親が教える勉強で子供は伸びるのか~社会~

この記事は約4分で読めます。

必死こくしかないじゃん!

昨日、貧乏受検の悔しさに泣きながら書いたブログ。

→ ママ友:「塾に行かせちゃえばいいじゃん」

ママ子、志望校の過去問を取り出し、
「うゎぁああああん!くっそ!くっそ!前部解いてやるぅううう!」などと涙ながらに問題に取り組むも・・・

第一問で挫折・・・

「春から六年生になるのに、すげー余裕だな」

「このまま不合格まっしぐらですね、誰が見ても」

「ジタバタで終わるブログに付き合ってる暇とかないし」

だよね、だよね・・・

あたしも撃沈と絶望(←何回目だ?)と、「やっぱ塾」の気持ちが再燃するも、もうこれは、ズルくてもなんでもいいから、解答と解説見ちゃお!ちゃお!みたいな状況で、解答を見る。そして、その内容を読んで、なんとか理解にたどり着く方法で行こうと思った。

だってアンタ、何十年も酒しか愛してない主婦が、パッと見の難関な受験問題見たって解けるわけないじゃん。バカにしすぎ。

世の中、沢山の親御さんが高いお金払って塾に通わせているのも納得の。納得の内容である。アハハ、こりゃ無理だわ。どはは。

スポンサーリンク
[レクタングルテキスト]

ひたすら解く→解答見る→解く

これやるしかないか。以前、ブログのコメントですごく親切にアドバイス頂いた通りのやり方を素直に試してみる。

もちろん、コメントくださった方は、ものすごく崇高なお方なので、ママ子の圧倒的なバカレベルでこのやり方をやって成功するかどうかはわからないけれど、これしかない。

しばらくは、ママ子、先取り学習で長女hanaが過去問に取り組む前に解き方を覚えてアドバイスのやり方まで考えておこうと思っている。

肝心のわが子の学力レベルが絶望的

ママ子がコソコソと過去問の解き方を覚えようとしているときに、hanaには基礎固めをしっかりしていてもらう。

だがしかし

社会の地理があまり得意でない彼女。学校のテストでは良い点取れてたんだけど、結局しばらく経つと忘却の彼方。忘れちゃうのだ。基礎的な、本当に基礎的なプリントをやらせてみるも・・・65点だと?

おいおい、雨温図どうした?うおんず!!!フツーに冬に降水量多いのが日本海側と北海道なのに、瀬戸内海の位置に〇つけちゃう途方もなさっぷり。

おいおいおい、島の名前は?山脈は?

こりゃあ、アンタ、いくら公立中高一貫校受けるっつったって、資料読むところから何から基礎的な部分全滅だわー・・・

ママ子の怒りとともに、また不安。ヘルタースケルター。しっちゃかめっちゃか。全くないカリキュラムでいきなり「社会のプリントやろう!」と言われ、悪い点数を取って怒られるhanaの事考えたら、やはり時間割組んで一か月のスケジュール決めてあげなくてはならない。忘れるのは当たり前だから、一度やってオッケーじゃなくて、 何度も確認テストしなければならない。

スポンサーリンク
[リンク広告レスポンシブ]

一週間ごとに各教科強化週間を設定してみる。

よしわかった。六年生までに、各教科強化週間キャンペーンやってみようと思う。もう、試行錯誤なので、勉強の方向もあっちこっちだが、とにかく春休み期間も含め、教科強化キャンペーンの学習計画を立てる。

今までやってきた事を振り返るのと、これからやるべきことを見据えて、応用力ではなく、我が家は基礎からまた勉強を振り返らなくてはならない。

親が勉強を教えるということ

非常に危うい。「親は勉強を教えてはいけない」などという本まで出版されているので、このやり方は良い方法と言えないのかもしれない。だが、塾や家庭教師以外に、どうやって勉強を教えてもらうんだ?やり方ってやっぱり、見せて、一緒にやってみて掴んでいくものなんじゃないのか?

不安でいっぱいなんだけど、もう、あと一年しかないの。一年で私たちは絶対に合格をつかみたいの。だから試行錯誤でやってみるだけ。

そうやって模索しながら解決策を見つけて行くことも、hanaと一緒に学んでいきたい。

[ブログ村中学受験本人親]

スポンサーリンク
[アドセンスレクタングル]

 

スポンサーリンク
[関連コンテンツ]

コメント

  1. クドマチ より:

    うちの子も小五で来年は受験。
    塾にも通っていますが、通ってる時間なんてたかが知れてる。なので家での復習や予習の時間は僕がほとんど見てあげてますよ。「親が教える」って・・・それはきっと教えてあげられるとかそういう事じゃなくて一緒に同じ方向を向いてる事なんだと思います。(正直、私も解けない問題もいっぱいありますから)
    今、社会は公民をやっていますがここは単純に暗記だけみたいなところなので考えたりというより、反射的に答えられるようにyoutubeの公民の動画見たりして楽しみながら覚えています。
    子供の事を思ってしている親の行為が無駄なんて事・・・私はないと思いますよ。

    • mamako より:

      ・クドマチ様

      はじめまして!コメントありがとうございます。

      そうですねえ。塾って、予習復習に宿題に、それはそれは大変だと、聞いております。
      それを寄り添って一緒に勉強されているクドマチ様、塾に行かせる財力&子供を思って一緒に勉強できるって、鬼に金棒ですね!素晴らしいなあ。

      塾は、勉強の指針を導いてもらえる点で、非常に我が家が請いたい部分はあるのですが、これはもう、「無理だ無理だ」ってダダこねても仕方ないので、こうやって試行錯誤でノロノロと進んでいるところです。

      >「親が教える」って・・・それはきっと教えてあげられるとかそういう事じゃなくて一緒>に同じ方向を向いてる事なんだと思います。

      本当に、本当にその通りですね。
      私も教えられるような大それた事何一つできません。寄り添って(邪魔してる感強めですが(;^_^A)目標に向かって頑張っていけたらと思っています。

      だって、きっと、これからどんどん少なくなっていくんですよね。思春期を迎えたら・・・こうやって一緒に頑張って、一緒に泣いたり笑ったりできるのって。

      我が家も、YouTubeには非常にお世話になっています!公民の授業は見た事がなかったので、今度探してみますね!本当に、ご自身も頑張っているところを、貴重なアドバイス、痛み入ります。ありがとうございます。

      何の役にも立たないバカブログですが、どうぞまた、息抜きに遊びに来て頂けたら嬉しいです。

      • クドマチ より:

        「四谷大塚」準拠の塾なんですが、テキストを見れば勉強の指針も勉強のペースがわかりますよ。ヤフオクなんかでも去年のが安く出てますし、参考にされてみてはいかがでしょうか?
        塾には通って1年くらいになりますが、あくまで補完してくれてるだけだと思いますよ。特に算数は私だけでは足りないところがありますので。
        予習も復習も突き詰めれば本人のやる気と親のサポート。(まだまだお子様なのでwww)勉強する時間も内容もそれ次第かな?と。なのでお互いに頑張っていきましょ!

        • mamako より:

          ・クドマチ様
          嬉しいアドバイス、ありがとうございます~!
          そうですね。塾のテキストを入手するってのも情報収集に役立ちますね!!本当に励みになります。感謝感謝!
          本人のやる気、モチベーションを下げないように、邪魔しないように、ママ子も精一杯できる事をやっていきたいと思います。本当に、お互い頑張りましょうね。

タイトルとURLをコピーしました