過干渉をやめてみよう。

この記事は約5分で読めます。

もう、梅雨ばっかで嫌になっちゃう。洗濯モノのニオイを消すため、ジェルボールの部屋干しタイプ使いたいけど、すげー高いんだよな。

「暑くなったらなったでデブは困るだろ」

「乾燥機が完備されているので、我が家の梅雨は快適です」

「洗濯物がドブのニオイするって娘達が困ってたぞ、なんとかしろ。」

あーもう、みんな梅雨の季節どうしてる?

ママ子はPTAで私生活崩壊してるぅ~!晴れた空が恋しいよ!

今日は久しぶりに登場!長女hanaのお話。

中2の娘の恋愛事情。

えーっと。

うちの長女hana。高校受験に向け、塾に通いながら勉強を頑張っている。どのぐらい頑張っているかというと、学年一位の座を譲る事なく、死守しながら、塾の順位も上位をキープ。英検と漢検の試験も受けて、このまま死んじゃうんじゃないかというほど、勉強に身を投げうっている。

そんな中で・・・

ママ子がPTAの荒波に揉まれまくってる頃・・・

うちのhanaさん、着々と、アノ、昔からラブラブであったイケメン男子Ⅿクンとの恋を育んでいたようである。

もはや、ママ子には何の情報も入らない。

ママ子:「アンタ、お付き合いするんだったらお相手をちゃんと連れて来てね。ママに紹介できない子とはお付き合いしちゃだめよ。」

などと言っていたのだが、

hana:「別に付き合ってないし!」

の一言で片づけられていた。

そんな中、ママ子は久しぶりにスマホチェックしてみたら、ラブラブなLINEでの会話が・・・

があああああん!!!いつの間に両想いになってたんだ!!

こ、これはさすがに付き合っているだろ?普通、そうだよな、この解釈、おかしいか?

爽やかではあるが、確実に「好き」という言葉を発見したママ子は狼狽。

「口に出して言えない事は、LINEに書き込んじゃだめだよ」

というルールもある中、確実に言ってるのか?なあ、言っちゃってるんか?

うちの爽やかで可愛い長女hanaが、イケメン男子にメロメロになっている図が妄想され、ブンブンと首を振るママ子。

い   や   だ

ママ子、自分の気持ちにびっくりする。

え?嫌なの?娘の恋を応援できないの?それって悲しくないか?

ママ子はもっと、物分かりが良くて、娘の幸せを何よりも望んでいるのに、どうしてⅯクンとラブラブしているhanaが、「いやだ」と思うのか、本当に不思議だった。

長女hana vs ママ子

ママ子は、「これは付き合ってるだろ」と、半ば確信して、hanaに詰め寄った。

ママ子:「ねえ、hana、ママ、LINE見たよ。Ⅿクンと付き合ってるんだね。お付き合いすることになったらお相手紹介してね、って言ったのに、お約束だったのに。」

hana:「だから・・・付き合ってないってば」

ママ子:「だって、もうLINEで好きって言っちゃってるじゃん。もうお互いそんな感じでいるんだったら、付き合ってるんじゃないの?」

hana:「・・・」

ママ子:「ママ、保護者だから、何かあったらアンタのこと守ろうと思ってLINEチェックしてたけど、もう見るの嫌になったよ。人のラブラブなLINE見て、すごく恥ずかしいし、ママが変な人みたいじゃん。すごく嫌な気分になったよ。アンタだって、見られて恥ずかしいでしょ?もう、LINEチェックやめようか。」

hana:「うん、そうして。」

ママ子:「何かあったら、自己責任だよ!!ねえ、ママが守ってあげられないよ。何が良いか悪いか、自分で判断して使うんだよ。そんなのできるの?」

hana:「うん、もう自己判断でできます・・・」

ママ子:「hana・・・そっか。わかった。だけど、あなたのスマホじゃないから、いつでもチェックはするかもしれないし、きちんとルールは守ってね。そして、何かLINEやスマホで困った事があったらちゃんとママに相談してね」

hana:「はーい」

・・・

ぐ・・・グスん

あまりにあっさりと。

そして「ラッキー♪」というhanaの心の声が聞こえてきそう。

子供はいつか、巣立っていくものとわかっていても、やっぱり寂しい。

AVを見る中学生男子 vs ママ子。

hanaのことを溺愛するあまり、ママ子はhanaのことを縛り付けていたのかもしれない。もう、ママ子は、「待つ女」になるしかないという事ね。

hanaの恋愛にも目をつむるべきか。

信じるしかないんだけど、hanaが傷ついてしまわないか。うちの子の貞操は守りたい。

イケメン男子Ⅿクンのグループは、AVを小学校の頃から見ているとの情報が入って来て震え上がった。マジで殺すぞボケ!と、心の中で思ってしまったんだが、中学生男子では、そういうのが普通なんだろうか。

成績の良い優等生男子は、そんなことしないと思うのだが、我が子がそういう男子と恋に落ちるとは限らないのだ。娘が優秀だからって、付き合う相手は、優等生とは限らない。hanaのとんでもなく可愛い笑顔・・・そりゃあ、男子も好きになっちゃうよな。そこらへんの男子全てがもう、敵に見えてきたりして。

妄想でメンタルのヘルスがやられそうだけど、そんな親のエゴで、hanaの青春を邪魔することもできないので、身を切られる思いをしながら、静観しているしかないのだ。

イケメン男子Ⅿクンの爽やかなイメージは崩れ去り、なんだかもう、天敵のような気持ちになってしまったママ子である。親って身勝手だな。我が子の幸せを願い、hanaの恋愛が成就することを一緒に願っておきながら、Ⅿクンの本性を知ったら途端に敵視しちゃうんだから。

しかも、思春期男子特有の、「性への興味」というものに関しては、一時的なものと信じたいけれど。「エリート男子は、AVを見るのか」、という永遠の疑問は、解けやしない。もちろん、人によるモンだとは思うんだけど。

過干渉をやめてみた結果。

過干渉をやめたら、hanaは、少しでも自分のことを話してくれると思ったが、全然そんなことはなかった。

「コイツに話したら面倒になる」という、もう、十数年与え続けて来たママ子のイメージは、そうそう覆されるもんでもないみたい。

余計、コミュニケーションが取れなくなっちまった気がする。

「良い成績さえ取ってりゃ文句ないんでしょ」

というような、hanaの気持ちが伝わってくることもあり、頭を抱えてしまった。親の取り越し苦労は、子供が大きくなっても延々と続くんだなあって思う。

タイトルとURLをコピーしました