中1・3学期。ボロボロの塾のテスト。

この記事は約5分で読めます。

我が家の長女hana。中学1年の3学期のテストの結果を記録しています。

ボロボロの結果に、志望校を見直す事も検討しなくちゃいけないかな。

序:2019年3月1日。都立高校の合格発表

今日は都立高校の合格発表だね。悲喜こもごもだと思うんだけど、二年後、ママ子は合格発表を、見に行くって決めている。

今度こそ、我が子と喜びの抱擁ができたらいいなあ。無理かなあ。どうだろうなあ。中学受検の合格発表は、今思い出しても胸が痛くなるから。

「不合格。負け癖つけてる場合じゃないからな。」

「合格した日を思い出すと今でも顔がほころびます。」

「また落ちるとうるせえんだろうな。」

あーもう、縁起でも無い事いわないでよ!!

今日は、身も心もボロボロに打ちのめされた、塾のテスト。
長女hanaの話。

定期テストと同時期の塾のテスト

いつもの事なんだけど、
うちの長女hanaが通っている塾のテストは、いつも学校のテスト期間とかぶっちゃう。きっと、通塾している皆さんにとっては「あるある」なのかなあ、って思うんだけど、塾について何も知らなかったママ子一家は、中一の最初の頃から、その塾のテストと学校のテストの丸被りに翻弄されまくってきた。

今までのhanaは、どうにか両立し、試験を受けて、とりあえず絶望的な点数を取る事なく、そつなくやってきたつもりだったのだ。

いや、ママ子は本気でノータッチで、hanaが自分で計画を立てて勉強してきたから、一緒にやったってよりは、
hanaが一人で、たった一人で勉強を続けて来たという状況。

だけど・・・
今回、三学期のテストということで、学校のテストの方に重点を置いてしまったのか、塾の勉強をおろそかにしてしまったようで、とんでもなく恐ろしい点を取ってしまったようだ。

通塾して初めての、赤点。

定期テスト直後に、塾のテストを受けて、ヘロヘロになって帰宅したhana。

塾のテストが大惨事のことよりも、学校の定期テストを乗り切った事に達成感を感じていたようで、とても機嫌が良かった。

ママ子は、すんげー遅くまで勉強してきたhanaを見て来たので、やっぱり労ってやりたかったよね。

ママ子:「hana、これでゆっくり休めるね。本当によく頑張ったね」

つって。しばらく勉強から解放してあげたかった。

そして、1日後・・・

休憩は、結局一日だけだったhana。すぐさま、自分の勉強を始める。

寝る前にようやく、自分の塾のテストの自己採点をしてみた。

ん・・・・?

hana :「わあああああ、こりゃヤバい・・・」

丸付けをしながら、hanaの様子がこわばる。

hana:「どうしよう。これは最悪だ・・・この点数はないよ・・・」

ママ子:「あ、アンタ・・・そんなに悪かったの?」

こんな恐ろしい気持ちは、次女nanaのテスト返却の瞬間以来だわ・・・

hanaが、テストを見ながら、泣き出してしまった。

そして、その最悪なテストの教科というのは・・・

数学である。

鬼門の数学。

かつては塾の数学のテストで100点をたたき出したhanaなのに、
赤点・・・

一年間の集大成で、それはないやろ。
ママ子も、心でそう毒づいてしまったが、いやいや、もう、しょうがない。

フルスロットルで励ます事をせず、冷静に励ます事を学んだママ子。

いつもなら、泣いている我が子が目の前にいて、
睡眠不足の連続で頑張ったことを思ったら、全力で励ましてるママ子。
だけど、もうhanaは、中学生。

他にやり方がある。この子は、おだてられると有頂天になり、おごり高ぶる傾向にあるので、あえて冷静に励ます事を選んでみた。

ママ子:「しょうがない。良かったじゃん、1年の今、そういう結果でさ。今だったら修正きくよ。テスト受けるタイミングが悪かったね。スケジュールのまま、テスト期間中に受けてしまえばよかったのかもね。学校の定期テスト後に塾のテスト受けちゃったから、気が抜けてたのかもしれないよ。

ママ子は、冷静を装って、淡々と話した。

テスト結果を受け、今後のための反省点を提案

・過度な睡眠不足は、学習の効率を下げる事。
・塾の勉強をおろそかにしないための学習計画を立てる
・無駄な時間を削除
 テスト前の事務的な作業は、ダラダラ時間をかけない。必要のない作業はないか、もう一度考える事
・塾の勉強は今後もっとスピードがあがって、分量も増えるので、対応できるように計画を立てる。予習復習のやり方をチェックすること。

hanaと話し合い、もういちど状況を判断して学習計画を立てる。

いよいよ、第一志望校を見直す時期がきた

ママ子は、hanaの第一志望を聞いて、ずっと応援していきたいと思っていたけれど、やっぱり実力は、届かないのかもしれないと、思っていた。
ずっと前から思っていた。どんなに良い点数を取っても、この子は弱いのだ。
本番、いや、目の前の状況判断が、できなくなってしまう故に、平常心を保つことができない。

意外と自信家で、おごり高ぶるところもある。

「この程度なら、あたしは大丈夫だ」

って思ってしまうのって、実はすごく怖かったりするよね。

ママ子は、覚悟しようって思ってたんだ。今の第一志望には、決して行くことができない。ってっことを。

諦めて、他に学校を探す事は、悪い事じゃないよね。塾のテストは、正直だ。これを目安に、受験する高校を決定するんだから。

都立高校は、たくさんある。

ご縁のある学校に、出会えるといいな。

ありがとう、これまでの第一志望よ・・・

中学2年生に進学したら、また新しく、学校説明会に参加しなくちゃならないね。

※2020年現在、
なんだかんだ言って、中学3年生のhanaは、上のクラスをキープ。
第一志望を変更しておりません。


タイトルとURLをコピーしました