悩むよね。

子どもからすると、

  • 今、自分がやっている勉強を、把握してくれている
  • 自分の苦労を親がわかってくれた

っていう、なんつーか、「承認してもらってる」って思うだけでも違うのかなあ。。って思うんだよね。

あー、それにしても、改めて思う。

数学むずかしいわーー・・・
算数できるひと、マジで尊敬するッス・・・とほほ

国の決断に驚愕。休校中に、受験勉強。

公立学校が休みになるっつって、もう、大パニック。

PTAも困惑だよね。怒り散らす人もいたりして、ちょっとびっくりしたけど。

正解か不正解かなんて、わからないけども、日本って、こんな強引な決断もできるんだなあ、って。安倍首相の自由民主党の権力を目の当たりにした。

平和な日本が・・・崩壊?!緊急事態発生。

何が何だかわからないまま、二転三転する政府からのお達し。日本の、安倍首相のやり方に、全面的に反対しているわけじゃないんだけど。なんかもう、平和ボケしている日本人の代表、ママ子としては、出た結果に対応していくしかないわけだよね。学校の先生達とか、すっげー可哀想よ。教育委員会・学校・お役所が丸投げされて、すんげー困ってるのとか、テレビで子供達が泣いている姿見ると、胸が痛くなるんだよな。

オリンピックまでは是が非でも、感染者数を増やさない。そのためなら、隠蔽でも何でもやります。

検査増やせだと?

ふざけんな!検査したらコロナってバレちゃうだろ!!

こんな背景が、日本にあるんじゃないかって、みんな噂してる。何やっても文句言われるっていうのは、日本政府もPTAも、同じだなあ、なんて、日本の片隅でつぶやいてみたりして。

ママ子も一応仕事してるから、この一か月どうやって過ごそうって、けっこう途方にくれたりして。

「戦時中なんて、こんなのしょっちゅうあったわよ~」

なんていうご高齢のお姉さまたちも、いる。

本当に、国民が大混乱する決定をしてしまう、それぐらい事態は深刻なのかなあ。法的拘束力ないっつったって、「要請」のパワーが「命令」に近い。言う事聞くしかないよね。

色んな立場の人たちの意見は、全ては通らないから、誰かが我慢しなければならないっていうのは、PTAでも、すごく学んだことだけど。

先生たち、大変だなあ・・ってつくづく思った。

とにかく、今がチャンス。受験勉強やるしかないよね。

朝は、ジョギングをしようか、と、nanaとhanaと話をしている。

ずっと家にいると運動不足になるし、早朝、走りに行くぐらいだったら、感染しないよなあ・・・って思うんだけど。朝は空気がキレイってのは、思い込みだけ?

とくに次女nanaには、、チャンスが巡ってきた。

先取り学習を進めるチャンス。過去問に多く触れるチャンス。都立中受験に向けて本格的に頑張ると、やる気満々になっている。

長女hanaは、学習計画が思うような結果をもたらさない事に焦りを感じて居る。反省して、現実を見る事はすごく辛いけど、今それをやっておかないと、一年後、中3の3学期には・・・想像するだけで怖い。

意外と、次女nanaの方が、現実に向き合って、間違えた問題は、先生に相談したりして。

後悔のない、一年間にしたい。

ああ・・・休校、早く終わってくれないかなあ・・・

読書で感動しない子。

放置プレイなんてするつもり無かったんです。

そんな横柄な態度取るような人間じゃないんです。

人間のクズ。ゴミ。デブ。バカ。ママ子の形容といえばこれ。このブログの読者の皆さんをお待たせするなんて、身の程知らずも甚だしいんです。

ごめんなさい、すんません。料理が出てこない居酒屋のお客みたいにイラついてましたよね?もう、謝罪しても謝罪しきれません。

あのね、ただいま。ママ子、帰って来ましたよ。

・・・

「おいおいおい、誰も待ってなかったぞ」

「アクセス数でお気づきかと思っておりましたが・・・、ご自分の価値を過大評価しているのではないでしょうか」

「いい加減にしろよ。キモイ愛されキャラだと思い込んでる場合じゃないぞ。もう一度地獄に堕ちろ」

ンモー、わかってるってば。この独り言に近いバカブログですが、いつもお付き合いありがとうございます。春っすね。花粉症でお鼻のおクソ様がありえないデカさで生産される春ッス。今日も元気に行ってみます。テーマは我が家の爆弾娘、次女nanaの読書の趣味について。

読書が好き=国語の成績が良い?

あのね。

ママ子も、読書が好きだったわけ。バカだけど、本だけは昔から好きだったの。マジで心の友だよ、本。本は友達ってレベルで本が好きだった。エロい小説は好きじゃないんだけど、やっぱ思春期とか、エロな漫画が友達の間で出回っている中、ママ子は小説の中に出て来るちょっとしたエロに心惹かれ、漫画とか写真の画像ではなく、妄想にてあれこれ考えるのも大好きだったわけである。通称でいうと、「ムッツリス〇べ」だったかもしれないけれど、言葉で表現するそーゆーエロスとかって、スンゲーですよ。案外エグイですからね。ママ子が辟易するほどのエロい表現が、小説のとある場面で遭遇して、げんなりする事も相当多かったッつー話。

あ、ちがう、エロじゃない。真面目な話してんのにもう。久しぶりだからってサービスしすぎ。バカ炸裂しすぎですんません。

とにかく、読書が好きっつーか、読書で妄想する事が大好きだったママ子ですが国語の成績は「良い時と悪い時の差が激しかった」っつーのが正直なところ。文法系でてこずったのも事実。意外と説明文の点数が取れたのは、物語文にどうしても自分の主観を入れちゃうからだ、ってのが、後になってわかった。

でも、読書が好きだったおかげで、国語の勉強はすんなり入ってきたのも事実。やる気になれば、良い点取れたりしてた。古典文学も、妄想好きとエロ好きが高じて、けっこうすんなり入り込めた。大学受験するときの模試で、最後のほう、国語の偏差値だけ奇跡の70っつー、なんだかよくわかんない記録をたたき出した事も事実。まぐれだったかもしんないけどさ。他の教科ががバカのまま突っ走ったから地方の私立の三流大学、いや、四流大学出身だけど。

総じて考えると、読書好きな人は、国語の成績が良くなる傾向にある、と言いたい。つーか国語の成績上げやすいって思う。あと、他の教科でも、問題文読むの苦痛じゃなかったりするので、意外と数学の証明とか好きだったりするよね。ママ子もそのタイプ。

読書の趣味が我が子と合わないという問題。

やっぱり、そういう上記に挙げた考え方からすると、本を読んで欲しいって思うんだよ。ね。良い本に出会って、すげー衝撃受けたり、感動したりして欲しいって思う。

だけど、親の読書の趣味と、子供の読書の趣味が全然合わないっつー問題にぶち当たってるわけ。今まさに。ママ子が。

長女hanaとは、比較的好きな本の傾向が似ている。美しいストーリー。ヒューマンドラマ系。恋愛系や青春系。描写もキレイで、ハッピーエンドが大好き。

しかし、次女nanaの好きな本は、

ホラー系。(学校の怪談系が大好き)探偵系。ミステリー冒険系。シリーズ系大好き。でもなぜかハリーポッターは絶対読みたくないと言い張る。(ベストセラー系はあまり好きじゃないかも?)

なんか、読書の趣味がほぼ男子のnanaである。恋愛系とか青春系とか、全然興味無いっぽいんだよな。ママ子も、あえて自分の好みをおススメしないようにしている。

寝かしつけの時に上橋菜穂子さんの「精霊の守り人」シリーズを読んであげていて、最近やっと読了したのだが、ママ子だけがやたら読む力ついちゃったりしてる。

無理やり本を薦めて、

「あたし、読書大嫌い!」

って言われたらそれこそ、困っちゃうよなあ。一番読書が必要な10代に、本が嫌いとか言われたら・・・ねえ。

読書タイムは、ママ子の本の読み聞かせ前に、nanaが好きな本を読んでいる程度だ。少ない読書時間ではあるが、読まないよりは毎日読む習慣がある方が良いかな、って思って。

コメントでもおススメ頂いた、重松清先生の本は、沢山読ませたいと思っているのだが、なかなかソッチ方向に持って行くのが難しい。

次女nanaが言い放った強烈な一言。

今回、重松清さんの本を次女nanaにおススメするために、ママ子が立てた作戦は、図書館のパソコンで検索して、重松清さんの「小学五年生」という本を自分で探して借りてみる。という戦法だ。

ただ、うちのnanaさん、精神年齢が低いのか、感受性が乏しいのか、本を読んで心を動かされる事が無いのか、感想を言いたがらない。語彙力や表現力も乏しいのかもしれない。

先日、重松清さんの「流星ワゴン」をあっという間に読み終えた長女hanaが、泣きながら

hana:「ママ~・・・泣けたよ~」

ママ子:「だよね~!!絶対それ泣いちゃうんだよ、アンタ、ママぐらいの年齢になるともうね、シクシク泣くどころじゃなく、嗚咽交じりに泣いちゃったからね。これヤバいよね~!」

と、ママ子にhanaがハグしてヨシヨシと頭を撫でられている様子を見て

nana:「ねえ・・よく本読んでそんなに泣けるよね?

     あたし、本読んで感動したことなんて一回も無いわ!」

と、言い放った。

一瞬、時が止まったような感覚。時空間がおかしくなる感覚を味わった後に、次女nanaを見る

「え・・・」

ママ子とhanaが絶句する。

「フン!」っと鼻息荒くそっぽを向く次女nana。

ママ子:「アンター!!!そりゃ人それぞれあるだろうけど、あの泣ける話を読んで何とも思わないなんて。ある意味スゴイよね・・。っつーかnanaは、どんな事で心を動かされるんだろうね。」

今度はnanaを抱きしめてヨシヨシするママ子。もう、姉妹のジェラシーを感じ取るのはお手の物なママ子である。だけど、本気でnanaは本を読んで泣く事が無い。事実、「幽霊」とか「怪談」ばっか読んでるので、泣けっつー方が無理だろうけど。

いや、読書に感動を求めていないのかもしれない。

いや、まてよ?クールなのだ。とにかくnanaは、色々ドライなのだ。それは何となくわかる。だけど、本当は繊細で優しくて、人の痛みをわかってくれる、とても優しい子なのも事実。

涙もろいのが良いわけじゃない。全然そうじゃない。だけど、本を読んで感動できる幸せを味わって欲しいのよ。親としては、読書のすばらしさに気が付いて欲しいの。

押し付けがましくならない程度に、本を薦めようか

思春期に片足突っ込んでいる次女nana@小学四年生(4月から五年生)である。

あまり、親の言いなりにはなりたくないのかもしれないので、

ママ子:「あのね、アンタが青春モノとか、感動する本に興味が無いのはわかる。いいんだよ、それで。アンタが嫌いなもの、無理に読ませて感動させたいなんて思わない。だけどね・・・受験では、そういう物語を読んで、登場人物の心情とか言い現わさなくちゃならない事もあるんだよ。だから、受験勉強として、嫌な本も読んでみるようにしたらいいと思うんだ」

nana:「うん。受験のためなら仕方ないもんね。読んでみるけど。登場人物の気持ちとか、正直、どうでもいいんだよなあ・・・」

ママ子:「こ、コラ!!アンタ、そんな気持ちで読んだら読み取れないじゃないのよ!!いい?想像力って大事なんだよ、アンタだっていつも話してるじゃない、クラスの子の気持ちだって察してるでしょ!!それと一緒だよ」

nana:「あーあ、めんどくさ。でも、しょうがないよね」

やる気無いんだけど、とりあえず、青春系の本も読んでくれると言ってくれた。取り急ぎ、重松清さんの本を読んで、nanaがどういう反応をするか楽しみなんだけど・・・つまらなくて挫折したら・・・・と思うと怖くてしょうがないママ子なのでありました。