基礎力を固める勉強。

この記事は約4分で読めます。

いつものんびり13時頃に食べていた昼食を、14時になっても食べられなくて。

「あぁ、お腹空いたけど、ここだけ終わらせてから!」

などと、夢中で仕事してる自分が信じられない。好きな事だけど、やっぱり大変で、それでも認めて欲しいし、関わってくれた人に感謝して、その思いをあらわしたいって思ったりしながら、人と関わる仕事っていいな、って思った。

これがあと20年ぐらい前だったら、いいのにな。って何度も思った。ママ子の青春は、メンタルのヘルスで消えてるからなあ。

オバサンなのに、新人ってすげえ変だけど、出会えてよかった。

・・・

「おいおい、何の仕事やってるか言ってみろ。トイレの清掃業務だろ?」

「仕事は生き甲斐ですから。パフォーマンスに見合う賃金も頂いています」

「給料低いんだろ。時給に換算してみろよ、その仕事。300円にもならねーぞ」

あーもう!!人が社会貢献目指して頑張ってるのにアンタ!!

今日も元気にいってみるよ!みんなファイト!オバサン元気ッス!!

スポンサーリンク
[レクタングルテキスト]



出遅れまくってる小4末期。

もはや、小学4年生のレベルどころの騒ぎじゃないくらい、基礎力が無いんだと思う。文章、文字、計算ミス(算盤習ってるのに・・・)悲しいぐらいの学力だと気が付いたのは、

悲しいかな…基礎勉強を始めてからであった。

学校の勉強はその場しのぎでなんとかなっていたのだろう。

だけど、こうやって向き合ってもう一度やらせてみると、すっぽりぽっかり忘れて、去年一年間分の学習が、全く身についていない事もわかった。

ママ子がhanaの中学受験につきっきりだからと言って、そこまで酷いもんなのか?

学校って、勉強を教えてくれる所ではないのか?宿題だってやってたよね?

それでこの学力って、マジで絶望的。

いや、現実を嘆いたって過ぎた時間は戻って来ない。現実から目を背けたいのは、誰?もしかしたらママ子なのかもしれない。nanaにはnanaの勉強法があるはず。

そう思って、考え直した。

国語と算数をなんとかしよう。

理科に至っては、現在ノータッチ。

そこまで手を出せない。あまりに国算が酷すぎて。

社会は、辛うじて都道府県と県庁所在地。頑張ろうとして始めた新聞要約は、週に1度もできていない・・

国語は、ずぅーっと前に買って夏休み中に終わらせようとしていた「論理エンジン」もちろん放置しまくっていたものを持ってきて、最初からやることにした。

問題の文章は、必ず音読すること。

算数は、インターネットの無料プリント「ちびむす」を使って、四年生の基礎をやっている。分数は、二学期に散々やったので、今は小数のかけ算と割り算。

試しに折れ線グラフと「変わり方」「単位換算」をやってみたらミスする事もあったので、こちらもプリントアウト。

とにかく、四年生の範囲を3周させてみようと思った。

ペースは一日3枚~5枚。程度。習い事によって変えている。

必ず解き直しをすることと、数字をキレイに書く事を意識している。

どう考えても今年度中には終わらない。

すなわち、完全に現在の学年の進み方よりも遅れている。

もはや、それはそれでいい。受検だのなんだのって言う前に、うちの子の学力を取り戻して、せめて普通の、一般レベルの状況まで持ってきてやりたい。

ママ子みたいなバカ人生を送らせないためには勉強の楽しさ、喜びも味合わせてやりたい。。

はやる思いを必死に抑える。

「こんなんじゃ受検できない」

「地元中に行ったらこの子は進学校に行けないんじゃないか」

「このまま高校も進学校に入れず、大学にも行けなかったら」

暗い心配がドロドロと心の中でうごめく。

「アンタは私みたいになっちゃダメ。」

そう思えば思うほど、次女nanaは、私みたいになっていく。

焦っちゃだめだと思う。現実を見る事。今のnanaを。ありのままのnanaを、愛して、育てていく。幻想を見てはだめだ。

目を背けたくなるほど、nanaは、あたしに似てる。性格とか、考え方とか、本当にそっくりだ。

だからこそ、助けてあげなくちゃならないんだ。

今ならまだ間に合うと思う。

学習スケジュールをもう一度立て直す。

やり直してばかりで、もはや「踏み倒すための予定」みたいになっているのだが、無駄な時間を省き、無理なく実践できるように。

朝夕の算盤タイムを合わせて一日2時間。できるように。

スポンサーリンク
[関連コンテンツ]



コメント

  1. 通りすがり より:

    ママ子さん、こんにちは。

    勉強の進捗具合って本当に気を揉みますよね。
    親が子供の為と思って一所懸命やってもやっても空回り。
    子供自身が少しでも危機感を持ってくれればまだマシだけど、本人はどこ吹く風で徒労感と時間の浪費で気分は最悪。

    どこの家庭も似たり寄ったりだから安心して下さいね。
    機が熟せば本人が(きっと)ヤル気を出してくれるはずでしょう。
    うちではそう自分に言い聞かせています。
    まだまだ道は長いからお互い頑張りましょう!

    • mamako より:

      ・通りすがり様

      コメントありがとうございます~!
      そうそうそう!!!そうなんですよね~。
      気分最悪ですよ。ストレスばっかり溜まっちゃって。
      もうね、空回りどころの話じゃないですよっ。
      何度言っても改善されない状況に、デブなママ子がひとり相撲ですよ。

      でも、ありがとうございます。
      「どこの家庭も似たり寄ったり」って言ってくださって。
      いや、うちのはかなりの重症だと思うんですが、
      それでもきっと、いつか志したい「学び」に出会ってくれたらいいな、って思います。

      あたしも、自分に言い聞かせよう・・・

      相変わらずジタバタしちゃいますが(;^_^A

  2. yocchi より:

    小数は、難しいですよね。1より小さい数をかけると答えは小さくなり、1より小さい数で➗と答えは大きくなるのが、実感できないんですよね。学校の教科書の解説を読んで、教科書の問題と、学校の計算ドリルで、計算の仕方だけ身につければ、いいかもしれません。2,3ヵ月たってもう一度解くと、すんなり理解できる場合もあります。私が教えてた小学生たちもみんな苦戦していましたよ。

    • mamako より:

      ・yocchiさま

      ありがとうございます。
      分数と小数は、繰り返し知識の定着の確認が必要だと、身に染みています。

      そうですね、ちびむすのドリルで叩き上げの方法を取ろうと、同じ単元を三回繰り返す予定で、今、一週目終わったところです。

      地道な作業で、不安の中にいますが、スケジュールを明確にして頑張っていこうと思います。いつもありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました